LINE@の登録はコチラ

ディーゼルのスニーカーのメンズコーデ(秋冬編)!人気のディーゼルのスニーカーを紹介!


おしゃれコーデに欠かせないディーゼルのスニーカー

デザイン性の高いアイテムが多く、年齢問わず幅広く愛用されていますね。

そこで今回はディーゼルのスニーカーのメンズコーデ(秋冬編)と、人気のディーゼルのスニーカーを紹介します

Sponsored Link

 

(秋冬編)ディーゼルスニーカーのメンズコーデ2020

おしゃれなデザインを多く揃えているディーゼルのスニーカーは、秋冬のメンズコーデには欠かせないアイテムですよね。

おしゃれなメンズは、どの様に履きこなしているのでしょうか?

ではさっそく、2020年秋冬のディーゼルのスニーカーのメンズコーデ11例を紹介します。

 

ブルーのTシャツ×カーディガン×デニムパンツ

アイスブルーのディーゼルのスニーカー×ブルーのTシャツ×デニム

http://wear.jp

全体をブルーと黒で統一しているので、カラーリングもまとまっていますね。

淡いアイスブルーのディーゼルのスニーカーがデニムパンツと相性抜群で、爽やかにキマった着こなしです。

 

 

黒のトレンチコート×シャツ×ベスト×白のパンツ

ベージュのディーゼルのスニーカー×黒のトレンチコート×白のパンツ

http://wear.jp

カチッとなりがちなトレンチコートも、カジュアルなディーゼルのスニーカーと合わせることで、大人カジュアルな印象になりますね。

清潔感のあるカラー使いと、Iラインのスタイリッシュなシルエットが好感度の高い仕上がりです。

 

 

ベージュのブルゾン×ニットセーター×白のパンツ

ブルーのディーゼルのスニーカー×ベージュのブルゾン×白のパンツ

http://wear.jp

寒色系でまとめたスタイルで、ブルーのディーゼルのスニーカーが全体を締めてくれています。

白パンツの上品で爽やかな印象と、キレイめなスニーカーが絶妙にマッチしていますね。

 

Sponsored Link

 

バイカラーのニット×白のパンツ

黒のディーゼルのスニーカー×バイカラーのニット×白のパンツ

http://wear.jp

白のパンツとグレーのニットで軽さを出して、顔周りのネイビーと黒のディーゼルのスニーカーで、引き締めています。

明暗のはっきりしたメリハリ感がおしゃれな着こなしです。

 

 

チェスターコート×白シャツ×茶色のベスト×茶色のパンツ×ハット

白のディーゼルのスニーカー×茶色のベスト×茶色のパンツ

http://wear.jp

コートやハットでキレイめな印象ですが、足元をディーゼルのスニーカーでうまくハズして、個性溢れるコーデに仕上がっていますね。

キチッとしながらもゆるめのシルエットで、大人の余裕を醸し出しています。

 

 

総柄のセーター×デニムパンツ

赤と青のアシンメトリーカラーのディーゼルのスニーカー×総柄のスウェット×デニム

http://wear.jp

赤と青のディーゼルのスニーカーを、アシンメトリーカラーで履きこなした、上級者なテクニックですね。

総柄のセーターとも相性抜群で、個性的な印象を与えてくれたカラフルさが斬新な着こなしです。

 

Sponsored Link

 

ダッフルコート×ニットセーター×デニムパンツ×ハット

黒のハイカットのディーゼルのスニーカー×ダッフルコート×デニム

http://wear.jp

黒のダッフルコートと黒のハイカットのディーゼルスニーカーがよくマッチしていますね。

タイトなデニムとインナーのチェックで少し甘さもプラス。

 

 

カーキのモッズコート×ボーダーのインナー×黒パンツ

アイボリーのディーゼルのスニーカー×ボーダーのインナー×黒のパンツ

http://wear.jp

シンプルなアイボリーのディーゼルのスニーカーと、インナーのカラーバランスが絶妙ですね。

ハットや腰のバンダナなど、小物でおしゃれ感をプラスした着こなしです。

 

 

黒のMA-1×ロンT×スウェットパンツ

ボルドーのディーゼルのスニーカー×黒のMA-1×スウェットパンツ

http://wear.jp

黒とグレーのコントラストに、ボルドーのディーゼルのスニーカーが差し色になった、おしゃれなコーデですね。

タイトめなシルエットのスニーカーでシックにまとまっています。

 

