LINE@の登録はコチラ

黒のコートや黒パンツのホコリ予防と取り方やアイテムを紹介!


黒のコート黒パンツを着ようとしたら、ホコリがたくさん付いていた経験をお持ちの方は少なく無いと思います…

しかもパッパッとはらっても簡単に取れない…

おしゃれしてかっこよくキメたいのに、黒のコートや黒パンツがホコリだらけ…

ホコリだらけだと清潔感も無く、せっかくのおしゃれも台無しになってしまいます。

 

『黒のコートや黒パンツについたホコリが気になる』

『でも、ホコリを付けないためにどう対策したらいいのかわからない』というあなたの為に!

今回は黒のコートや黒パンツのホコリ予防と、取り方やアイテムを紹介します。

Sponsored Link

 

黒のコートや黒パンツのホコリ予防のアイテムと使い方を紹介!

黒のコートや黒パンツは少しでもホコリがつくと、他のアイテムよりも目立ってしまいます。

外出前に念入りに取っても「いつの間にか、またホコリがついている…」と、黒のコートや黒パンツにつくホコリはなかなかの曲者(くせもの)です。

おしゃれな着こなしのためにも、ホコリの予防ができるのであれば対策したいですよね。

それではさっそく、黒のコートや黒パンツのホコリ予防ができるアイテムや使い方を紹介します。

最後には、驚きの予防対策の動画も紹介していますので、ぜひ参考にして試してみてくださいね。

 

予防法①静電気スプレー

ホコリ予防法の1つ目は、静電気スプレーを使うことです。

黒のコートや黒パンツにホコリがつく原因に、「静電気」が大きく関係しています。

 

静電気

参照元:https://www.tshirt.st/casualnote20191127/

 

静電気と言うと、「冬の乾燥した季節だけでは…?」と、思う方も多いかもしれません。

梅雨時期や夏場は、湿度の高さで冬に比べて静電気が抑えられていますが、実は静電気は一年中発生しているんです。

ちょっとした摩擦でも発生する静電気を抑えることで、黒のコートや黒パンツにつくホコリ予防に。

そこで一番身近で手軽にできる対策が静電気スプレーです。

 

▼LION エレガード▼

静電気スプレーは、黒のコートや黒パンツを着用する前に使用しますが、スプレーする際に、ホコリがついてない状態で使用してくださいね。

「ホコリが絶対につかない」とは言い切れませんが、何もしないよりも効果を実感できるでしょう。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

予防法②柔軟剤を入れて洗濯する

毎日のお手入れでも黒のコートや黒パンツのホコリ予防ができます。

洗濯の仕上げとして「柔軟剤」を使用しますよね。

何気なく使用している柔軟剤が、静電気を抑えるのに役立っているんです。

 

いろんな柔軟剤

参照元:https://my-best.com/850

 

黒のコートは、素材によっては洗濯できないものもありますが、毎回お洗濯する黒パンツに柔軟剤はオススメですよ。

 

▼LION ふんわりソフラン▼

ホコリがつきやすい黒パンツをお洗濯するときは、必ず裏返してネットに入れましょう

裏返してネットに入れるだけでも、洗濯時についてしまうホコリや糸くず予防になります。

繊維が抜けやすいタオルやセーター、裏起毛のアイテムなどと黒パンツは極力一緒に洗濯しないでくださいね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

予防法③カバーをかけて保管する

黒のコートのホコリ予防の基本として、カバーをかけて保管することも忘れないでくださいね。

 

たくさんのコートカバー

参照元:https://www.amazon.co.jp/

 

コートなどのアウターは、収納しているだけでも肩部分にホコリがつきやすくなります。

黒のコートを毎回しまうたびにカバーを掛けることは少し面倒かと思いますが、ちょっとした一手間で気になるホコリを予防できるなら、実践してみる価値はあるでしょう。

 

▼コートカバー▼

コートカバーは黒のコートや黒パンツのホコリ予防としてだけでなく、湿気対策にもなり、大切なアイテムを長持ちさせるためにもオススメの方法ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

予防法④静電気が発生しにくい素材で組み合わせる

黒のコートや黒パンツのホコリ予防

参照元URL http://liter-mens.com/

静電気スプレーで黒のコートやパンツのホコリ予防をしても、どうしてもホコリがついてしまうことがあります。

そんな時は、黒のコートや黒パンツに合わせるアイテムの素材を見直してみてください

 

静電気を発生させにくい組み合わせ

参照元:https://www.tshirt.st/casualnote20191127/

 

冬のコーデだと、「マフラーやセーターなどの繊維がついて困る」なんてこと多くありませんか?

