メンズファッションのジャンルの中で、サーフィンをしない人の中でも定着しつつある「サーフファッション」

ラフでカジュアル、でも大人っぽさも忘れていないスタイルは、30代以上のメンズからも支持されています。

周りと差をつけたオシャレなサーフファッションをするためにも、人気のサーフブランドは抑えておきたいところ。

ブランドによってデザイン・シルエット・素材など、こだわりや特徴が異なるため、自分好みのブランド選びの参考にしてみて下さいね。

それでは今回は、サーフブランドの人気ランキングと、メンズに人気のサーフブランドを紹介します。

Sponsored Link

サーフファッションとは?

サーフファッションとは?

参照元:https://wear.jp/

「サーフファッション」とは、明確な定義こそありませんが、サーファーがするような「海」や「ビーチ」などをイメージさせるファッションスタイルのことを指します。

コーデの特徴としては、「カジュアル」で「爽やか」、そして海岸でゆっくりと過ごすようなリラックス感のあるラフな雰囲気が魅力。

アメリカの西海岸にあるカリフォルニア州の街並みやビーチが似合うスタイルで、実際にサーフで人気のブランドはカリフォルニア発祥のブランドが多いですよ。

カリフォルニアの街並み

参照元:https://www.travelbook.co.jp/

また、爽やかな日差しや潮風によるダメージを感じさせるような「ヴィンテージ感のある風合い」もサーフファッションではよく取り入れられています。

Sponsored Link

サーフブランドでメンズに人気のブランドをランキングで紹介

サーフファッションを取り入れるためにも、人気のブランドをしっかりと把握しておきましょう。

ランキング形式でブランドを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

それではさっそく、人気のサーフブランドのランキングを紹介します。

10位:ALOHA SUNDAY(アロハサンデー)

ALOHA SUNDAY

2011年アメリカのサンディエゴで誕生したアロハサンデー

元プロサーファーを含んだ2名で創設されており、サンディエゴとハワイでのファッション感を融合した、独特なデザイン展開をしているブランドです。

アロハサンデーのアイテムは、白・黒・ネイビーのカラー展開が多く他のアイテムとも合わせやすいですよ。

▼コーデ例▼

ALOHA SUNDAYを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

日本には2014年に本格的に参入し、多くのセレクトショップでも扱われるなど、注目を集めています。

9位:Patagonia(パタゴニア)

Patagoniaのブランドロゴ

1965年にアメリカで誕生したパタゴニア

パタゴニアと言えば、「アウトドア」のイメージが強いと思いますが、実はサーフファッションも展開しています。

機能性とデザイン性を兼ね備えており、日本やヨーロッパなどの様々な国で人気を集めていますよ。

夏はブランドロゴのバックプリントTや、バギーズショーツ、秋冬はボアジャケットが非常に人気。

▼コーデ例▼

Patagoniaを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

また、環境面にも大きく配慮しており、綿素材のアイテム全てにオーガニックコットンを使用したり、ペットボトルを再利用したフリースなど、エコ活動に積極的に取り組んでいることから、世界的に評価の高いブランドです。

8位:SATURDAYS NYC(サタデーズニューヨークシティ)

SATURDAYS NYC

2009年にアメリカのニューヨークで誕生したサタデーズニューヨークシティ

似た名前でSaturdays Surf NYC(サタデーズサーフニューヨーク)がありますが、これはこのサタデーズニューヨークシティというブランドを運営している会社名になります。

注目が上がってきているアメリカの「東海岸スタイル」を取り入れ、多くのおしゃれメンズから支持を集めています。

▼コーデ例▼

SATURDAYS NYCを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

サーフファッションでは珍しいシックな雰囲気に仕上がっているのがポイント。

夏のスタイルで良く見かける様になったショート丈のサーフトランクスを広め、サーフファッションの一役を担っています。

Sponsored Link

7位:SALT SURF(ソルトサーフ)

SALT SURF

2011年にアメリカのニューヨークで誕生したソルトサーフ

西海岸の開放的なスタイルと東海岸の都会的な雰囲気を合わせた、シンプルなデザイン展開をしているブランドです。

▼コーデ例▼

SALT SURFを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

全てのアイテムをMade in USAにこだわっており、洗練されたデザインが特徴的ですよ。

遊び心あふれるスケートボードなども展開しています!

6位:DEUS EX MACHINA(デウス エクス マキナ)

DEUS EX MACHINA

2006年にオーストラリアで誕生したデウス・エクス・マキナ

サーフブランドですが、モーターサイクルやスケート・スノーボードなどのイメージも取り入れ、遊び心溢れるアイテム展開をしています。

▼コーデ例▼

DEUS EX MACHINAを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

特徴的なブランドロゴがアクセントになっており、アイテム自体は少しシンプルな仕上がりになっていますよ。

5位:WTW(ダブルティー)

WTW

2011年に国内で誕生したダブルティー

アパレルアイテムだけでなく、ライフスタイルショップとしても人気ですね。

▼コーデ例▼

WTWを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

ヴィンテージ風な生地やデザインが多く、特に最近はトートバックの人気が上がってきています。

レディースの製品も取り扱っているので、恋人や友達とお揃いで着ることができますね!

