『ニットセーターだけだと何か物足りない!』

『ニットとシャツの重ね着をするときのポイントは?』

『ニットをもっとお洒落に着こなしたい!』

 

限られたメンズのトップスの中でも、大人っぽさを作ってくれる貴重な存在のニットセーター。

サッと無地のアイテムを羽織るだけでもサマになりますが、今のトレンドからすると「物足りなさ」や、「無難」な印象になりがちです。

ニットセーター+重ね着で、周りと差をつけるオシャレなコーデを楽しみましょう!

今回はニットセーターとシャツやパーカーの重ね着のコツと、メンズのオシャレな重ね着コーデを紹介します!

Sponsored Link

ニットセーターとシャツの重ね着のコツ!

ニットセーターは一枚だけでもオシャレを楽しめますが、重ね着の方法も知っていればグッとコーデに幅を持たせられるようになります。

インナーにシャツを着ることで清潔感や大人っぽさが加わり、メリハリやアクセントを加えることも可能。

また、無地×無地でもレイヤードならシンプルになり過ぎず、コーデをこなれた印象にしてくれますよ。

それではさっそくニットセーターとシャツの重ね着のコツを紹介していきます。

サイズ感

ニットもシャツも少しゆったりのオーバーサイズがトレンド。

ニットの襟元が詰まり過ぎていないものを選び、着丈は裾からシャツが少し見えるぐらいのサイズ感がバランスいいですよ。

サイズ感

参照元:https://wear.jp/

上記のような同系色や同色のコーデでもシャツを裾から見せることでメリハリができ、のっぺりした印象を与えません。

カラーの組み合わせ

『ニットセーターとシャツのカラーをどう合わせたらいいのかわからない…』という方もたくさんいると思います。

まず、セーターが白・黒・グレーのモノトーンの無地なら、ほとんどのカラーや柄のシャツを合わせてもコーデがキレイにまとまります。

カラーの組み合わせ

参照元:https://wear.jp/

失敗が怖い方は、白×グレーや白×黒などのモノトーンから始めましょう。

また、難しいなと思う方は、インナーは白のシャツからチャレンジしてみてくださいね。

白に合わない色は無く、白シャツがチラッと見えるだけでも一気に爽やかで清潔感のある印象を演出してくれます。

首元のデザイン

ニットセーターの首元は、大きく分けてVネックとクルーネックの二種類があります。

▼Vネックのニットセーター ▼

Vネックのニットセーター

参照元:https://ameblo.jp/

Vネックとは、文字通り首元が「Vの字」になっているものを指します。

シャープで洗練された男らしさを演出し、インナーとのコーデも楽しめますよ。

▼クルーネックのニットセーター ▼

クルーネックのニット

参照元:https://fashionwalker.com/

また、クルーネックとは、「首元が丸いラインでやや浅めになっているもの」を指します。

やわらかで爽やかな印象を与え、カジュアル・キレイめのどちらにも使いやすいのが魅力。

襟の形が違うだけでかなり印象が変わりますね。

昨今では「クルーネック」がトレンドになっていますが、少しずつ感度の高いメンズが「Vネック」も取り入れはじめていますよ。

Sponsored Link

ニットセーターとパーカーの重ね着のコツ

「ニットセーターにパーカー」と聞くと、かさばるイメージがありますがそんなことはありません!

