赤のTシャツは鮮やかな雰囲気で、明るい印象を引き出してくれます。

メンズで赤というと、コーデに取り入れにくい印象ですが、おしゃれに着こなすことができれば、周りの目を惹きつけるワンランク上のコーデが完成しますよ。

今回は赤のTシャツのメンズコーデと人気の赤のTシャツを紹介します。

Sponsored Link

赤のTシャツのメンズコーデ12例

赤のTシャツは少しの工夫をするだけで、おしゃれにコーデがキマります。

まずは赤のTシャツのメンズコーデを紹介しますね。

参考にしてみてください。

白T×カーゴパンツ×バケットハット

赤Tシャツ×白T×カーゴパンツ×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

ワイドなカーゴパンツを合わせたアメカジ&ストリートミックスコーデ。

カジュアルな雰囲気の強いカーゴパンツですが、アンクル丈で足元をスッキリさせることで野暮ったさを払拭。

白Tをレイヤードして襟元や裾から白を見せて爽やかさをプラスしています。

白のワイドパンツ×スニーカー

赤Tシャツ×白のワイドパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

白のワイドパンツと合わせて爽やか&上品に。

タックインすることでより大人っぽい印象を作れていますね。

足元は夏らしくスニーカーでカジュアルにまとめています。

ショートパンツ×スニーカー×キャップ

赤Tシャツ×ショートパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルでもクールなスタイルが魅力のストリートコーデ。

パッと鮮やかな赤を黒のパンツで引き締めています。

ボリュームのあるエアマックスはストリートコーデの足元にピッタリですね。

オープンカラーシャツ×白のタンクトップ×スニーカー

赤Tシャツ×オープンカラーシャツ×白のタンクトップ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

存在感の強い赤はコーデのアクセントにもよく使われます。

シャツのインナーに赤Tシャツを合わせ、モノトーンコーデに華を加えてくれています。

シックなレッドならシャツを脱いだ時に1枚でも抵抗なく着用しやすいですよ。

Sponsored Link

ワイドスラックス×サンダル×バケットハット

赤Tシャツ×ワイドスラックス×サンダル×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

発色のいいカジュアルな赤Tシャツを、黒のボトムスで大人っぽく。

Tシャツ以外を黒で統一することで赤が引き立ち、シンプルな無地Tでも十分な存在感がありますね。

足元はフラップサンダルで夏らしい涼しげな足元を演出しています。

ワイドデニム×スニーカー

赤Tシャツ×ワイドデニム×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

カジュアルで少し野暮ったい雰囲気が魅力の古着コーデ。

レッドをシックにすることでやや大人っぽい印象に。

ワイドデニムはロールアップで足元をスッキリさせ、野暮ったさを軽減していますね。

赤Tシャツ×カモ柄ショートパンツ×サンダル×サマーニット帽

赤Tシャツ×カモ柄ショートパンツ×サンダル×サマーニット帽

参照元:https://wear.jp/

海や川、キャンプなどのアクティブなシーンにおすすめの短パンコーデ。

ラフでカジュアルなスタイルが夏のレジャーシーンにピッタリですね。

ゆったりしたビッグシルエットTが、大人のリラックス感も演出してくれています。

白のカーゴパンツ×ローファー×たすき掛けシャツ

赤Tシャツ×白のカーゴパンツ×ローファー×たすき掛けシャツ

参照元:https://wear.jp/

一枚でも十分に主役になれる赤Tシャツですが、たすき掛けシャツでさらにこなれた雰囲気に。

カラーは同じアースカラーで相性のいいブラウンで落ち着いた印象にしています。

ミリタリーなカーゴパンツも、白なら上品で爽やかな雰囲気にしてくれますね!

