LINE@の登録はコチラ

ダウンのブランド2020-21でメンズに人気は?選び方から着こなしまで一挙公開!


ダウンのブランド2020-21でメンズに人気は?



最強の防寒着として人気を誇るダウンジャケットは、アウトドアブランドからファッションブランドまで様々なブランドがしのぎを削って展開しています。

選べる範囲が広いのは嬉しい事ですが、実際にいざ購入!となった時には、

「値段も高いし、絶対に失敗したくない!」

「ありすぎて選べずに結局は買わずに終わってしまう」

「本当にこんな高いダウンジャケットを買ってよかったのか?」

と疑問を残す方もいらっしゃると思います。

そこで今回はメンズに人気のブランドのダウン2020−21と、ブランドダウンの選び方や着こなしまで詳しく紹介します。

 

少しでも納得のいくブランドのダウンジャケットを見つけれる様に、

  • ブランドのダウンを選んだ方がいい理由は?
  • どんなブランドが人気なの?
  • なぜブランドのダウンを買う人が多いの?
  • おしゃれな着こなし方とは?

などなど色々と答えを出していきます。

 

ダウンジャケット選びにお悩みのあなた!

読んで後悔しないぐらいの情報をお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください!!

Sponsored Link

 

ブランドのダウンジャケットを選んだ方がいい理由

ダウンジャケット以外でもそうですが、どんなアイテムにもブランドとノーブランドが存在します。

ブランド=いい物というのはわかっている!と思うかもしれないですが・・・

これって意外と「なんとなくいいもの」になっていないでしょうか?

最強の防寒着と呼ばれているダウンジャケットですので、「南極へ行く!」「ヒマラヤ登山をする!」というならまだしも、普段使うアイテムに限っていえば、おしゃれで快適に着る事ができれば問題ないわけです。

 

後から詳しく紹介しますが、そんな中でダウンジャケットの定番といわれているブランドの相場は、

  • カナダグース:10万円前後
  • モンクレール:30万円前後

とてもすぐに購入できる金額ではありませんよね。

でも多くの人が大金を払ってでも欲しくなるのには、「選んだ方がいい理由」があるからなんです。

それではさっそくブランドのダウンジャケットを選んだ方がいい理由を3つ紹介していきます。

 

理由①:素材へのこだわり

ダウンでブランドを選んだ方が良い理由1:素材へのこだわり
参照元:https://ameblo.jp/

ダウンジャケットに使われている「ダウン」ですが、こちらは水鳥の胸に生えている羽毛の事です。

ふわふわの芯がない羽毛になっており、タンポポの綿毛の様なモノで「保温性・吸湿性」に優れています。

ダウンには汗の放出と通常羽毛の10分の1の軽さという特性があるため、軽くて暖かいアウターを実現しているんですね。

しかも、1羽から摂取できるダウンはわずか5g〜10gですので、1着作るのに30羽前後の水鳥が必要です。

また、ダウンジャケットの中には「フェザー」と呼ばれる羽根が基本的に含まれます。

フェザーとは水鳥の翼部分を覆う羽根の事で、湾曲した羽根軸が通気性と弾力性を生み出しているんですよ。

ここまではブランドに限らず、どのダウンジャケットにもいえることですので、次は高級ブランドのダウンだと何が変わるのかを説明していきますね。

 

 

ダウンの素材について

ダウンが取れる水鳥には種類が存在し、どの素材を使っているかで機能性や値段が変わります。

まずダウンですが、

  • グース(ガチョウ)
  • ダック(アヒル)

の2種類の水鳥から摂取をしています。

ダウンの素材について
参照元:https://www.e-nemunoki.com/

  • グース(ガチョウ):やわらかくしなやかでドレープ性がよく圧縮性が高い。飼育期間は8週間〜18週間。
  • ダック(アヒル):繊維が太く反発力は高いがドレープ性は少なくハリがある。飼育期間は4週間〜12週間。

飼育期間が長ければ羽毛も成熟し、それに合わせて値段も高くなっていきますので、グースの方が質がいいことになります。

また、基本は食用としてのグースやダックを使いますが、さらに質を高めたのが卵を産む為に飼育されているマザーグースやマザーダック。

  • マザーダウン:飼育期間は半年から5年ととても長く質が高い。

ブランドによってはマザーグースしか使わないブランドもあるんですよ。

 

さらにホワイトダウン・シルバーダウン・アイダーダウンもあります。

  • ホワイトダウン:白い鳥からとれるダウンで、清潔に見える事で人気も高い。
  • シルバーダウン:茶系の鳥からとれるダウンで、色がある事で淡い色の生地の中に入ると透ける場合もある。
  • アイダーダウン:アイスランドに生息するアイダーダックからとれる最高級のダウン。

ホワイトダウンもシルバーダウンも質は同じで、ダウンの中で最強なのがアイダーダウンです。

ブランドのダウンジャケットは、こういったダウンを使う事で高品質なダウンジャケットを生み出しているんですね。

 

 

理由②:縫製技術・デザイン力・耐久性

ダウンでブランドを選んだ方が良い理由2:縫製技術、デザイン力、耐久性
参照元:https://fashion-hr.com/

高品質の素材を使っているだけでは、最高のアイテムが完成する訳ではありません。

高品質の素材を活かす事ができるのは、やはり熟練職人の縫製技術・デザイン力・耐久性が合わさってこそです。

先ほど高品質のダウンを使っているため値段も上がると紹介しましたが、素材の質の差で値段に反映されているのは2割程度で、実際は縫製技術・デザイン力・耐久性が大きく占めています。

その中でもダウンジャケットでとても大切なのが「縫製技術です。

たとえば、ダウンジャケットを使っていて必ず起きる問題の一つが、羽毛(ダウン)抜けですよね。

こんなやつです!

羽毛(ダウン)抜け

羽毛抜けの原因はいくつかありますが、代表的な問題はダウンジャケットの中にあるフェザーの芯が動く事で、空気と一緒に抜けたり、生地の縫い目から突き破って出てきます。

下記記事では羽毛抜けの理由や対処法を紹介しています。

つまり縫製技術が高ければこの問題を防ぐ事ができるんです。

ただ注意点としては、「ブランドのダウンジャケットであれば絶対に抜けない」というわけではありません。

やはり消耗品ですのでどうしても羽毛抜けは起きてしまいますが、その抜ける頻度の少なさや量・耐久性の高さが格段に違ってきます。

ダウンジャケットの扱い方にもよりますが、定番ブランドのダウンをお持ちの方の多くが10年と長く使えているのも事実。

仮に10万円のダウンを購入したとしても1万円/年、30万円のダウンなら3万円/年で高級ブランドのダウンを実質購入が可能になります。

もし毎年3万円以下のダウンを購入しているなら、決して高い買い物にはならず、多くの方がブランドのダウンを選ぶ理由にも繋がりますね。

 

 

理由③:ステータス

ダウンでブランドを選んだ方が良い理由3:ステータス

ブランドのダウンジャケットを選ぶ理由として大きかったのが「ステータス」でした。

今まで少し細かい所を説明してきましたが、結局は下記の意見が多いのも事実あります。

  • 世間一般的に認知度が高いブランドを持てているという高揚感
  • 周りの人からおしゃれ・かっこいいと思われたい欲求
  • 「本物」と世間が認めたアイテムを持ちたい本物思考

オーバースペックとわかっていながら、高価なブランドのダウンジャケットを検討してしまう理由がここから始まるのでしょうね。

筆者もブランドジャケットは持っていますが、やはりブランドのダウンを持ち出したのは上記の理由がスタートかもしれません。

そこからブランドのダウンに興味をもち、今ではブランドダウンの魅力を語れるようになりました!ww

後悔しないダウンを必ず紹介しますので、もう少しだけダウンのウンチクに付き合ってください!!ww

 


Sponsored Link

 

ダウンの基本的な選び方を紹介!