パーカーとの重ね着のコツをつかむと、キレイめとカジュアルのバランスがいいとてもオシャレな着こなしになります。

続いてはニットセーターとパーカーの重ね着のコツを紹介します。

パーカーの種類・特徴を知る

パーカーの種類は、「プルオーバー」と「ジップアップ」の2種類があります。

ジップアップパーカー

参照元:https://isalesoft.top/

こちらのメンズが着ているパーカーは、「ジップアップタイプ」のパーカーです。

ジップアップタイプのパーカーの重ね着なら、薄手のニットセーターにサラリと羽織るととてもオシャレですね。

プルオーバーのパーカー

参照元:https://www.itokin.net/

プルオーバータイプのパーカーの重ね着なら、薄手のパーカーにシンプルなニットセーターを羽織り、フードを出せば可愛らしく着こなせます。

パーカーの特徴を知り、オシャレに着こなしてみてくださいね。

ボリューム感

厚手のアイテム同士を重ね着すると、着太りするのは当然ですよね。

そのため、ニットはしっかりとオーバーサイズのアイテムを選びましょう。

ボリューム感

参照元:https://wear.jp/

ニットがオーバーサイズなので着膨れせず、リラックス感のある着こなしになっています。

また、ニットもパーカーも裾のリブがキツイと、生地がずり上がってきてお腹あたりでポッコリしてしまうので、裾がキュッとしていないアイテムを選んでくださいね。

色合わせ

パーカーとのレイヤードは、シャツよりもカジュアルな雰囲気が強いため、シャツとの重ね着よりも色合わせに注意が必要。

まずはやはり白・黒・グレーで統一したモノトーンコーデから始めましょう。

色合わせ

参照元:https://wear.jp/

アイテムがいろいろとそろってくれば、

  • モノトーン+1色
  • 小物でアクセント

など、簡単で分かりやすい着こなしから少しずつ個性を加えていってみてください。

Sponsored Link

ニットセーターのメンズの重ね着コーデ15例

さきほど重ね着の紹介したコツを思い出しながら、今から紹介する重ね着のコーデを参考にしてみてくださいね!

続いてはニットセーターのメンズの重ね着コーデを紹介します。

ニットセーターとシャツの重ね着コーデ

白のコーデュロイバルーンパンツ×スニーカー

ニット×シャツ×白のコーデュロイバルーンパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

ネイビー×白は爽やかで清潔感があり、万人ウケしやすいカラーバランス。

シンプルになり過ぎないようにニットにアーガイル柄を取り入れていますね。

キメ過ぎにならないように上下ルーズなシルエットで崩しています。

ベージュのスラックス×ドレスシューズ

ニット×シャツ×ベージュのスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

上下を同系色で合わせたブラウンコーデ。

白シャツをレイヤードすることで爽やかな雰囲気がプラスされ、トップスとボトムスでメリハリも生まれています。

ぼんやりした印象にならないように足元は黒のドレスシューズで引き締めていますね。

ベージュのスラックス×ドレスシューズ

ニット×シャツ×ベージュのスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

シンプル過ぎるなぁと感じる時はチェック柄をアクセントに取り入れるのもおすすめ。

1枚で着るとカジュアルになりやすいチェックシャツですが、ニットが程よく主張を抑え、華やかにしてくれますよ。

Sponsored Link

ブラウンのチェックパンツ×スニーカー

ニット×シャツ×ブラウンのチェックパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

襟元が少し詰まり気味のニットなら、シャツの襟は全部出さなくても大丈夫です。

ブラウンなどのくすみカラーはおじさんっぽくなりやすいですが、白シャツが地味な印象を払拭。

さらに巾着バッグでアイテムを重ねつつ、同系色で統一感のある仕上がりになっています。

ブルーのワイドコーデュロイパンツ×ローファー×キャップ

ニット×シャツ×ブルーのワイドコーデュロイパンツ×ローファー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルになりそうなカラーやシルエットでも、シャツをレイヤードすれば大人スタイルに。