Sponsored Link

バルーンパンツ×スニーカー×キャップ

赤Tシャツ×バルーンパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

ブリーチ柄で少し遊び心を加えたストリートコーデ。

元々カジュアルなカラーの赤なので、デザイン性があるアイテムを選ぶ場合は子供っぽくならないように注意が必要です。

Tシャツ自体が落ち着いた色味なのでカジュアルになり過ぎていないですね。

チャコールグレーのサーカスパンツ×スニーカー×ハット

赤Tシャツ×チャコールグレーのサーカスパンツ×スニーカー×ハット

参照元:https://wear.jp/

鮮やかなデザインでインパクト抜群のタイダイ柄も夏は根強い人気があります。

フェスなどの屋外イベントで特に人気ですね!

黒のハットで上品な大人の雰囲気を作り、タウンユースでも使える着こなしになっています。

ブラウンの半袖CPOシャツ×黒スキニー×スニーカー

赤Tシャツ×ブラウンの半袖CPOシャツ×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

ワイドなシルエットがトレンドではありますが、黒スキニーと作るYラインシルエットもやはり安定感があります。

特に大人メンズはパンツに関しては細身のシルエットが好きな方も多いはず。

ダークレッド×ブラウンの相性が良く、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

ショートパンツ×スニーカー×バケットハット

赤Tシャツ×ショートパンツ×スニーカー×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

好き嫌いが別れるソックス見せをサラッと取り入れたコーデ。

子供っぽくなりがちな短パンスタイルも、細身&シンプルにまとめて大人っぽくスマートな印象に。

アウトドア発祥のバケットハットですが、バケットハットもキレイめな雰囲気を作ってくれるアイテムですよ。

Sponsored Link

メンズに人気の赤のTシャツ4選

赤のTシャツは存在感があるので、おしゃれにコーデすることができますよね。

続いてはメンズに人気の赤のTシャツを紹介します。

glimmer(グリマー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:517円(税込、送料無料) (2021/4/15時点)

グリマーは、アクティビティに必要な機能性を備えたスポーティーブランドのパイオニア的存在のブランドです。

どんなシーンにも使いやすいベーシックで無地のTシャツ。

4.4オンスと程よい厚さの生地になっており、吸水速乾に優れているので快適な着心地をキープしてくれます。

タウンはもちろん、スポーツやアウトドアなどのアクティブなシーンでも幅広く使える一枚ですね。

GILDAN(ギルダン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:588円(税込、送料別) (2021/4/15時点)

ギルダンは、リーズナブルで高品質なコスパの高さに定評があるシャツブランドです。

こちらも無地同様に使いやすいポケット付きのTシャツ。

6.0オンスのしっかりとした生地で、ヨレやすい襟や袖、裾はダブルステッチ、方には補強テープなど、ディーテルにまでこだわりを感じます。

オーバーサイズでもスッキリと着こなせるアイテムですよ。

Sponsored Link

Champion(チャンピオン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2090円(税込、送料別) (2021/4/15時点)

ご存知の方も多いチャンピオンは、アメリカ発のカジュアルウェアブランドですね。

袖にブランドロゴを配したシンプルなTシャツ。

レッド系のカラーは、カジュアルで鮮やかなレッドと、落ち着いた赤茶色のマルーンの2色があり、好みやスタイルに合わせて選べます。

どんなコーデにも合わせやすいゆとりあるシルエットも魅力ですね。

KANGOL(カンゴール)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4290円(税込、送料別) (2021/4/15時点)

イギリスで創業したカンゴールは、帽子ブランドとして有名ですが、近年はファッションアイテムの展開にも力を入れています。

ブランドロゴがシンプルになり過ぎずに、いいアクセントになってくれるTシャツ。

無地には飽きてきた方や、少しデザイン性があるアイテムを探している方にもおすすめ。

ロゴは刺繍になっており、高級感のある素材でも差別化できる一枚ですね。

Tシャツに関するおすすめの記事

(関連記事)

まとめ

いかがでしたか?

赤のTシャツは幅広くコーデができ、工夫次第ではどんなスタイルにもしっかり馴染んでくれますね。

今年の夏は、着まわしのできる赤のTシャツで、おしゃれなメンズコーデを楽しんでくださいね。

今回は赤のTシャツのメンズコーデと人気の赤のTシャツを紹介しました。

Sponsored Link