高級ブラントといっても1つではありません。

高級ブランドの中でもデザインや縫製以外にも様々な特色がありますので、まずは基本的なダウンの事を知っておく事。

ダウンを選ぶ一つの目安として参考にしてください。

続いてはダウンの基本的な選び方を紹介していきます。

 

選び方①:ダウンの産地

ダウンの基本的な選び方:ダウンの産地
参照元:https://www.rakuten.ne.jp/

先ほどの章でダウンの種類について紹介しましたが、「ダウンの産地」も大事なポイントです。

一般的には以下の国が産地になっています。

左から順に高品質な産地なので、「ダウンの生産地」を見る事をおすすめします。

アイスランド > ポーランド > フランス > ハンガリー > カナダ > 中国

こちらは高級ブランドを選ぶ上で目安としても使えますので、納得した買い物をしたいならぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

選び方②:ダウンとフェザーの比率

ダウンの基本的な選び方:ダウンとフェザーの比率
参照元:http://www.descente.co.jp/

同じく先ほどの章でダウンジャケットに使われるダウンとフェザーの機能性について説明しましたが、ここで簡単にまとめてみると以下の様な機能を持っているんですよ。

  • ダウン=保温力・吸湿性・放湿性
  • フェザー=弾力・通気性

上記をベースにダウンジャケットは作られていますが、皆さんも通販サイトの詳細欄やダウンジャケットのタグに、ダウン◯%・フェザー◯%と割合が表示されているのを見た事ありますよね?

この割合はダウンの機能面を表しています。

つまり高品質なダウンジャケットを選ぶのであれば、下記の比率で選ぶのが理想とされています。

  • ダウン70-90%
  • フェザー10-30%

たとえばアウトドアで着るダウンであれば保温力を少し高めたいので、ダウンの比率が80%〜90%のダウンジャケットを選んでみるということです。

 

 

選び方③:フィルパワー

ダウンの基本的な選び方:フィルパワー
参照元:https://www.pinterest.jp/

ダウンジャケットの機能面においてダウンやフェザーと同じくらい大切なのが「フィルパワー」です。

フィルパワーとは、羽毛1オンス(28.4g)のダウンをシリンダー内に入れ、一定荷重を掛けた時の膨らみ度合いを立法インチ(2.54cm立法)で示します。

ナイロンなどの他の素材と比べると、外気の冷気を遮断し、内側の体温(暖気)を逃さない機能が断トツなんです。

つまりダウンの羽毛は立体的な構造になっている事で、無数のエアポケットが存在し、そのポケットに大量の空気が含まれる事で動かない空気の保温層を作ってくれます。

 

紹介したものの難しい内容なので簡単にまとめると、「フィルパワー数値が高いほど暖かく良質なダウン」ということです。

 

数値の目安

  • 500以下:低品質
  • 600以上:良質
  • 700以上:高品質

 


Sponsored Link

 

 

不動の人気を誇るダウンのブランドを4つ紹介!

さて、お待たせしました!

ブランドのダウンになってくると熱が入ってしまう私ですが、ここからは不動の人気を誇るダウンのブランドを紹介していきたいと思います。

とりあえず、ブランドのダウンジャケットを選ぶ時にまず知っておきたい定番ブランドを4つ紹介しますね。

ブランドを選ぶ上で基準となっている、ブランドの人気の理由・機能面・人気モデルなども合わせて紹介しますので、参考にしてください。

 

Moncler(モンクレール)

ダウンの定番ブランド:Moncler(モンクレール)

公式サイトはこちら

モンクレールは1952年にフランスのグルノーブルで誕生した高級ダウンブランド。

元はテントやウェアを扱う登山家向けにスタートしたブランドでしたが、本格的なダウンジャケットの開発に向けて、フランス人初のヒマラヤ登頂を成し遂げたリオネル・テレイをアドバイザーに向かえ、登山家が本当に求めている軽量で保温力の高いダウンジャケットを開発していきます。

モンクレール

 

ダウンの相場としては30万前後ですが、それを納得させる力があるのがモンクレールのブランド力。

そんなモンクレールのダウンの特徴といえば高品質とデザイン性が両立されている所です。

モンクレールのダウンジャケットには、フランスの規格協会が認めたキャトルフロコンマークを取得したホワイトグースしか使用しておらず、特徴としては高いフィルパワーと保温性を持ちながらとても軽い事です。

キャトルフロコンマーク

 

ただ、目安にしたいフィルパワーの公式発表がされていないのが残念な所。

またダウン以外にも高品質を追求しており、表地の代表であるシャイニーナイロンは高級感のある光沢に撥水性と防汚性にも優れており、冬でもインナーはTシャツだけでも過ごす事ができる程の品質を確保しています。

国内人気の火付け役となったのが俳優の木村拓哉さん。

当時としてはとても珍しい、保温力の高さ+タイトシルエットを持ったエベレストモデルをCMで着用したのがきっかけといわれています。

 

モンクレールの人気のダウンジャケットを紹介!

MAYA(マヤ)

価格: ¥169,950(税込)
評価:(4.58/5)

以前の定番モデルでありベストセラーにもなったHIMARAYAを、タウンウースによせた細身のシルエットで丈も少し短くなった今時感のあるデザイン。

また、ブランドの特徴でもある光沢のあるシャイニーナイロンを使用し、フードは取り外しが可能なので色々なコーデに合わせる事ができる万能タイプとして人気があります。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

MONTGENEVER(モジュネーブル)

価格: ¥229,900(税込)
評価:(0/5)

ブランドの中では落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるのがこちらのモデルです。

ウール生地に表面は撥水加工もされており、ベーシックなデザインはスーツスタイルにも合わせやすいとして、とくに大人メンズから高い人気を誇っているんですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

RYAN(ライアン)

価格: ¥158,000(税込)
評価:(0/5)

袖と胸元がウールを使った切替たスッキリとしたシルエットに仕上がっています。

インナーにはウールのライナーがついているのも特徴ですよ。

カジュアルに着こなしたい方に人気のあるモデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

CANADA GOOSE(カナダグース)

メンズのダウンの定番ブランド:CANADA GOOSE(カナダグース)公式サイトはこちら

カナダグースはモンクレールと並ぶ高級ダウンブランドながらカジュアルに着こなせるブランドです。

カジュアル感の強いデザインですので相場はモンクレールよりも低い10万前後です。

そんなカナダグースは1957年にカナダのトロントで設立し、親子3代で大きく発展を遂げています。

カナダグース参考URL:http://oshare-journey.com/canadagoose-down-history/

 

創業時はメトロスポーツウェア社としてウールのベストやレインコートにスノーモービルウェア等を展開していましたが、南極などの極寒地にも対応できるアイテム展開や色々なニーズへの対応を繰り返し信頼と実績を積んでいきます。

カナダグース最大の特徴は、本格的なアウトドアブランドと比べてもまったく負けない機能を持った実用性

他の追随を許さない実用性のある機能面の一つが、繊維メーカーと共同で開発したアークティックテックです。

アークティックテック参考URL:http://oshare-journey.com/canadagoose-down-history/

 

ポリエステルとコットンにテフロン加工を施す事で、高い撥水性と耐久性を持ち合わせており、4層構造にする事で高い保温力を維持しています。

また、高い防寒性と実用面も折り紙つき。

まずポケットの裏側にフリース素材を使う事で暖かく、裾付近にあるスラッシュポケットは手を温めてくれるハンドウォーマーとして役立ちます。

さらに・・・

  • 手首周り・・ニットカフによって袖口から入る冷気を遮断
  • フード部分・・コヨーテファーを使用する事で氷結を防ぐ
  • 前立ての裏側・・ボアを使用する事で冷気を防ぐ

上記のように細かい所までしっかり考えられているんですね。

また、実用性を考えて内側の裾付近にはフラップポケット、左胸にはジップポケットがあるなど収納力も充実。

さらに背面にはワッペンつきのストラップがついているので、ダウンジャケットを脱いだ後の持ち運び時やフックに掛けられる機能性も兼ね備えています。

もちろんファッション性にもこだわり、着用時はフードで隠れる様になっている気の利き様はさすがですね!

