夏の大きな音楽イベントであるフェス

今年も無事に開催されることを願っているファンは多いですよね。

フェスにおいては、おしゃれさに加え、動きやすさや快適さなどの「機能性の高さ」にもこだわる必要があります。

ベテランさんはまだしも、はじめての方は「どんな服装が良くて、気をつけることなどはあるの?」と悩むことも多いですよね。

そこで今回は夏フェスのメンズのコーデと、夏フェスで使えるオシャレなアイテムを紹介します。

Sponsored Link

夏フェスのファッションで気をつけるポイントは?

夏フェスのファッションで気をつけるポイントは?

参照元:https://spice.eplus.jp/

夏フェスは、夏の猛暑の中で行われる非常にアクティブなイベント。

基本的には1日中歩いたり飛び跳ねたりすることが当たり前であるため、「身軽で動きやすい服装」は絶対的に必要です。

【夏フェスファッションの注意ポイント】

  • 軽装で動きやすい
  • 吸水性や速乾性・通気性・接触冷感など、機能性インナーを活用する
  • 貴重品はウエストポーチやサコッシュなどのミニバッグに
  • サンダルの場合はクッション性の高い、履き心地の良いアイテムを選ぶ
  • バケットハットやサファリハットなどのヘッドウエア(撥水性や防水性を備えたものがおすすめ)
  • 急な雨や夜の冷え込み用に、マウンテンパーカーなどの機能性の高いライトアウター(折り畳めるパッカブル仕様のアイテムが便利)

動きやすさだけでなく、「疲れにくさ」も重要なポイントです。

安価なサンダルはクッション性が低く、非常に疲れやすいので、スポーツサンダルなど、はき心地に優れたアイテムを選んでくださいね。

また、夏場は急な天候不良に見舞われることもしばしばあるので、雨が降ってきても対応できる用意はしておきましょう。

Sponsored Link

夏フェスのメンズのコーデ16例

フェスといっても楽しみ方はさまざま。

基本は動きやすい服装が前提ですが、夜は冷えることもあるので、ライトアウターも必要!

ベテランさんのコーデを参考にしながら、着こなし方を見ていきましょう!

それではさっそく、夏フェスのメンズコーデを紹介します。

バンドT×黒のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

バンドT×黒のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

フェスの際には好きなバンドのTシャツを着られる方も多いですよね!

黒の1トーンで統一すればTシャツのデザインが引き立ち、主役として存在感を発揮してくれます。

また、黒で引き締めておけばカジュアルになりすぎることもありませんのでおすすめですよ。

カーキのマウンテンパーカー×黒のハーフパンツ×赤のソックス×黒のサンダル

カーキのマウンテンパーカー×黒のハーフパンツ×赤のソックス×黒のサンダル

参照元:https://wear.jp/

ゆっくりとフェスを楽しむのにぴったりな着こなし。

足元はサンダルを合わせているので、あまり前線に行くと怪我をしやすく、後ろの方で楽しむのにぴったり。

落ち着きのあるカーキに黒でしっかり引き締め、赤を上手く差し色に使っています。

ベージュT×黒のパンツ×サンダル×バケットハット

ベージュのTシャツ×黒のパンツ×サンダル×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

ベージュと黒で落ち着きのある着こなし。

シンプルな着こなしですが、動きに制限もなく快適に動けますよ。

足音は柄のソックスでアクセントをつけて、こなれた雰囲気に仕上げています。

バンドT×イエローのショートパンツ×白スニーカー×キャップ

バンドT×イエローのショートパンツ×白スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

白のバンドTにイエローのショートパンツで夏らしい爽やかなコーデ。

タウンと違い、少しカジュアルなぐらいの方が夏フェスらしい雰囲気になります。

白Tと合わせて足元も白でリンクカラーしているので、統一感のある着こなしになっていますね。

Sponsored Link

白T×黒のショートパンツ×黒のサンダル×バケットハット

白のTシャツ×黒のショートパンツ×黒のサンダル×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

白と黒でスタイリッシュな夏フェスコーデ!