 

チェックのロングシャツ×白T×黒スキニー×ハット

白のローカットのディーゼルのスニーカー×チェックのロングシャツ×黒のスキニー

http://wear.jp

ローカットのディーゼルのスニーカーに、チェックのロングシャツを合わせているので、ボリューム感は抑えめにさっぱりとシンプルな印象ですね。

スキニーともバランスよくまとまった着こなしです。

 

 

白のスウェットセーター×ベージュのパンツ×腰巻きシャツ×キャップ

白のミドルカットのディーゼルのスニーカー×白のスウェット×ベージュのパンツ

http://wear.jp

白とベージュのシンプルな組み合わせで、カジュアルでラフな雰囲気ですね。

キャップや腰に巻いたチェックシャツでこなれ感をプラスした着こなしです。

 

Sponsored Link

 

ディーゼルのスニーカーをおしゃれに履きこなすコツは?

おしゃれなデザインが多いディーゼルのスニーカーですが、デザインが豊富なので、カジュアルにもシックにも幅広い履きこなしができますね!

続いてはディーゼルのスニーカをおしゃれに履きこなすコツを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

①カジュアルに履きこなす

履き心地がよく、サイドジップがあるので着脱も楽にできるハイカットスニーカー。

ブレイブマンのマークやロゴがかっこよく、アクセントになっていますね。

定番の白・黒の2色なので、どちらもコーデしやすく大人なメンズコーデに大活躍間違い無しのアイテムです。

こちらのディーゼルのスニーカーをおしゃれに履きこなすコツは、タイトめボトムスを合わせればかっこよく仕上がります。

足元から大人かっこいいカジュアル感が演出できます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

②シックに履きこなす

クラシカルな雰囲気漂うディーゼルのスニーカー。

シンプルでスマートなフォルムに、ロゴがアクセントになったデザインですね。

こちらのディーゼルのスニーカーをおしゃれに履きこなすコツは、ローカットの定番なデザインなので、特にジーンズとチノパンにマッチし、落ち着いた印象が演出できます。

キレイめなコーデにも合うので、ジャケットの外しアイテムとしても使えますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

Sponsored Link

 

メンズに人気のディーゼルのスニーカー

ディーゼルのスニーカーは、海外のスポーツ選手やアーティストが愛用するほど人気があります。

ワイルドなハイカットデザインやクラシカルなローカットデザインまで、豊富なラインナップが嬉しいですね。

続いてはメンズに人気のディーゼルのスニーカーを紹介します。

 

EXPOSURE(エクスポージャー)

ブランドの定番人気のモデルの一つであるエクスポージャー

デニム調のリアルな表情が、かっこいい足元を演出してくれる人気の一足ですよ。

やわらかくクッション性の高いソールと、アウトソールにしっかりと溝がついた抜群のグリップ力で、歩きやすさにも優れたスニーカーです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

カモ柄

ヴィンテージスニーカーを思わせる、どことなくレトロなムード漂う一足。

ブランドらしい高級感と、カモフラ柄がおしゃれのポイント。

カジュアル過ぎずにキレイめな雰囲気で、まさにプレミアムカジュアルブランドらしい仕上がりです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

レザーとスウェードの組み合わせ

スタイリッシュなスウェードのスニーカー。

シンプルでタイトなフォルムのディーゼルのスニーカーは、本革のレザーとスウェードの異素材の組み合わせが特徴。

シンプルなデザインなのでコーデを選ばず幅広く履きこなせる一足です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

キャンバスコットン素材

アッパーがキャンバスコットン素材で仕上げられたスニーカー。

シュータン部分にはこちらもブレイブマンのワッペンが施されており、シンプルなデザインの中にディーゼルらしさが主張されていますね。

キャンバスコットン素材にすっきりとしたシルエットなので、どんなコーデにも合わせやすい一足ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

スリッポンタイプ

インディゴデニムのアッパー特徴的で、カカトとアウトソールのサイドには「DIESEL」の文字を施しているので、さりげなくブランドアピールもできますね。

スリッポンタイプなので楽に履けておしゃれも楽しめるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

ディーゼルのスニーカーは、凝ったおしゃれなデザインが多いですね。

個性的なデザインのスニーカーをカッコよく履きこなして、秋冬のおしゃれを楽しんでください。

 

そこで今回はディーゼルのスニーカーのメンズコーデ(秋冬編)と、人気のディーゼルのスニーカーを紹介しました

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