黒のコートやパンツは、普通に歩いているだけでもマフラーなどの他のアイテムとこすれて静電気が発生し、繊維やホコリがつきやすい状態に。

生地同士の摩擦で静電気が発生しますが、黒のコートやパンツと同じ性質の生地のアイテムを合わせることで、静電気の発生を抑えることができるのです。

 

◼︎プラスに帯電する素材◼︎

  • ウール
  • 羊系
  • レーヨン
  • ナイロン

◼︎マイナスに帯電する素材◼︎

  • アクリル
  • ポリエステル
  • 塩化ビニル

 

上記のように、「プラス+プラス」「マイナス+マイナス」だと静電気を抑えられますが、「プラス+マイナス」だと静電気が発生してホコリがつきやすくなってしまいます。

黒のコートは、表地を気にすることが多いですが、表地と裏地が「プラス+マイナス」になっていることが多いので注意してみてください。

この要領をふまえた上で、黒のコートや黒パンツに合わせるアイテムの素材にも、ホコリ予防として意識してみてくださいね。

 

 

予防法⑤防水スプレー

防水スプレーも、黒のコートやパンツのホコリ予防に効果的なアイテムです。

静電気スプレーや柔軟剤などの予防法を紹介しましたが、これらの方法は効果があまり長続きしないというデメリットがあります。

防水スプレーは、静電気スプレーや柔軟剤などよりも持続性があり、ホコリ予防に抜群の効果を発揮してくれます。

 

コートに防水スプレー

参照元:https://www.roomie.jp/2019/01/483335/

 

使用方法は静電気スプレーと同様、黒のコートやパンツにまんべんなく吹きかけるだけの簡単な作業です。

防水スプレーが生地の表面をコーティングし、水を弾いてくれます。

そのコーティングが、黒のコートや黒パンツにホコリがつくことも防ぐ効果があるのです。

ホコリも水も防いでくれるとは、まさに一石二鳥ですね。

 

ただ、防水スプレーによっては、効果が弱かったり、持続性がない物もあります。

そこでオススメなのが、「ドライバリア365」

 

ドライバリア365は、テレビなどでも紹介されるほど、「効果が凄い!」と話題になっている商品です。

ホコリと防水スプレーは関係ないかと思われますが、騙されたと思って一度試してみてください。

今まで黒のコートや黒パンツにつくホコリに悩んでいたのが、ウソのように効果を発揮してくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

▼ドライバリアの効果はこちら▼

参照元URL https://yasuharazakka.com/archives/1937.html

 

Sponsored Link

 

黒のコートや黒パンツについたホコリの取り方やアイテムを紹介!

続いては黒のコートや黒パンツについたホコリの取り方を紹介します。

黒のコートや黒パンツについてしまったホコリは、手ではらうだけではなかなか取れないですよね。

『予防する前についてしまったホコリはどうすればとれるの?』

『せっかくホコリ予防したのについてしまった…』

という時にも役立ちますよ。

 

取り方①ガムテープ

ホコリの取り方1つ目は、恐らく実践したことがある方も多いガムテープを使用します。

家に必ずあって、手軽にホコリ取りができるので便利ですよね。

サッと切ってペタペタと、黒のコートや黒パンツについたホコリ取りを手軽に行えるガムテープですが、一つだけ注意して頂きたいことがあります。

粘着力が強い布のガムテープだと生地を痛めてしまうことがあるので、粘着力の低い紙のガムテープを使用してくださいね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

取り方②コロコロ

ガムテープよりも楽で、お掃除にも便利なコロコロも一度は使用したことがありますよね!