バッグもミニショルダーバッグで軽装なので、アクティブに動けますね。

メリハリのあるカラーでクールな雰囲気も◎です。

白のロンT×黒のバックパックベスト×黒のハーフパンツ×黒のサンダル×黒のバケットハット

白のロンT×黒のバックパックベスト×黒のハーフパンツ×黒のサンダル×黒のバケットハット

参照元:https://wear.jp/

今後も白と黒でスタイリッシュな着こなし。

こちらはバッグでなく、バックパックのベストで荷物を収納!

「バッグを持つのすら嫌!」と言う方におすすめですよ。

黒T×ベージュのフィッシングベスト×オレンジのハーフパンツ×黒のサンダル

黒のTシャツ×ベージュのフィッシングベスト×オレンジのハーフパンツ×黒のサンダル

参照元:https://wear.jp/

普段からも人気が上がっているフィッシングベストとの着こなし。

落ち着きもあるカラフルなカラー使い出が◎

夏らしいアクティブ感もありますね。

白T×デニムパンツ×スニーカー×キャップ

白のTシャツ×デニムパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

Tシャツにデニムのシンプルな着こなしですね。

足元はカーキのサンダルでアクセントをつけ、黒のキャップでスポーティに合わせています。

Sponsored Link

白T×ブルーのショートパンツ×オレンジのソックス×白のスニーカー

白のTシャツ×ブルーのショートパンツ×オレンジのソックス×白のスニーカー

参照元:https://wear.jp/

夏らしいポップなカラーにアクティブな雰囲気が◎

ボディバッグでスポーティな雰囲気をアクセントにしています。

グリーンT×黒のショートパンツ×タイダイ柄のソックス×黒のサンダル

グリーンのTシャツ×黒のショートパンツ×タイダイ柄のソックス×黒のサンダル

参照元:https://wear.jp/

タイダイ柄のソックスがアクセントになっていますね。

トップスは裾のレイヤードでこなれ感アピール。

ショルダーバッグ、ハット、ソックスをうまく合わせ、個性を出したスポーティカジュアルに仕上げています。

黒のマウンテンパーカー×白T×青のショートパンツ×黒スニーカー

黒のマウンテンパーカー×白のTシャツ×青のショートパンツ×黒のスニーカー

参照元:https://wear.jp/

ショートパンツのライムグリーンがアクセントになっていますね。

黒のマウンテンパーカーに白のTシャツでスタイリッシュな着こなしに、クールな大人の雰囲気が◎。

足元も派手でスポーティなデザインが、個性をしっかりアピールしてくれています。

黒のバンドT×バンダナ柄のワイドパンツ×ポンプフューリー×ヘアバンド

黒のバンドT×バンダナ柄のワイドパンツ×ポンプフューリー×ヘアバンド

参照元:https://wear.jp/

バンドTをメインとしつつ、バンダナ柄のワイドパンツで個性的に。

上下ともに主張が強めのデザインですが、ブラックをベースとしているのでカジュアルになり過ぎていませんね!