 

カナダグースの人気のダウンジャケットを紹介!

JASPER(ジャスパー)

価格: ¥134,200(税込)
評価:(4.92/5)

本国カナダで名作と言われているシャトーを、日本人体型に合わせて作られた人気モデル。

定番のミドル丈モデルにデザインもシンプルの細み仕上げ。

また、従来モデルより少しダウン量を減らしているのでスッキリと着こなすことができ、ジャケットやスーツの上からでも着こなしが可能です。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

CHATEAU PARKA(シャトーパーカー)

価格: ¥129,800(税込)
評価:(4.33/5)

先ほどのジャスパーの原型モデルですね。

機能面を加えると、フロントにはパラシュートボタンを使用しているので、グローブをつけたままでも開閉ができるようになっています。

ジャスパーに比べると少しゆったりしたシルエットが特徴ですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

RUSSELL(ラッセル)

価格: ¥123,200(税込)
評価:(4.75/5)

ジャスパーやシャトーに比べるとショート丈で、比較的小柄な日本人に似合うシルエットに仕上がっています。

フロントの4つのフラップポケットや、パラシュートボタンがミリタリーな雰囲気を演出してくれますよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

DUVETICA(デュベティカ)

メンズのダウンの定番ブランド:DUVETICA(デュベティカ)公式サイトはこちら

次はデュベティカ。

モンクレールやカナダグースと比べると比較的リーズナブルに購入できるおしゃれなブランドとして人気!

基本的な相場としては5万〜8万円ですが、他ブランドとのコラボアイテムになると10万円以上のモデルも存在します。

そんなデュベティカは2002年にイタリアでダウンウェアを販売するブランドとしてスタートします。

歴史としてはまだ新しいですが、創業者はモンクレールで社長を務めた事があるジャンピエロ・バリアーノ。

ジャンピエロ・バリアーノ

 

ダウンの特徴を上げるとすれば素材とモノ作りへの信念の強さです。

まず素材はフランス産の最上級とされるグレイグースを100%使用しています。

デュベティカで使用されるグレイグースは食用のグースの中でもフォアグラ用になっており、他のグースと比べて広大な敷地で自由にストレスなく飼育する事で、とても軽量でやわらかいのが特徴です。

しかも、その飼育環境の中で育ったグレイグースの中でも上質な一部のモノしか使わない拘りがあるようです。

グレイグース

 

もちろん素材だけでなく縫製にも拘り、トップクラスの工場でのみ生産される事で最高の素材と技術から作り出されるダウンジャケットは、先ほどのモンクレールやカナダグースと並ぶほどの知名度と安心感を持っています。

さらに、デザインはフードをジップで一体化した特徴的なデザイン。

また多くの有名ブランドとコラボを行う事で幅広い世代からの人気を獲得しているんです。

海外ブランドながら少し小さめに仕上げられているので、日本人にもよく合い、豊富なカラーバリエーションも人気の理由。

モンクレールがドレッシーなら、デュベティカはラフでカジュアルに着こなしができるブランドといえます。

 

デュベティカの人気のダウンジャケットを紹介!

VEGA(ベガ)

価格: ¥45,000(税込)
評価:(0/5)

ブランドを代表する定番のモデルがこちらです。

大胆なキルティングデザインが特徴のダウンジャケットらしいデザインで、裾にゴムが入っているのでよりフィット感を味わえるモデルですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

DIONISIO(ディオニシオ)

価格: ¥42,100(税込)
評価:(0/5)

程よい光沢が高級感があり、身頃とフードが一体になったデザインでブランドらしいデザイン。

またスポーティなシルエットが魅力的な、ブランド人気No1のモデルですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

DIONISIO DUE(ディオニシオ デュー)

価格: ¥79,960(税込)
評価:(0/5)

先ほどのディオニシオモデルをベースに作られ、より光沢感とツヤ感が人気を集めています。

雑誌掲載や普段での着用率がブランドの中ではかなり高いモデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

TATRAS(タトラス)

メンズのダウンの定番ブランド:TATRAS(タトラス)公式サイトはこちら

タトラスは2006の秋冬シーズンに立ち上がったミラノを拠点としている、イタリア・日本・ポーランドのコーポレートブランド。

今まで紹介したブランドの中では一番新しいブランドですが、ダウンの相場は10万前後と決して安いわけではないにも関わらず人気を集め、現在では定番ブランドの地位まで登りつめたブランドなんです。

そんなタトラスですが、タウンユースを前提に設計した細みのシルエットにスタイリッシュな仕上げで、ドレスダウンジャケットとも呼ばれるほどのデザイン性の高さがあります。

また、日本人の体型にマッチしたサイズとデザインは、ナノユニバースをはじめ国内でも有名なセレクトショップで取り扱いがされているんですよ。

タトラスの店舗

 

もちろんデザイン性の高さだけで新鋭ブランドながら定番まで登りつめた訳ではなく、保温性能も抜群!

ダウンはポーランド産のホワイトグースを使用することで、軽量で保温性に優れたダウンジャケットに仕上げています。

また、一つ目の目安とされるダウンとフェザーの割合は9:1で、ダウン95%の700フィルパワーですよ。

おしゃれでスタイリッシュに着こなすならタトラスがおすすめです。

 

タトラスの人気のダウンジャケット

BELBO(ベルボ)

価格: ¥54,800(税込)
評価:(4.78/5)

タトラスの定番モデルであったKRAZ→DEMETRIOと進化を続けてきた最新モデルです。

大きな特徴は、最新のナイロンクロスを使う事でシャイニー感と高級感のある味わい深い色合いが持ち味。

またシルエットも人気の特徴で、脇腹でシェイプさせる細かなステッチにより美ラインを演出してくれます。

スポーティなシルエットですが40代以上からも人気の高いモデルですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

GESSO(ジェッソ)

価格: ¥66,000(税込)
評価:(0/5)

ブランドの定番である細みのシルエットが特徴。

ブロック型のキルティングでダウンパックを細くする事でスタイリッシュなシルエットに仕上がっていますね。

短めの丈でスッキリスマートに着こなせる人気モデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

DOMIZIANO(ドミツィアーノ)

価格: ¥107,800(税込)
評価:(0/5)

ラグジュアリー感たっぷりな雰囲気を醸し出してくれるドミツィアーノ。

イタリアの最高級テキスタイルメーカーであるロロビアーナ社のスーパー150Sという極細のウール糸にシルクを加えているので、軽量で綺麗な光沢を放ってくれます。

ブランドらしい細みのシルエットに身頃にダーツを入れる事で、立体感のあるスッキリシルエットに仕上がっています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 


Sponsored Link

 

これから流行る注目ブランド!人と被らないダウンのブランドを6つ紹介!

不動の人気を誇るダウンのブランドはいかがでしたか?

やはり定番と言われるだけあり機能性・デザイン力・素材と、すべてにおいて超一流ですね。

ただ定番という言葉は、受け手によっては、「被ってしまう」「みんなと同じは…..」とネガティブな印象があるのも事実。

定番だからこその安定感よりも「周りと被らずおしゃれを演出したい!」そんなあなたに必見!

