LINE@の登録はコチラ

秋のニット・セーターのメンズのコーデを画像で紹介!秋に着こなすコツは?


秋といえばニットセーターが大活躍しますよね!

ニットセーターといっても、シンプルなものから個性的なものまで色々です。

秋のファッションをニットセーターで、おしゃれに着こなしたいですよね!

 

そこで今回は秋のニットセーターのメンズコーデの画像と、秋にニットセーターを着こなすコツを紹介します!

Sponsored Link

 

秋にニットセーターを着こなすコツ!

ニットセーターは、これからの季節に毎年大人気のアイテム。

しかし、着こなし方を間違えると着太りしてしまったり、想像とは違うものになってしまったりと、意外と難しいアイテムです。

それではさっそく、ニットセーターを秋に着こなすコツを紹介します。

ポイント押さえて、ぜひあなたらしい秋のコーデを楽しんでみてくださいね。

 

①サイズ感

サイズ感を間違えるとだらしなく、野暮ったい印象になってしまいます。

 

ニット・セーターのメンズのお洒落な着こなし方1(サイズ感)

参照元URL matome.naver.jp

こちらのメンズのように少しゆとりのあるタイトなシルエットのニットセーターを選ぶと、スッキリとした印象に仕上がります。

キレイめな秋のコーデや、カジュアルな大人のスタイルにピッタリですね。

 

 

②カラー

着回し力を高くしたいなら黒・グレーとネイビーもおすすめ。

一枚で着ても、シャツと重ね着をしてもキレイめで大人っぽい雰囲気を演出してくれます。

 

秋にニット・セーターを着こなすポイント2(カラー)

参照元URL www.magaseek.com

基本は無地がおすすめですが、ケーブル編み(縄編み模様)や、大きめの網目のローゲージニット、縦縞(たてじま)の編み模様が特徴のリブニットなどをチョイスすれば、秋冬らしい季節感が加わっておすすめ。

シンプルなコーデでも網目がデザインとなり、物足りなさを感じさせないですよ。

 

 

③インナー使い

秋にニット・セーターを着こなすポイント3(インナー使い)

参照元URL lotte.qoo10.jp

一枚だとシンプル過ぎるイメージになりがちですが、こちらのメンズのように、下に白のシャツを着ると首元や表情が明るく見え、全体を柔らかく優しい印象の秋のコーデに仕上げてくれます。

基本的には、ニットセーターと相性抜群なシャツですが、カラーバランスのコツを押さえると、よりいっそうおしゃれな秋コーデになりますよ。

 

 

④アウター使い

肌寒くなるこれからの秋の季節、ニットセーターの上にアウターを羽織ることも多くなりますよね。

 

秋にニット・セーターを着こなすポイント4(アウター使い)

参照元URL matome.naver.jp

こちらのメンズのように、淡いカラーのトップスとボトムスの上に濃いネイビーのアウターを着ることでメリハリがつき、カラーバランスが絶妙な仕上がりに。

淡いカラーのコーデは着太りしやすいため、カラーのメリハリをつけるのも重要なコツになります。

シンプルになりすぎないため、ニット帽などのアイテムでインパクトを与えたり、柄物のアイテムを使うのも、秋にニットセーターをおしゃれに着こなすコツです。

 

 

⑤チェックシャツ

ニットセーターとチェックシャツはカジュアルとキレイめのバランスがとてもよく、簡単におしゃれなレイヤード風の着こなしになります。

 

秋にニット・セーターを着こなすポイント5(チェックシャツ)

参照元URL sputnicks.jp

こちらのメンズのように、ニットセーターの下に明るい赤のチェックシャツを合わせます。

チラッと見える赤のチェックシャツが、シンプルな秋のコーデに華を与え、アクセントになってくれていますね。

 

Sponsored Link

 

秋のニットセーターのメンズのコーデ11例

ニットセーターは、一枚持っているだけで色々な着回しができ、あなたらしさを表現できるアイテムです。

温かくやわらかな印象を与えてくれるニットセーターは、これからの季節に大活躍間違いなしですね!

