メンズの秋コーデに必須のシャツは、コーデに清潔感を加え、大人っぽい雰囲気を演出してくれるアイテムですね。

今年の秋は、どんなアイテムをどう着こなしたら、オシャレにコーデできるのでしょうか?

そこで今回は、秋のシャツのメンズコーデと、秋にシャツを着こなすポイントを紹介します。

Sponsored Link

シャツを秋に着こなすポイント

女子にも好印象で、着まわし力が非常に高い「シャツ」ですが、

『いつも同じような着こなしをしている…』

『シンプル過ぎて何か物足りない…』

『どうすればオシャレになるか分からない…』

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、グッと今年っぽい秋コーデを演出できますよ!

それではさっそく、秋のシャツを着こなすポイントを紹介します。

①重ね着

ニットベスト

秋に周りと分かりやすく差をつけるシャツを着こなしには「ニットベスト」とのレイヤードがおすすめ。

シンプルに重ねるだけでコーデにデザイン性が加わり、こなれた印象にしてくれます。

ニットベストとシャツのレイヤード

参照元:https://wear.jp/

まずは無地×無地の重ね着からトライしてみましょう。

注意としては、シャツとニットベストのサイズ感(特にアームホールの大きさ)を合わせること。

着丈はシャツの方が裾からチラッと見える方が着回しもしやすくなります。

ジレ

また、近年ではテーラードデザインで前開きタイプの「ジレ」も人気。

ジレタイプのベストとのレイヤードコーデ

参照元:https://wear.jp/

レイヤードでもほとんど保温性を高めないので、夏にもよく使われます。

また、テーラードデザインがコーデにフォーマルな雰囲気も加えてくれますね。

フィッシングベスト

さらに一癖あるアイテムが欲しいなら「フィッシングベスト」もあります。

フィッシングベストとシャツのレイヤードコーデ

参照元:https://wear.jp/

機能性と実用性が追求されたポケット装飾や、タフな素材感が特徴的です。

ニットやスウェット

ニットやスウェットとシャツのレイヤードは定番の着こなしですね。

ニットやスウェットとシャツのレイヤード

参照元:https://wear.jp/

特にカジュアルになりやすいスウェットは、シャツをレイヤードすることで大人っぽい印象になります。

防寒性を高めるため、裾がリブ仕様で絞られているスウェットやニットも多いですが、レイヤードするならリブの絞りがキツくないものを選びましょう。

モックネックTシャツ

着こなしのバリエーションとして「モックネックT」も一枚持っておくと着こなしの幅を広げてくれます。

モックネックと重ね着

参照元:https://wear.jp/

首元からチラッと見せることで上品さが加わり、白なら爽やかさや清潔感もプラスしてくれますよ。

コーデにおいて首回りは非常に目立つポイントなので、首回りにアクセントを加えるだけで「何か違う」着こなしを演出できます。

Sponsored Link

②カラーリング

初心者編:色に迷ったら断然白シャツ

いろいろな柄やカラーがありますが、どれにしようか迷ったらまずは白シャツがおすすめ。

秋に限らず常に人気の白シャツは、清潔感があって秋にもやはり女子に好感度大ですよ。

(一枚でトップスに)

トップスとして一枚で着る

参照元:https://wear.jp/

(羽織りとして)

シャツを羽織りとして着る

参照元:https://wear.jp/

(インナーに)

シャツをインナーにした着こなし

参照元:https://wear.jp/

白シャツなら秋におすすめアイテムの、カーディガンやジャケットなどのライトアウターのインナーとしても相性が抜群。

カラーやデザインを選ばずに合わせられるだけで無く、キレイにまとまるのでおしゃれ初心者でも間違いありません!