続いては注目度が高く、人と被らないダウンのブランドを6つ紹介します。

 

PYRENEX(ピレネックス)

注目のダウンのブランド:PYRENEX(ピレネックス)公式サイトはこちら

ブランドの相場は7万円前後で、定番ブランドと比べても手が出しやすいですね。

次世代ダウンとお伝えしているので新鋭ブランドと思っているかもしれませんが、実は1859年に創業した老舗ブランドで、創業地はフランスのピレネー山脈の麓のサン・セベ。

ピレネックスヒストリー

 

日本への進出は2016秋冬シーズンより本格的に参入したばかりですので、まだ名前を聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、ピレネックスには160年近く存在し続けてきた圧倒的な保温力の高さが魅力です。

創業地であるサン・セベは欧州で有名な水鳥の産地で、ピレネー山脈の過酷な環境下で育っている事で高品質な羽毛が取れるといわれています。

そんな品質が高いダウンをより高品質にするため、原毛から製品まで自社一貫生産し24時間以内に加工を行っています。

水鳥は生き物ですので、鮮度はとても大切なんです。

自社一貫生産を行う事で700フィルパワー(一部には850フィルパワーも有)を誇り、高い保温力と耐久力のあるダウンジャケットが誕生しています。
ピレネックスの縫製

 

ただ、デザイン面に関しては少し物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

ベーシックで高級感もありながら落ち着いたデザイン仕上げですので、シンプルに着こなしたい方・スペックを重視したい方にとっては、おすすめな次世代のダウンのブランドといえます。

 

ピレネックスの人気のダウンジャケット

REIMS JACKET(ランスジャケット)

価格: ¥99,000(税込)
評価:(5/5)

ベーシックなデザイン仕上げのショート丈ダウン。

表面は微起毛を施したスムースタフタを使う事でしっかりとした質感と落ち着いた雰囲気が人気を集めています。

またフロントやポケットのボタンにはブランドのロゴを刻印する事で程よいアクセントに。

2018年から従来の700フィルパワーから850フィルパワーになり、より人気を集めています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

AUTHENTIC JACKET(オーセンティックジャケット)

価格: ¥49800(税込)
評価:(0/5)

飽きのこないデザインで人気を集める、ブランドを代表する定番モデルですよ。

ヒップが隠れるミドル丈になっており幅広い世代に人気。

表地はつや消しナイロン素材を使いシックな雰囲気ですが、ラクーンファーを使い高級感もあり大人の渋みを演出してくれます。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

ANNECY JACKET(アヌーシージャケット)

価格: ¥79,800(税込)
評価:(4.89/5)

ブランドの売筋上位には常に存在するアヌーシージャケット。

少し長めのミドル丈になっており、肩や腕周りに立体的なパターンを施す事でスーツやジャケットの上からでもスッキリとした着こなすことができます。

また雨への耐久もある事でオンオフ問わず使いやすい設計が人気を集める理由なんですね。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

STONE ISLAND(ストーンアイランド)

注目のダウンのブランド:STONE ISLAND(ストーンアイランド)公式サイトはこちら

続いての注目ブランドはストーンアイランド。

ブランドの相場は13万円前後で、決してお手頃な金額とはいえないブランドですが、シュプリームとコラボし一気に知名度を上げたことで有名ですね。

ストーンアイランド×シュプリーム

 

こちらのブランドの特徴は定番ブランドとは違った目線で展開をしており、独自の染色・加工でアイテム展開をしています。

スタートしたのは1982年。イタリアのカジュアルウェアブランドであるシービーカンパニー内のラインの一つとして発足。

創設者は素材や染色の研究を行なっていたマッシモ・オスティで、今日までに生まれた染色配合数は6万通り以上と、常に新しい素材を追求しているんですよ。

ブランドの代名詞である「ガーメントダイ」で仕上げられたダウンジャケットは、他のダウンでは出せない素材との一体感ある仕上がりになっています。

ガーメントダイとはアイテムが出来上がってから染色をしていく後染めの事。

ガーメントダイ

 

事前に染色をするのが一般的ですが、工程を後に回す事で縫い目も同じカラーとなり独特な風合いのある仕上がりになり、その過程で撥水加工も行う事で他ブランドには真似できない技術の高さで他を圧倒しています。

 

ストーンアイランドの人気のダウンジャケット

GARMENT DYED CRINKLE REPS NY DOWN(ガーメントダイクリンクルレプスダウン)

価格: ¥99,000(税込)
評価:(0/5)

ブランドを代表するガーメントダイを施した人気モデル。

内側には樹脂加工を施す事で防風性を高め、ウルトラハンマー仕上げの薄手のナイロンレックス製ナイロンを使う事で撥水性も兼ね備えています。

スリムなシルエットにショート丈で仕上げられ、カジュアルブランドながら大人の風格をあげてくれますよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

ファー付き フーディーダウンジャケット

価格: ¥87,780(税込)
評価:(0/5)

ミリタリー要素を取り入れたフーディダウンは、デイリースタイルに大人気!

ヴィンテージな雰囲気とストリートな雰囲気が合わさったデザインが絶妙で、大人の渋みを表現してくれます。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

Nobis(ノビス)

注目のダウンのブランド:Nobis(ノビス)公式サイトはこちら

ノビスは、2007年にカナダグースの元社長が、カナダのトロントに設立したプレミアムアウターブランドです。

カナダグース時代にクオリティ高く機能的で都会的なスタイルに合うダウンジャケットが欲しいという声があり、それに応える為にブランドを立ち上げたといわれています。

ダウンの相場は15万前後とカナダグースを超える金額になっていますが、日本での知名度はまだ少なく狙い目。

カナダではカナダグースに続く人気ブランドへ成長すると期待されているブランドなんですよ。

そんなノビス最大のダウンの特徴として上げれるのが、機能的でファッション性の高いデザイン性。

体感温度が-30度〜-60度の雪山にも対応できる保温力の高さはもちろんながら、デザイナー服に使われる事も多いクロスハッチ生地が使われており、他ブランドでは真似できないファッションの高さが◎

また、ダウンのブランドを探す上でブランドのロゴに注目している方もいると思いますが、ノビスのブランドロゴはブラックカラーになっておりとてもスタイリッシュでかっこいいのも人気の理由です。

ノビスのロゴ

 

機能面に関しても防寒面だけでなく、ファッション面としての機能性が高いのも魅力で、脇に通気口のチャックが付いているのもその一つ。

外出先で室内に入った際はどうしても温度差の違いでダウンを脱ぐ事があると思いますが、脇のチャックを開ける事で涼しく過ごす事ができるので室内環境によっては脱ぐ事なく過ごせます。

決してお手頃な値段でもないにも関わらず、クリーニングにだす必要なく自宅で洗濯ができるので維持費を考えるととても経済的ですね。

国内での注目度と人気度がまだまだ低いブランドですので、周りと被りにくいという点ではとてもおすすめなブランドです。

 

ノビスの人気のダウンジャケット

The Yatesy(ヤテシー)

価格: ¥110,300(税込)
評価:(0/5)

大人のミリタリーパーカースタイルがとてもかっこよく、暖かさと快適さを合わせた人気モデルですよ。

ファーは取り外しが可能なのでシーンに合わせて着こなしが変えられるなど、ブランドの特徴がしっかり盛り込まれています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

Yves(イブス)

価格: ¥190,560(税込)
評価:(0/5)

クラシックなスタイルで仕上げられ、スリムなシルエットでスタイリッシュに着こなせます。

男らしい無骨な表情もキープしながら、落ち着いた大人の風格を上げてくれるモデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