足元をロールアップでスッキリと見せ、ローファーを合わせているので上品にまとまっていますね。

白のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

ニット×シャツ×白のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

ニットはクルーネックでもVネックでもない「ハーフジップ」をチョイス。

ジッパーの開け具合で襟元の印象を変えられるアイテムで、ハイネックが上品さや小顔効果も作ってくれています。

無地でもネックを変えてあげれば、ガラッと雰囲気を変えられますよ。

チャコールのワイドスラックス×ドレスシューズ

ニット×シャツ×チャコールのワイドスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

サイドに大きくスリットが入ったニットを使ったコーデ。

サイドにスリットが入ることでシルエットがキレイにキープされ、締め付けがないのでレイヤードもしやすいですよ。

トレンド性は無いものの、いつの時代も好印象な白×ブルーで爽やかに演出しています。

Sponsored Link

ニットセーターとパーカーの重ね着コーデ

ベージュのワイドスラックス×ローファー

ニット×パーカー×ベージュのワイドスラックス×ローファー

参照元:https://wear.jp/

ベージュ×ブラウンの1トーンコーデ。

ぼんやりしやすいくすみコーデですが、黒パーカーとレイヤードすることでこなれ&引き締めた印象に。

ニットのサイドスリットのボタン装飾がさりげなくいいアクセントになっていますね。

ニット×パーカー×ボアブルゾン×デニムパンツ×スニーカー×キャップ

ニット×パーカー×ボアブルゾン×デニムパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

あまり個性的になり過ぎないようにトップスを同色でまとめたコーデ。

ボアジャケットとパーカーだけの重ね着だとカジュアルになりやすいですが、ニットをレイヤードすることで大人っぽい印象に。

野暮ったくならないようにパンツは細身を合わせていますね。

ブラウンのチェックパンツ×ブーツ

ニット×パーカー×ブラウンのチェックパンツ×ブーツ

参照元:https://wear.jp/

チルデンニットのラインが目を引くコーデ。

パーカーとパンツは濃淡を変えたブラウンで秋らしい季節感を演出。

落ち着いたカラーバランスで大人っぽくまとまっていますね。

黒のフレアパンツ×サイドゴアブーツ×キャップ

ニット×パーカー×黒のフレアパンツ×サイドゴアブーツ×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルなブルーのキャップを差し色に使ったコーデ。

上下が黒でも白のパーカーをレイヤードしているので重たい印象を受けませんね。

Sponsored Link

ベージュのバルーンパンツ×スニーカー

ニット×パーカー×ベージュのバルーンパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

白×ブルーが爽やかなコーデ。

秋冬は暗くて地味になりがちなので、白のパーカーを1枚持っておけばコーデをパッと明るくしてくれます。

上下かなりルーズなシルエットで今っぽい着こなしになっていますね。

グリーンのCPOジャケット×白のワイドコーデュロイパンツ×スニーカー

ニット×パーカー×グリーンのCPOジャケット×白のワイドコーデュロイパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

インパクトのあるチェック柄のニットを使ったコーデ。

暗くなりがちな秋冬コーデを白パンツがパッと明るい雰囲気に。

また、コーデュロイ生地が季節感を演出してくれています。

パーカー×シューカーとパンツ×レザーシューズ

ニット×パーカー×シューカーとパンツ×レザーシューズ

参照元:https://wear.jp/

ざっくり開いたイエローのVネックニットが目を引くコーデ。

パンツやシューズを黒にすることでイエローのニットが引き立ち、コーデもカジュアルになり過ぎません。

フレアパンツの中でも「シューカット」は広がり過ぎないシルエットで、初心者にもおすすめですよ。

黒のワイドパンツ×グレースニーカー×ニット帽

ニット×パーカー×黒のワイドパンツ×グレースニーカー×ニット帽

参照元:https://wear.jp/

ゆるっと大きいグリーンのニットを主役にしたコーデ。

ニット特有の編み地が、無地でもコーデに表情を生んでいます。

シックな色合わせで全体の雰囲気を落ち着かせつつ、パーカーやニット帽・スニーカーでカジュアルにまとめていますね。

ニットセーターに関する記事

(秋に着こなすポイント)

    (ニットセーターの人気ブランド)

    (色・柄別のコーデ記事)

    <定番色>

    <定番色以外>

    <柄物>

    まとめ

    いかがでしたか?

    簡単そうに見えて奥が深い重ね着は、とてもインパクトがあるので、周りと差をつける一味も二味も違った秋のオシャレが楽しめますね!

    ニットセーターの秋の重ね着コーデで、ぜひこれからの季節のファッションを楽しんでください。

    今回はニットセーターとシャツやパーカーの重ね着のコツと、メンズのオシャレな重ね着コーデを紹介しました。

    Sponsored Link