Sponsored Link

4位:VOLCOM(ボルコム)

VOLCOM

1991年にアメリカで誕生したボルコム

「3S」と呼ばれるサーフ・スケート・スノーボードのファションシーンに向けて、独自デザインで展開している人気のブランド。

▼コーデ例▼

VOLCOMを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

ありそうでなかったアメカジ中心のアイテムが人気を集めている理由です。

ベーシックな要素を取り入れているので、サーフファッションが初めての方でも着やすいですよ。

3位:Ron Hermen(ロンハーマン)

ロンハーマン

1976年にアメリカのロサンゼルスで誕生したロンハーマンは歴史も長く、1度は名前を聞いたことがあると思います。

適度なリラックス感があるノームコアなデザイン(※究極の普通という造語)が人気の理由。

▼コーデ例▼

Ron Hermenを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

ラフな着心地なのに、オシャレ感が演出できることから、30代の大人からも注目を集めていますよ。

2位:BAYFLOW(ベイフロー)

BAYFLOW

2014年に国内で誕生した、人気急上昇中のベイフロー

リラックス感と上品な雰囲気を演出できる大人スタイルを提案しています。

▼コーデ例▼

BAYFLOWを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

2015年に誕生した、インディゴネイティブ柄のショールカラーカーディガンは今もなお人気があるアイテムですよ。

ナチュラルなデザインが多く、レディースやキッズ製品も取り扱っています。

1位:RVCA(ルーカ)

RVCA

2000年にカリフォルニアで誕生したサーフブランドルーカ

さまざまなカルチャーと融合をはかっているのが特徴になります。

▼コーデ例▼

RVCAを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

シンプルなデザインながらも、スタイリッシュな仕上がりになっているのが、人気を集めている理由。

サーフファッション初心者にも取り入れやすいアイテムが多いですよ。

Sponsored Link

今注目されているサーフブランド6選

人気のブランドで知っている名前はありましたか?

最後は、今注目されているサーフブランドを紹介します。

アイテム探しの参考にしてください。

Marbles & co(マーブルズ)

Marbles & co

2009年に日本で設立されたマーブルズ

60年代から現在に至るアメリカのサブカルチャーをデザイナー独自の観点から判断し、あらゆるシーンに着て行きたくなるウェアを提案。

木村拓哉さんや三浦翔平さんなど、芸能人にも愛用者がいます。

▼コーデ例▼

Marblesを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

アメカジとサーフカルチャーにインスパイアされたコレクションが特徴的ですよ。

TCSS(ティーシーエスエス)

TCSS

トレンドアイテムだけでなく、50年代や60年代の古き良き物も取り入れたアイテム展開のティーシーエスエス

ブランドの特徴は、「型にはまらない服作り」です。

2009年にオーストラリアで誕生してから、独特な世界観が世界中で人気を集めていますよ。

▼コーデ例▼

TCSSを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

日本を始め厳選されたセレクトショップでしか取り扱いがされていないので、希少な存在ともいわれています。

CUISSE DE GRENOUILLE(キュイス ドゥ グルヌイユ)

CUISSE DE GRENOUILLE

2010年にフランスで誕生したキュイス ドゥ グルヌイユ

独自の文化を取り入れ、ワイルドな雰囲気を醸し出したアイテムが特徴です。

「surf in paris」のロゴが入ったTシャツやスウェットが特に人気のアイテムですよ。

▼コーデ例▼

CUISSE DE GRENOUILLEを使ったコーデ例

参照元:https://wear.jp/

アメリカの東海岸でも注目を浴びていて、日本でもじわじわと人気を集めています。

Sponsored Link

LOST WEEKEND NYC(ロストウィークエンドニューヨークシティ)

LOST WEEKEND NYC

2011年にアメリカのマンハッタンで誕生したロストウィークエンドニューヨークシティ

マンハッタンに店舗を構え、一際存在感を発揮している注目のブランド。

国内でもじわじわと人気が上がっていますが、既に感性の高いサーファーやおしゃれメンズの中では取り入れられています。

▼コーデ例▼

LOST WEEKEND NYC

参照元:https://wear.jp/

また、アパレルだけでなくマンハッタンにあるコーヒーや雑貨も揃えている、ライフスタイルのアイテムも人気ですよ。

楽天は無し

Battenwear(バテンウェア)

Battenwear

2011年にアメリカのニューヨークで誕生したバテンウェア

デイリーコーデでもアウトドアでも違和感なく着用でき、洗練されたデザイン展開が特徴のブランド。

▼コーデ例▼

Battenwearを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

東海岸の影響を強く受けており、大人のサーフスタイルにぴったりですよ。

国内では、色々な人気雑誌でも取り上げられており、これからますます期待できる注目のブランドです。

SurReal(シュルリアル)

SurReal

2012年に国内発のシュルリアル

アメリカンカジュアルをベースに展開しており、現代的な要素もありながらクラシカルな雰囲気も演出できるブランド。

▼コーデ例▼

SurRealを使ったコーデ

参照元:https://wear.jp/

ローカルサーファーやスケーターから、じわじわと人気が上がってきています。

スタイリッシュな雰囲気もヴィンテージ感もある、無骨な大人スタイルが表現できるところが注目ポイント。

楽天は無し

サーフファッションに関するおすすめの記事

まとめ

いかがでしたか?

サーフブランドにも色々な特徴を持ったブランドがありましたね。

シンプルなデザインもあるので、まずはTシャツや小物から取り入れるといいですよ。

お気に入りブランドを見つけて、洗練された大人のサーフスタイルを表現して下さいね!

今回は、サーフブランドの人気ランキングと、メンズに人気のサーフブランドを紹介しました。

Sponsored Link