白地に細めのストライプや細かめチェックも、白シャツ同様に着こなしができる上に、おしゃれ度もアップするのでおすすめポイントです。

中級者編:チェックシャツを使いこなす

暗くなりがちな秋コーデにチェックシャツは華やかさを加えてくれます。

グレーやネイビーなどのシックな色味や、ブラウンなどの落ち着いたカラーシャツも秋には似合います。

チェック柄は主張の強くないデザインを選ぶとコーデがしやすいですよ。

(一枚での着こなし)

チェックシャツを一枚で

参照元:https://wear.jp/

(モノトーンコーデに合わせる)

モノトーンコーデに合わせる

参照元:https://wear.jp/

カジュアルになり過ぎないようにまずはモノトーンコーデに合わせるのが王道。

チェックシャツはいつものコーデに取り入れやすいですし、上に着るだけで印象をガラリと変えくれる便利アイテムですよ。

1枚だけでもサマになるので、さっと羽織るだけで単調になりがちな秋のデイリーコーデのアクセントになってくれます!

③適度なラフさ

大人っぽい好印象なコーデは、「キメすぎない」「カジュアルすぎない」がポイントです。

気合いを入れすぎないで、どのアイテムも少しルーズに着こなすと、今年っぽさを演出できますよ。

適度にルーズに着こなす

参照元:https://wear.jp/

シャツもスラックスも細身で着こなし、革靴を合わせると完全に「仕事着」となってしまいます。

また、レザージャケットなどもピッタリジャストに着こなすと、バイカーのような少しハードな印象になりがちですが、シルエットをルーズにするだ毛でリラックス感のある着こなしができていますね。

④万能に使うなら程よいオーバーサイズを

トップスや羽織りだけでなく、インナーとしても使いたいならオーバーサイズ過ぎないシルエットを選びましょう。

オーバーすぎないシルエット

参照元:https://wear.jp/

合わせるボトムスは、細身のシルエットのものも好相性ですが、今はピチピチのスキニーよりも、余裕のあるテーパードシルエットのボトムスをチョイスすると格好いいですよ!

海外では評価が高いゆったり系のバギータイプや、タックのパンツにもこのサイジングのシャツなら、だらしなくならずにキレイなメンズの秋コーデを演出できます!

⑤秋らしい色味や素材を取り入れる

多くの方からオシャレに見られる要素として重要な「季節感」

全体的に落ち着いた色味にするだけでも秋冬らしさを作れますが、最も秋らしさを感じる色は、ブラウンやベージュなどの茶系のカラー」を取り入れること。

ブラウンのシャツを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

また、素材に関しても「ニット」「コーデュロイ」などの、起毛感があって温かみのある表情の生地も非常におすすめ。

コーデのどこかに、秋らしい色や、素材を取り入れることを意識しましょう。

Sponsored Link

シャツのメンズの秋コーデ10例

シンプルでスマートな着こなしが引き続き人気ですが、オシャレに着こなすには周りと少し違う個性やアクセントが必要です。

ポイントさえわかれば簡単に着こなせちゃいますよね。

続いてはシャツのメンズの秋コーデを紹介します。

ぜひこれらのおしゃれメンズの着こなしを参考にして、秋のコーデを楽しんでくださいね!