The Shelby(シェルビー)

価格: ¥190,560(税込)
評価:(0/5)

バックの裾が長めのユニークなタッチに目を惹くデザイン。

スタイリッシュなシルエットが上品な雰囲気を醸し出してくれますよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

デサントオルテライン(水沢ダウン)

今注目で人と被らないブランドのダウン4:デサントオルテライン(水沢ダウン)

公式サイトはこちら

デサントオルテラインとは有名スポーツブランドであるデサントが手掛けるブランドで、岩手県にある水沢工場で生産したのが水沢ダウンです。

スポーツウェアのブランドとしては破格の最低価格8万円からのダウンジャケットで、高いダウンジャケットだと12万もする高額な金額ながら、メンズだけでなくレディースからも爆発的な人気を集めています。

そんな定番にもなりえる革命的な技術が人気を集めたのは、2010年のバンクーバーオリンピックの日本選手団に提供する為に作られたのがきっかけ。

水沢ダウンの革命的な技術とはダウンの弱点である水分を克服した耐水性。

水沢ダウンの耐水性

通常のダウンジャケットは表地と裏地に中綿を入れ、その3つを縫い合わせる(キルティング)事で出来上がっていますが、縫い合わせる事で小さな穴を作ってしまい、その穴から水分が侵入したりステッチ部分から羽毛抜けが発生しています。

そこで水沢ダウンには、熱接着ノンキルトという技法を使う事で、表地・裏地・中綿の3つを縫わずに重ね合わせる事に成功し、雨や風を見事に防御。

また、どうしても縫製が必要な箇所には、シームテープという防水剤で加工する事で水分の侵入を防ぐ事に成功します。

さらに水沢ダウンは裏地にも暖かさも確保の為にヒートナビPT2という工夫がされています。

ヒートナビPT2とは光を熱へ変換する高発熱と体が発する水分を熱に変える吸湿機能により、優れた発熱力がある事で暖かさを高めてくれます。

ヒートナビPT2

 

もちろんここで問題になってくる温度調整部分にもしっかり対応されているんですよ。

温度調整を可能にする為、まず2列のフロントジッパーと内側のメッシュ素材、脇の下にもフロントジッパーのベンチレーションシステムが搭載されています。

ダウンジャケットの弱点を克服した高機能な水沢ダウンは、今だけでなく定番ブランドへとなりうる、今おすすめのブランドなんです。

 

デサントオルテライン(水沢ダウン)の人気ダウンジャケット

MOUNTAINEER(マウンテニア)

価格: ¥115,500(税込)
評価:(0/5)

表地にはダーミザックスマイクロストレッチが採用されており、優れた防水性と透湿性に加えて高いストレッチ性としなやかさを兼ね備えた人気モデル。

シンプルなデザインですが、都会的なデザインだからトレンドに左右されずに長く愛用できますよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

SUTTLE(シャトル)

価格: ¥96,800(税込)
評価:(0/5)

水沢ダウンの中でも一番の軽量モデルがこちら!

2014年にISPOアワードとJAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100に選ばれたモデルなんですよ。

洗練されたデザインがブランドらしい大人の品格を上げてくれる定番人気の1着です。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

ANCHOR(アンカー)

価格: ¥85,800(税込)
評価:(0/5)

水沢ダウンの初期モデルながら、今も継続して大人気。

熱接着キルトとシームテープのブランドらしさはそのままに、ストレッチ素材を使ったハイスペックモデルで、今のストリームラインのような装飾もないシンプルなデザインで幅広い層に支持されているんですね。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

IENKI IENKI(イエンキイエンキ)

注目のダウンのブランド:IENKI IENKI(イエンキイエンキ)公式サイトはこちら

イエンキイエンキはDima Ievenkoによって2016年にウクライナで誕生したばかりの新鋭ダウンブランドです。

ブランドの相場としては20万前後と高級ブランドと呼べる位置付けで、ウィメンズのみのコレクション展開をしているブランドですが、誕生したばかりにも関わらず世界中の目利きバイヤー達から買い付けがおこなわれています。

ダウンの特徴は丸みのあるシルエットと派手なネオンカラーで、トレンドを追い続ける各ファッション誌のモデルやファションブロガー達が、こぞって鮮やかなオーバーサイズのダウンジャケットを身にまとってSNSなどで発信をするなど、注目の高さがわかりますね。

IENKI IENKI

 

2017年にはファッション誌のサイトで、世界一クールなPuffer Coatsと紹介されてからはさらに人気が急上昇。

もちろんデザイン面だけでなく軽くて暖かい最高品質の羽毛を100%使用し、ボリュームあるシルエットながら窮屈なく着こなせるシルエットが、多くのファッショニスタから注目を集めています。

 

イエンキイエンキの人気のダウンジャケット

MICHLIN(ミシュラン)

価格: ¥148,500(税込)
評価:(0/5)

こちらはブランドの代表作でもあり、大きく丸みを帯びたシルエットが特徴。

トレンドのビックシルエットコーデにぴったりで、ブランドらしいカジュアル感抜群のカラーも人気の理由なんですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

MILLET(ミレー)

注目のダウンのブランド:MILLET(ミレー)公式サイトはこちら

ミレーは今までにない新しい技法でダウンジャケットの製作を開始した注目ブランド。

アウトドアに精通している方ならご存知の方も多いと思いますが、ミレーは1921年創業の世界的にも有名なフランスのアウトドアブランドなんですよ。

ダウンの相場は5万円前後と手の届きやすい金額になっています。

フランス初のヒマラヤ登山隊へのアイテムの提供をはじめ、堅実にトップクライマーの声を製品化し続けるなど、多くの経験と実績の中で培われた高品質のアイテム提供をしてきたブランドです。

日本人の体型に合わせた設計がされているのもおすすめのポイントですが、2016年10月から発売になったダウンジャケットで、シンセシスコンストラクションを導入した羽毛抜けの少ないダウンジャケットを発売した事で注目を集めます。

シンセシスコンストラクション

 

シンセシスコンストラクションとは、布地を織る際に独自の二重織りを行う事で布自体が交差し間仕切りを作る技法の事。

つまりキルティング部分から縫い目をなくす事で針穴のない丈夫なダウンジャケットが出来上がります。

今まで羽毛抜けに困っていた方や、手頃で丈夫なダウンを求めている方には、特におすすめのブランドです。

 

ミレーの人気のダウンジャケット

Trilogy Synthesis Hooded Down(トリロジーシンセシスフーディーダウン)

価格: ¥29,700(税込)
評価:(0/5)

こちらは2016年に誕生したシンセシスコンストラクションで作られた人気モデルですよ。

従来のモデルより軽量性や耐久性にも優れており、スタリッシュなデザインはスポーツなどアクティブなシーンの着こなしにも最適です。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 


Sponsored Link

 

最強に暖かいブランドのダウンを2つ紹介!

定番や次世代のブランドと紹介してきましたが、世の中には本当にたくさんのブランドのダウンジャケットが存在しますね。

その中でも、最強に暖かいと言われているダウンのブランドはどこなのでしょうか?