ヘアバンドも周りと差別化するいいアクセントになっています。

Sponsored Link

白T×迷彩のショートパンツ×黒スニーカー×バケットハット

白のTシャツ×迷彩のショートパンツ×黒のスニーカー×ベージュのバケットハット

参照元:https://wear.jp/

シンプルな着こなしですね。

白のトップスに迷彩柄のショートパンツでアクセントをつけ、黒のスニーカーでクールに演出。

フェスらしいハットを被り、大人のフェスコーデが完成です。

白T×黒ベスト×ベージュのショートパンツ×サンダル

白のTシャツ×黒のベスト×ベージュのショートパンツ×黒のサンダル

参照元:https://wear.jp/

白のTシャツにミリタリーベストの重ね着。

バッグがない分、ベストのポケットで収納場所を作り、アクティブに動けるようにしています。

足元は人気のスニーカーサンダルを合わせ、軽くて動きやすく◎です。

ネイビーの半袖シャツ×白T×ネイビーのショートパンツ×黒スニーカー

ネイビーのシャツ×白のTシャツ×ネイビーのショートパンツ×黒のスニーカー

参照元:https://wear.jp/

シンプルの中でもしっかり個性が光る着こなしですね。

ネイビーのジャケットとショートパンツのセットアップでこなれた雰囲気を演出。

足元は白のソックスを大胆に上げて個性を出し、黒のスニーカーでしっかり引き締め。

一歩間違えば子供のような着こなしですが、サイズ感がとても◎です。

ベージュのシャツ×ベージュのショートパンツ×ベージュのサンダル

ベージュのシャツ×ベージュのショートパンツ×ベージュのサンダル

参照元:https://wear.jp/

アースカラーで合わせた大人のやわらかコーデ。

ベージュはソフトな雰囲気があるので、カジュアルな着こなしでも上品に見えますね。

バッグを持たず、スマホのショルダーストラップで、身軽さとコーデのアクセントにしています。

Sponsored Link

夏フェスで使えるオシャレなアイテム6選

夏フェスのコーデはいかがでしたか?

コーデがわかれば、後は足りないアイテムの準備ですね。

しっかりと準備してフェスを楽しんでくださいね。

最後はおしゃれな夏フェスで使えるアイテムを紹介します。

サファリハット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5170円(税込、送料別) (2022/5/3時点)

夏フェスで使える定番なヘッドウエアであるサファリハット

夏の厳しい日差しをしっかり防ぎながら通気性に優れ、顔まわりに影を作ってくれることで小顔効果もあります。

また、急な天候不良にも対応する撥水機能も備えていますよ。

夏フェスはカジュアルなスタイルになりやすいため、カラーは断然「黒」がおすすめです。

機能性インナー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1330円(税込、送料無料) (2022/5/3時点)

Tシャツ1枚で過ごすよりも、実は涼しくて快適にしてくれる機能性インナー

吸水速乾性に優れ、接触冷感、ストレッチ性、UVカットと、夏フェスに嬉しい機能が満載です。

バンドTなどはデザイン重視のアイテムなため、機能性インナーを活用することで快適な着心地をキープしてくれますよ。

身近で手頃な所で言うと、UNIQLO(ユニクロ)のエアリズムもおすすめですね。

ショートパンツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:7700円(税込、送料無料) (2022/5/3時点)

夏のショートパンツといえばグラミチ

ブランド定番のクライミングショーツを現代のニーズにアップデートしたモデルです。

180度開脚が可能なガゼットクロッチや、片手でウエストの調整が可能なウェービングベルトが特徴的ですね!

オーバーサイズのトレンドに合わせ、ショートパンツもややゆったりのサイズがおすすめですよ。

パッカブルジャケット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:14380円(税込、送料無料) (2022/5/3時点)

アウトドアからタウンでもおなじみのノースフェイス

ストリートにも映えるスポーティーなウィンドブレーカーです。

軽量ポリエステル生地のパッカブル仕様でコンパクトに持ち運べ、寒い時にサッと取り出せてかさばることもありません。

フェスはもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンに一つ持っておくと安心ですよ。

ウエストポーチ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5500円(税込、送料無料) (2022/5/3時点)

こちらもノースフェイスのウエストポーチ

軽量で使いやすく、しかもしっかりと両手が開くので安心。

容量が4リットルとしっかり入るのも嬉しいですね。

スポーツサンダル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5499円(税込、送料無料) (2022/5/3時点)

アクティブな動きにも対応してくれるTEVA(テバ)のスポーツサンダル

ここ数年人気を集めているサンダルで、タウンではソックスと合わせた着こなしも多く見られます。

トレッキングソールを採用し、はき心地や耐久性に優れ、サンダルでも足を疲れさせません。

また、ストラップが足をしっかりとホールドしてくれるので、動きやすさも備えていますよ。

まとめ

おしゃれなメンズのコーデを参考にし、楽しい夏フェスをすごしてくださいね。

今回は夏フェスのメンズコーデと、夏フェスで使えるオシャレなアイテムを紹介しました。

Sponsored Link