続いては秋のニットセーターのメンズコーデを紹介します。

 

グレーシャツ×黒スキニー×スニーカー×キャップ

ニット・セーター×グレーシャツ×黒パンツ

参照元URL http://wear.jp

濃い茶色のニットセーターに淡いグレーのシャツを着て、カラーバランスを取っていますね。

黒スキニーがメリハリを与え、コーデを引き締めてくれています。

スニーカーやキャップで少しカジュアルダウンし、キチッとし過ぎずに柔らかい印象に。

 

 

デニムパンツ×ベージュブーツ

ニット・セーター×デニムパンツ×ベージュブーツ

参照元URL http://wear.jp

イギリスが発祥のフェアアイル柄は、季節感を出し、温かみを感じますね。

タイトめなニットセーターに、ユーズド加工が施してあるデニムパンツで抜け感を演出。

フォアアイル柄を上手く取り入れ、イギリスのトラッドスタイルに仕上がっています。

 

 

青のチェックシャツ×黒パンツ×革靴

ニット・セーター×青のチェックシャツ×黒パンツ

参照元URL http://wear.jp

青のニットセーターは、清潔感と爽やかさを演出してくれます。

同系色のチェックシャツを重ね着するのは、おしゃれにコーデをするコツの一つ。

黒のパンツが全体を引き締めながらトップスを引き立て、足元の革靴が大人感の高い仕上がりにしてくれています。

 

Sponsored Link

 

白パンツ×黒スニーカー×ニット帽

ニット・セーター×白パンツ×黒スニーカー

参照元URL http://wear.jp

モノトーンコーデはとっても簡単にかつおしゃれに秋のコーデがキマります。

ニットセーターの色とスニーカーの色を合わせることで、統一感を出すのもオシャレに見せる基本の一つ。

シンプルでモノトーンな配色はゆるめのシルエットでもキレイめな印象に仕上がりますよ。

 

 

白シャツ×ストライプパンツ×キャスケット

ニット・セーター×白シャツ×ストライプパンツ

参照元URL http://wear.jp

ゆったりとしたシルエットのニットセーターと大きめの白シャツを合わせたレイヤードスタイル。

トップスだけを見てみると、少しかさばって重く見えますが、ストライプのパンツを履くことでシルエットがキレイに見えます。

トータルバランスをよくまとめた着こなしですね。

 

 

黒スキニー×黒スニーカー×ハット

ニット・セーター×黒パンツ×黒スニーカー

参照元URL http://wear.jp

ワントーンコーデは簡単におしゃれが楽しめるので、メンズやレディースともに大人気ですよ。

シルエットをキレイに見せてくれる黒は、シックな大人の印象を与えてくれます。

トップスを、オーバーサイズ気味のゆるシルエットで少しカジュアルな雰囲気を作っているバランスがお見事ですね。

 

Sponsored Link

 

黒スキニー×白スニーカー

ニット・セーター×黒パンツ×白スニーカー

参照元URL http://wear.jp

ボルドーは毎年この秋冬の大人メンズに人気で、秋らしい季節感を演出してくれますよ。

暗めなカラーの秋コーデに白のスニーカーが明るさをプラスし、爽やかに見せてくれますね。

 

 

白シャツ×黒パンツ×スニーカー

ニット・セーター×白シャツ×黒パンツ

参照元URL http://wear.jp

ネイビーを使ったニットセーターは、大胆な柄の編み目が季節感のあるコーデに。

グレーやネイビーのニットセーターを着るときにシャツをレイヤードするなら、同系色の明るい色や白を使うと、とてもカラーバランスがよく仕上がります。

 

 

カモフラ柄アウター×黒パンツ×スニーカー×キャップ

ニット・セーター×カモフラ柄アウター×黒パンツ

参照元URL http://wear.jp

ピンクのニットセーターが、温かみのある優しい印象を与えてくれていますね。

裏地がカモフラ柄のネイビーのアウターのインパクトが抜群です。

ごちゃごちゃしがちな柄のあるコーデも、黒パンツを履くことでトップスが引き立ち、バランスよく見せてくれます。

 

 

デニムパンツ×茶色の革靴×チェックのマフラー

ニット・セーター×デニムパンツ×茶色のシューズ

参照元URL http://wear.jp

暗いグレーのニットセーターにチェックのマフラーが季節感を演出。

淡い青のデニムパンツで、全体にメリハリをつけています。

 

 

グレーパンツ×グレースニーカー×ハット

ニット・セーター×グレーパンツ×グレースニーカー

参照元URL http://wear.jp

濃淡をつけたワントーンーコーデ。

明るいグレーのケーブルニットセーターでインパクトを与え、暗いグレーのパンツでカラーのメリハリをつけています。

 

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

ニットセーターの着こなしも、簡単そうに見えて奥が深いですよね。

あなたなりの着こなしを見つけて、ぜひニットセーターの秋のコーデを楽しんでくださいね!

 

今回は秋のニットセーターのメンズコーデの画像と、秋にニットセーターを着こなすコツを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