続いては最強に暖かいブランドのダウンを2つ紹介します。

歴史も語っているので少し長いですが、特徴も詳しく紹介しますので参考にしてくださいね。

 

ナンガホワイトレーベル(NANGA WHITE LABEL)

最強の名に相応しいブランド:ナンガホワイトレーベル(NANGA WHITE LABEL)公式サイトはこちら

機能面最強クラスのブランドとして紹介したいのが、こちらのナンガホワイトレーベル。

ダウンのブランドでは海外勢の勢いが目立ちますが、こららのナンガホワイトレーベルは国産ブランドですよ。

極寒の地である北海道の旭川市にあるMOONLOIDとNANGAがコラボし生まれ、限定された店舗が取扱店になっているブランドです。

NANGA WHITE LABEL

 

最大の特徴である機能面ですが、ハンガリー産のシルバーグースダウンを使用した940フィルパワーで、さらに特別な技法を使い超撥水加工を施す事で羽毛自体が水を弾く特別な羽毛を開発します。

また、表地にも防水透湿機能を持つ独自のAURORA-TEX-LUGHTを使用し、強い雨や雪の日でも快適性をキープ。

もちろん最強クラスのダウンを作るのは他のブランドでもできる事ですが、ナンガホワイトレーベルは「最高基準の保温性に表参道でも着こなせるデザイン性と、やわらかな着心地を維持しながら、できるだけ価格をおさえる」をモットーに作られています。

定価9万と決して低価格とはいえないですが、機能面からみると他のブランドではできない価格帯ですよ。

高品質ながら街着感にも徹底的に拘り抜かれ、機能性最強ブランドと呼んでも相応しいブランドのダウンです。

 

ナンガホワイトレーベルの人気ダウンジャケット

最強ダウンジャケットTYPE1

価格: ¥93,500(税込)
評価:(4.75/5)

940フィルパワーを誇るブランド史上最強の人気モデル!

シルエットも極力タイトに仕上げられているので、機能面だけでなくデザイン面も考えられています

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

最強ダウンジャケットTYPE2

価格: ¥96,800(税込)
評価:(3.75/5)

機能はタイプ1と同じながら、フロント部分を比翼仕立て・胸ポケットの追加・後ろの裾丈を長く仕上げています。

前傾姿勢になっても後ろを守ってくれるのでバイク乗りにも嬉しい人気モデルですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

最強ダウンジャケットTYPE3

価格: ¥90,200(税込)
評価:(4.67/5)

タイプ1と2での経験値をいかし生み出された人気モデル!

機能性はそのままにデザイン面が新たにスタンドカラータイプになっています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

mont-bellモンベル(モンベル)

最強の名に相応しいブランド:モンベル(mont-bell)

公式サイトはこちら

次の最強に暖かいダウンと呼べるモンベルのダウン。

1975年に国内でスタートした日本を代表するアウトドアブランドで、高温多湿である日本の気候に合った高品質のダウンアイテムを展開しています。

モンベルの代表といえば、世界最軽量クラスのインナーダウンが人気を集めていますが、ダウンジャケットのアイテム数も多く、世界からも高く評価されているんですよ。

モンベル インナーダウン

 

そんなモンベルのダウンの特徴は、ダウンの質と表地の高品質素材への拘り。

モンベルの最大の特徴ともいえるEXダウンと呼ばれる高品質で希少なダウンは800〜1000フィルパワーで、これにより軽量で保温性の高い世界でもトップクラスの質を持つダウンを使用しています。

表地には、独自開発のバリスティックナイロンとゴアウインドウストッパーを使用。

バリスティックナイロンとゴアウインドウストッパー

 

  • パリスティックナイロン・・・ナイロン糸に延伸加工を施す事で従来のナイロン素材の2倍の引き裂き強度を実現した生地。
  • ゴアウインドウストッパー・・・防風・防水・透湿性に優れており、ダウンジャケット内の冷気を遮断しながら湿気を逃す仕様。

つまりダウンジャケット内の空気をドライに保つ事で保温力をサポートしてくれているんですよ。

また、モンベルの相場は2万前後と低価格な所も見逃せない所です。

先ほどのナンガホワイトレーベルと同じく、抜群の機能性を持った最強ブランドと呼ぶに相応しいと思います。

 

モンベルの人気ダウンジャケット

プラズマ®️1000ダウンジャケット

価格: ¥20,900(税込)
評価:(0/5)

世界最高水準の1000フィルパワーで仕上げられたEXグースダウンを使った人気モデル!

しかも重量はわずか130グラムと超軽量なのが人気の理由ですよ。

パッカブルで持ち運びもとても便利で、旅先にも重宝すること間違いありませんね。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

スペリオダウンジャケット

価格: ¥14,520(税込)
評価:(0/5)

ブランドの中でも断トツの人気を誇るモデルですよ。

もっとも平地でのタウンユースにおすすめなモデルと言われており、800フィルパワーのダウンを使い軽量で保温力も抜群!

さらに撥水加工と帯電防止加工もされているので、ちょっとした天候の変化にもこの1枚で対応できます。

しかも低価格な所も人気の理由。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 


Sponsored Link

 

アウトドアで人気のブランドのダウンを3つ紹介!

ここまでは比較的ファッション性の高いブランドを紹介していきましたが、ダウンのブランドの中にはもちろんアウトドアのブランドも含まれます。

冬の山を楽しむ方もいれば、アウトドアブランドの特徴である保温性と防水性の高いダウンを探している方もいると思います。

以前までは機能性にのみに特化したアウトドアブランドが多かったですが、近年は群雄割拠であるダウン市場ですので、機能性+デザイン面も優れていなければ生き残れない時代です。

それでは人気の高いアウトドアブランドのダウンを3つ紹介します。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

人気のアウトドアブランド:ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)公式サイトはこちら

今やアウトドアにあまり興味がない方でも知名度のあるブランドですよね。

はじまりは1968年のアメリカのカリフォルニアでスタート。

元々は小さなメーカーでしたが、スリーピングバッグの誕生をきっかけに世界的に認められるブランドへと成長していきます。

ノースフェイスヒストリー

 

そんなノースフェイスのダウン特徴といえば高い機能性とデザイン力!

ノースフェイスのダウンの中には他にはない光電子ダウンが使われています。

光電子®️とは、超微粒子のセラミックを練りこんだ繊維の事。

常に人の体から発せられている遠赤外線を吸収する働きがあり、熱が反射する事で衣服内を温めながら汗や湿気を飛ばす高い速乾性機能も備えています。

光電子ダウン

 

またファッション性に関しては、バリエーショ豊富なカラーで、体にフィットするカッティングが特徴といわれています。

アウトドブランドの中では体へのフィット感が全然違うと感じる方がとても多いですよ。

過酷な条件下でも安心して着こなせる機能性と街着スタイルでもしっかりおしゃれを演出できるノースフェイスは、まさに世界最大級のアウトドアブランドといえます。

 

ノースフェイスの人気ダウンジャケット

BALTRO LIGHT JACKET(バルトロライトジャケット)

価格: ¥97,900(税込)
評価:(0/5)

ブランドの中でも名作と言われている人気モデルですよ。

光電子ダウンを使用した抜群の保温性があるので、真冬のアウトドアで大活躍!

シンプルの中にも存在感のあるデザインで、幅広い世代から人気を集めています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

MountainDown JACKET(マウンテンダウンジャケット)

価格: ¥79,200(税込)
評価:(0/5)

表地にゴアテックスを仕様した防水タイプになった人気モデルがこちら!