ベージュのシャツ×白T×ブラウンのスラックス×白スニーカー

シャツ×白T×スラックス×白スニーカー

参照元:https://wear.jp/

シャツとスラックスを合わせた定番のキレイめカジュアルコーデ。

ベージュ×ブラウンが秋らしい着こなしですね。

また、細身すぎるとキメ過ぎな印象になってしまうため、ルーズなシルエットで崩しています。

セットアップ×白のモックネックT×スニーカー×バケットハット

シャツ×セットアップ×白のモックネックT×スニーカー×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

くすみカラーのシャツのセットアップは、大人っぽい雰囲気に加えて季節感もありますね。

ルーズなシルエットとスニーカーでカジュアルダウンしつつ、モノトーンで大人っぽい雰囲気に。

バケットハットを足すことで程よいカジュアルさとキレイめな雰囲気がプラスされています。

白シャツ×ニットベスト×ベージュのテーパードパンツ×白スニーカー

シャツ×ニットベスト×ベージュのテーパードパンツ×白スニーカー

参照元:https://wear.jp/

白シャツにニットベストを重ねたコーデ。

全て無地のアイテムでシンプルな着こなしですが、バッグのアクセントも加えることで物足りなさや地味な印象を感じさせません。

白・ネイビー・ベージュは、爽やかで清潔感のあるカラーバランスで万人ウケしやすいですよ。

Sponsored Link

チェックシャツ×白T×黒のニットパンツ×革靴

チェックシャツ×白T×黒のニットパンツ×革靴

参照元:https://wear.jp/

同じアイテムを使ったとしても、差をつけられる着こなしとして人気のタックイン。

メンズでもかなり市民権を得てきており、抵抗を感じる方も少なくなってきているのではないでしょうか?

シャツはブラウン、パンツにニット素材を取り入れ、秋らしい季節感もしっかりと意識しています。

チェックシャツ×白の半袖シャツ×コーデュロイワイドパンツ×スニーカー

シャツ×白の半袖シャツ×コーデュロイワイドパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

白・黒のモノトーンにチェックシャツを合わせたコーデ。

シャツにシャツジャケットを合わせるのも定番の着こなしの一つになっています。

また、モノトーンと合わせることで、チェックシャツが主役としてより引き立っていますね。

ブルーのシャツ×レザーパンツ×スニーカー×ベレー帽

シャツ×レザーパンツ×スニーカー×ベレー帽

参照元:https://wear.jp/

デザイン性のあるシャツが遊び心を感じさせるコーデ。

サックスブルーが爽やかで、(フェイク)レザーパンツが大人っぽく周りと素材で差をつけています。

Sponsored Link

ベージュのシャツ×ブラウンのニット×ベージュのバルーンスラックス×ドレスシューズ

シャツ×ブラウンのニット×ベージュ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

秋らしい季節感たっぷりのブラウンコーデ。

白シャツをレイヤードすることで爽やかさがプラスされ、コーデにメリハリも生まれています。

ルーズなシルエットで崩しつつ、足元はドレスシューズで大人っぽくまとめていますね。

ブラウンのシャツ×チャコールのカーディガン×グリーンのワイドパンツ×ローファー

ブラウンのシャツ×チャコールのカーディガン×グリーンのワイドパンツ×ローファー

参照元:https://wear.jp/

秋に定番のライトアウターであるカーディガンコーデ。

ブラウン×チャコールのなじみがよく、落ち着いた雰囲気を演出できています。

また、ボトムスはブラウンと同じアースカラーであるグリーンを合わせているため、こちらも色のなじみやまとまりがいいですね!

ブラウンのシャツ×白T×ワイドデニム×ドレスシューズ

シャツ×白T×ワイドデニム×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

メンズファッションにおいてデニムパンツは欠かせないアイテムの一つですね。

色落ちし過ぎていない濃いインディゴのデニムならシックで秋らしく、カジュアルにもなり過ぎません。

重くならないようにロールアップでソックスを見せ、コーデを軽い印象に仕上げています。

白シャツ×スウェット×ネイビーのスラックス×ドレスシューズ

シャツ×スウェット×ネイビーのスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

代表的なカジュアルアイテムであるスウェットのレイヤードも人気が高まりつつあります。

襟元と裾からシャツをチラ見せすることで部屋着感がなくなり、大人っぽい印象に。

シューズもドレスシューズを合わせることで、上品にまとまっていますね。

関連記事

(シャツの秋の着こなし方法)

(シャツを使った秋のコーデ集)

<カラー別>

<柄別>

<素材・丈別>

    まとめ

    いかがでしたか?

    オールシーズン大活躍のシャツを、おしゃれに今年っぽく着こなすポイントを押さえたあなたは、おしゃれなメンズの仲間入りですね。

    この秋はぜひ、レイヤードスタイルのシャツコーデでおしゃれを楽しんでくださいね。

    今回は秋のシャツのメンズコーデと、秋にシャツを着こなすポイントを紹介しました。

    Sponsored Link