朝の忙しい時間でも手軽で簡単にホコリが取ることができますよ。

お掃除用の大きい物だと使いづらいですが、生地を傷めない服用のコロコロも販売されています。

お出かけ前にサッと使用できるよう、コンパクトで縦置きできるタイプがオススメ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

取り方③エチケットブラシ

ホコリの取り方3つ目は、エチケットブラシを使用した方法です。

エチケットブラシは「洋服のホコリ取り専用」というだけあって、洋服についたホコリをキレイに取ることが可能。

表面を撫でるように滑らすだけで、凸凹とした素材に入り込んだホコリもしっかりと絡め取ってくれますよ。

携帯用のエチケットブラシだと、外出先でもホコリがついたらすぐ使用できるので便利です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

取り方④洋服ブラシ

洋服ブラシもおすすめアイテムですが、クローゼットにしまい込んで眠っていませんか?

もし眠っているのなら、ぜひホコリ取りに活用してください。

洋服ブラシは、ホコリやごみを取り除くだけでなく、黒のコートやアウターなどの表面を滑らかにし、肌触りや艶を長持ちさせてくれます。

目に見えない花粉も落としてくれるので、花粉の時期にも重宝しますよ。

洋服ブラシを選ぶ際は、静電気を発生させない「天然毛タイプ」を選んでくださいね!

ホコリ取りのためだけでなく、大事な服をケアするためにも洋服ブラシは揃えておきたいアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

取り方⑤キッチンスポンジ

『キ、キッチンスポンジ!?』と、思うかもしれませんが、実はキッチンスポンジもホコリを取るのに便利なんですよ。

キッチンスポンジを使用したホコリの取り方もとても簡単。

  1. 上記のようなスポンジを用意する。(※目の粗さは問いません。100均などでも可)
  2. ホコリが気になる部分に、優しく当てて撫でるように滑らせる。(※生地を傷めてしまう恐れがあるので、決してムリに力を入れず、優しく行うことがキレイに取るポイント)

外出先でコロコロやエチケットブラシなどが無くて困った時に、コンビニでも手に入れられるキッチンスポンジは以外に便利ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

Sponsored Link

 

ホコリがつかない黒のコートや黒パンツの選び方を紹介!

ホコリを取ったり予防できるということを知っても、正直面倒だ…と感じる方もいらっしゃるかと思います。

何もしなくてもホコリがつかないのが理想ですよね。

それでは最後にホコリがつかない黒のコートや黒パンツの選び方を紹介します。

 

①静電気を発生させにくい素材を選ぶ

ホコリがつかない黒のコートや黒パンツの選び方

参照元URL http://motto-kireini.com/

最初にもお話した通り、黒のコートや黒パンツにホコリがつく原因は静電気です。

そして、静電気が発生するのは、生地の素材にも原因があります。

 

素材別の帯電率

参照元:https://blog.miraikan.jst.go.jp/other/20131113post-432.html

図の真ん中に近い、絹・革(レザー)・木綿(コットン)・麻などは静電気が発生しにくい素材です。

ホコリがついて気になる黒のコートや黒パンツのタグを確認してみてください。

タグに「綿(コットン)〇%」など、素材比率が表記されていますよね。

冬物にはアクリルやウールなどの素材が多く、どうしてもホコリがつきやすくなります。

お店で購入する前にタグを確認し、上記を参考にして選んでみてくださいね。

 

 

②静電気防止機能付き

ホコリがつかない黒のコートや黒パンツの選び方

参照元URL http://amazon.co.jp/

最初から静電気防止機能が付いている黒のコートや黒パンツもあります。

静電気を逃がす仕組みの導電繊維入りで、静電気を溜め込まずにホコリがつきにくい仕様に。

しかし現状では、作業着やスポーツウェアには多く販売されていますが、普段着としてはあまり販売されていません。

もしも、静電気防止機能付きの黒のコートや黒パンツを見つけたら、ホコリ予防や対処の面倒な手間が省けるので選んでみる価値はありますよ。

 

 

あとがき

いかがでしたか?

今まで悩んでいた黒のコートや黒パンツにつくホコリの予防や取り方がわかると、もっとおしゃれを楽しめそうですね。

あなたに合った方法で、ホコリを防いで黒のコートや黒パンツをおしゃれに着こなしてくださいね。

今回は黒のコートや黒パンツのホコリ予防と、取り方やアイテムを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