肩の切り替えデザインが、ブランドらしいおしゃれ感を演出しますね。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

Nuptse JACKET(ヌプシジャケット)

価格: ¥44,000(税込)
評価:(4.70/5)

1990年代に大人気になったヌプシジャケット。

ダウンは600フィルパワーで表地はナイロンに撥水加工が施され、サイズ感は今風に変更されているのでアウトドアにもタウンユースにも着回せられるデザインに仕上がっています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

WOOLRICH(ウールリッチ)

人気のアウトドアブランド:ウールリッチ(WOOLRICH)公式サイトはこちら

ウールリッチは1830年に誕生したアメリカ最古のアウトドアブランド

180年以上の歴史があり、極寒のアラスカからアメリカへの天然ガスパイプを引く際の極寒地用ウェア開発が始まりです。

ブランドの代表アイテムであるアークティックパーカーは、イタリアのサッカーチームであるAC・ミランのベンチウォーマーに採用された事を機に多くのファンを獲得します。

そんなウールリッチのダウンの特徴は、機能性はもちろんながらビジネスシーンでも気軽に使えるスッキリとした見た目で、シンプルなデザインが日本でも人気を集めています。

 

ウールリッチの人気ダウンジャケット

ARCTIC PARKA(アークティックパーカー)

価格: ¥68,800(税込)
評価:(5/5)

ブランドの象徴でもある人気のモデルですね。

フードのファーもあり一見もこもこ感のあるシルエットですが、ファーは取り外しができ、外した後も綺麗で見た目も安心。

ヒップが隠れる着丈でスッキリとしたシルエットが、スリムなラインを好む多くのビジネスパーソンから人気を集めています。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

ARCTIC PARKA NEW SHORT(アークティックパーカー ニューショート)

価格: ¥107,800(税込)
評価:(0/5)

先ほどのアークティックパーカーの着丈が少し短くなったモデル。

ヒップは隠れない絶妙な着丈になっており、よりスマートなシルエットで着こなすことができます。

丈が少し長いのが苦手な方や動きやすさを好むメンズに人気で、スーツスタイルにもおしゃれに馴染んでくれますよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

ゴアテックス マウンテンパーカージャケット

価格: ¥107,800(税込)
評価:(0/5)

防風・防水性と通気性や耐久性の高さに優れたゴアテックス仕様。

ダウンのモコモコ感が抑えられた美シルエットがブランドの特徴でもあり、デイリースタイルからアウトドアと幅広く着用していただけます。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

ARC’TERYX(アークテリクス)

人気のアウトドアブランド:アークテリクス(ARC'TERYX)公式サイトはこちら

アークテリクスは1989年にカナダのノースバンクーバーで誕生したアウトドアブランド。

もしかしたらリュックのブランドと認識している方もいるかもしれませんが、ジャケットの人気も確実に上がっており、今ではジャケットのブランドと認識している方もいるなど、デザイン力の高さに定評があります。

また、常に最新の素材や技術を使ったアイテム展開も特徴の一つ。

たとえば今ではアウトドアブランドでは当たり前にまでなった止水ジッパーも、アークテリクスが最初に発明した技術なんですよ。

止水ジッパー

 

さらにアークテリクスが採用しているゴアテックスは、防水防風に加え、汗をかいた時は外に出してくれる機能があることで体が冷えないようになっています。

ただアークテリクスのダウン分野としては後発メーカーと言われており、天然ダウンを使用したモデルはソリウムとセリウムシリーズのみで、他のモデルはブランド独自素材のコアロフトと呼ばれる化繊ダウンを用いています。

今までのアウトドアブランドと比べると少し落ちてはしまいますが、アークテリクスの最大のメリットはデザインとカッティング力。

使うシーンに合わせてモデルをしっかり判断する必要はありますが、スーツや街着スタイルにアウトドアと、幅広く使える魅力的なブランドであることは間違いありませんよ!

  • 街着タイプ・・・コダジャケット、エイムスジャケット
  • オールラウンドタイプ・・・フィションSVジャケット、ファイヤービーARジャケット、ソリウム、セリウム、Atomシリーズ、ベータシリーズ
  • クライミングタイプ・・・プロトンシリーズ、ニュークレイシリーズ

 

アークテリクスの人気ダウンジャケット

ベータAR

価格: ¥65,500(税込)
評価:(0/5)

オールラウンドタイプの中では定番の人気モデルですよ。

軽量でありながら通気性と耐久性に優れ、嵐や雪などの色々なシーンでも適応してくれるまさに万能型で、ゴアテックス最高レベルの防水を体感できます。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

コダジャケット

価格: ¥86,801(税込)
評価:(0/5)

街着スタイルとしておしゃれを楽しめるデザインが魅力的ですね。

断熱・防風・通気性など多くの性能を兼ね備え、内側にはジッパー付きのポケットがあるなど普段使いに最適な機能を持ち合わせているモデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

アトムLTフーディー

価格: ¥26,980(税込)
評価:(5/5)

湿気コントロール機能がついているので色々な天候に対応できながら、デザイン性も兼ね備えています。

アウトドアだけでなく普段にも使えるとして幅広い世代に人気があります。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 


 

低価格でも高機能のブランドのダウンを紹介!

今まで紹介したブランドの中で、お気に入りの1着に出会えましたか?

「いいのは見つけたけどやっぱり値段が….」

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

長い目で見ると毎年1万円〜3万円程で買えるとはわかるけど、即金ではなかなか手が出せないあなた!今から紹介するダウンは必見です!

デザインや機能性などすべてに納得できるダウンジャケットを見つけるのは難しいかもしれませんが、世の中には高ブランドに負けず高品質でコスパのいいブランドがあります!

それでは最後に低価格でも高機能のブランドのダウンを紹介します。

 

1万円台

SHIPS(シップス)×河田フェザーのダウンジャケット

価格: ¥18,865(税込)
評価:(3/5)

キレイめなアイテム展開で若い世代に人気のSHIPSが、国内でも屈指の羽毛メーカーである河田フェザーのダウンを使用。

河田フェザーは、国内でトップクラスの品質の高さが魅力的なブランドで、ダウン80%にフェザー20%の割合で仕上げられています。

また裏地には特殊な防風ラミネートを施しており、ダウンの噴き出しも抑えます。

上品な仕上がりで、オンオフ問わず着回せるおすすめのアイテムです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

2万円台

BEAMS LIGHTS(ビームスライト)のダウンジャケット

価格: ¥20,900(税込)
評価:(0/5)

メンズファッションでお馴染みのビームスライトのダウンジャケット。

表面はフランス生地メーカーCARREMANの、伸縮性のあるキメ細かな滑らかい生地を。

中綿には河田フェザーのGreeen Downを使用した贅沢な仕上がりですよ。

落ち着いた雰囲気でカジュアルに着こなせながらも、ラグジュアリーな雰囲気漂う魅力的な1着です。

こちらのダウンをもっと詳しくみる

 

VINCENT ET MIREILLE(ヴァンソン エ ミレイユ)のダウンジャケット

価格: ¥25,300(税込)
評価:(4.50/5)

フランスの老舗ワークウェアブランドが手がけるダウンジャケット。

ダウン90%にフェザー10%の割合で、700フィルパワーを誇る軽量で保温力のある1着に仕上がっています。

またステッチレスになっているので、中のダウンが抜けにくくなっているのもおすすめするポイントですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

 

3万円台

URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)×ナンガのダウンジャケット

価格: ¥38,500(税込)
評価:(3.71/5)

国内の大手セレクトショップであるアーバンリサーチの中で、ライフスタイル全般を扱うカジュアルベーシックなブランドですね。

大人のメンズに人気の高いブランドで、国内でも信頼と高い評価のあるシェラフメーカーであるナンガにパターンから別注したダウンジャケットがこちら。

洗浄・精製加工して新羽より綺麗なリサイクルダウンを使った定番人気のダウンジャケットです。

環境に配慮して仕上げられ、トレンドのゆるシルエットでもあるので、デザイン性もバッチリですよ。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

nano・universe(ナノユニバース)×東京西川ダウンのダウンジャケット

価格: ¥37,620(税込)
評価:(0/5)

毎年大人気の東京西川のダウンを使用したナノユニバースのダウンジャケットですよ。

東京西川独自の「フレッシュアップ加工」を施した、高品質で衛生的に進化したダウンは、抗菌加工も施しているから長いスパンでの愛用も安心ですね。

デザインは男らしい無骨な表情を残しつつ、ナノユニバースらしいシンプルなデザインで大人の着こなしを楽しめます。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 

patagonia(パタゴニア)ダウンのダウンジャケット

価格: ¥33,800(税込)
評価:(0/5)

パタゴニアはアメリカのアウトドアブランドとしてとても有名ですね。

40年以上ダウンアイテムを展開しており、機能性やデザインはもちろんながら環境にも配慮された世界的なブランドです。

一番人気がこちらのダウンセーターシリーズ。

800フィルパワーのトレーサブルダウン(親農場から被服縫製工場まで追跡され保証されているヨーロピアングースダウン)を使用。

保温機能はもちろんながら、アウターとしてだけでなく、インナーダウンとしても使える多機能を持ったおすすめのモデルです。

こちらのダウンをもっと詳しく見る

 


 

ブランドのダウンジャケットを使ったおしゃれなメンズの着こなしを紹介!

商品選びと同じくらい大事になってくるのが着こなし方ですよね。

せっかくかっこいいハイブランドのダウンジャケットを選んでも、着こなし方が台無しだとアイテムのよさも激減します。

それでは最後に今まで紹介してきたブランドのダウンジャケットを使ったおしゃれなメンズの着こなしを紹介します。

 

カナダグースのダウンジャケット×タートルネックニット×黒のスキニーパンツ×チャッカブーツ

カナダグースのダウンジャケット×タートルネックニット×黒色のスキニーパンツ×チャッカブーツ

参照元:http://wear.jp/

カナダグースのダウンジャケットをタートルネックニットでシンプルに組み合わせた大人の着こなしがこちら!

とても真似しやすい着こなしなのでおすすめですよ。

黒のスキニーパンツを合わせてYラインを作り、さらに黒のチャッカブーツでつま先までスッキリとしたシルエットに仕上がっていますね。

カジュアルアイテムとキレイめアイテムが見事に合わさり、インナーに白のタートルネックを合わせることでクリーンなスタイルが完成します。

 

 

カナダグースのダウンジャケット×タートルネックニット×デニム×モカシン

カナダグースのダウンジャケット×タートルネックニット×デニム×モカシン

参照元:http://wear.jp/

先ほどより少しカジュアルに寄せた大人な着こなしがこちら!

下半身はダメージデニムで少しカジュアル色が強いですが、モカシンでうまく大人感を上げていますね。

また、タートルネックにロンTを合わせた裾レイヤードを取り入れています。

レイヤードがないと少しスッキリとし過ぎてしまうので、上記の様な着こなしには裾レイヤードが◎!

裾レイヤードするポイントは、5cm(+2cmか-2cmまで)ほど出すのがベスト。

この長さを守れば気軽にワンランク上の着こなしができるので、ぜひ意識してみてくださいね。

 

 

モンクレールのダウンジャケット×ロンT×デニム×ニット帽子の着こなし

モンクレールのダウンジャケット×タートルネックニット×デニム×ニット帽子の着こなし

参照元:http://wear.jp/

こちらは人気が高まっているサーフ系スタイル。ポイントはミドル丈のダウンジャケットですよ。

ロンTにデニムのシンプルな着こなしですが、ダウンジャケットが高級なモンクレールだとおしゃれ映えしますね。

上記の着こなしの様にシンプルなアイテムであれば、難しい組み合わせでもないので、初心者でも気軽にかっこいいスタイリングを楽しめます。

 

 

デュベティカのダウンジャケット×ロンT×ジョガーパンツ

デュベティカのダウンジャケット×ロンT×ジョガーパンツの着こなし

参照元:http://wear.jp/

デュベティカのダウンジャケットは、ロンTとジョガーパンツを合わせてラフに着こなしていますね。

スポーティーな着こなしが今っぽく、デュベティカのロングダウンジャケットとのバランスもバッチリ!

ニットをプラスすることで季節感もアップできていますね。

 

 

タトラスのダウンジャケット×タートルネック×デニム

タトラスのダウンジャケット×タートルネック×デニム

参照元:http://wear.jp/

タートルネックにダウンはやはり相性抜群!!

タトラスのダウンジャケットはシルエットがとてもおしゃれなので、このようなキレイめスタイルに合わせることがおすすめですよ。

色使いもシックなイメージで、秋・冬コーデとしてはとても理想的なコーディネートです!

 

 

ピレネックスのダウンジャケット×シャツ×スキニーパンツ

ピレネックスのダウンジャケット×シャツ×スキニーパンツ

参照元:http://wear.jp/

シンプルなコーデでも高級ブランドのダウンを羽織ることで、一気におしゃれ度を格上げしてくれます。

ピレネックスのダウンジャケットにオーバーサイズの白シャツで、モード感漂うなスタイリングに仕上がっていますね。

ポイントはダウンジャケットとシャツのサイズ感。

シャツの裾がダウンジャケットより長くなっていることで絶妙なこなれ感を演出できています。

ダウンジャケットをおしゃれに着こなすにはアイテムの組み合わせも大切ですが、サイズ感はもっと大切ですよ。

 

 

ノースフェイスのダウンジャケット×デニム

ノースフェイスのダウンジャケット×デニム

参照元:http://wear.jp/

ノースフェイスの迷彩ダウンジャケットはインパクト抜群!シンプルにデニムを合わせてカジュアルに着こなしていますね。

こちらのノースフェイスの迷彩ダウンジャケットは最近人気があり、着こなしの幅は狭くなりますが、一枚物のおしゃれを楽しめるアイテムで注目です!

デニムには絶対合うアイテムなので、ダウンジャケットを複数お持ちなら、2着目3着目の購入におすすめ!

着こなし方はとてもシンプルで真似しやすい着こなく、トライしてみる価値アリですよ。

 

 

ナンガのダウンジャケット×ロンT×スラックス

ナンガのダウンジャケット×ロンT×スラックス

参照元:http://wear.jp/

ナンガのダウンジャケットにラフなインナーを合わせた着こなし方はナチュラルな雰囲気が魅力的。

細みのダウンジャケットを着こなしているので、シルエットがとても綺麗ですね。

スラックスはブラックカラーをチョイス。全体が引き締めて魅せるのもポイントですよ。

キャップなど全体的に少しカジュアルな雰囲気ですが、大人感をしっかりとキープしています。

 

 

パタゴニアのダウンジャケット×シャツ×セーター×デニム

パタゴニアのダウンジャケット×シャツ×セーター×デニム

参照元:http://wear.jp/

パタゴニアのダウンジャケットにハットを使った大人感の高い着こなし!

シャツ&セーターのレイヤードスタイルは、品よく見せつつ程よく個性的な雰囲気も演出してくれます。

パタゴニアのダウンのよさは、着膨れせずスタイリッシュなコーディネートが可能な所。

こちらのメンズの着こなしは、その特徴をしっかりと活かせていますね!

全体のスリムなシルエット・カラーバランス・アイテムのチョイスで、洗練された大人の着こなしが完成しています。

 


 

いかがでしたか?

ここぞという時の1着になりえるブランドのダウンジャケットに出会えましたか?

ブランドによって特徴は様々!安心かつ定番人気のブランドを選ぶのもいいですし、周りと少しでもかぶらない為に次世代のブランドを選ぶのもありです。

大事なポイントは、アイテム単体だけではなく着こなし方もしっかり把握し、ワンランク上の魅力あふれるダウンジャケットコーデを楽しんでくださいね。

今回はメンズに人気のダウンのブランド2020-21と、ダウンの選び方や着こなし方まで詳しく紹介します。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