爽やかな青のダウンベストは清々(すがすが)しく、これからの季節はもちろん、春先にもぴったり。

肌寒い日も快適に過ごすことができますよ!

今回は、青のダウンベストのメンズの着こなし方と、おすすめのダウンベストを紹介します!

Sponsored Link

青のダウンベストのメンズの着こなし方9例

青のダウンベストはいつもの着こなしにプラスするだけでおしゃれ上級者の風格が漂います。

ユニークなアイテムですが着回し力抜群ですよ。

それではさっそく、青のダウンベストのメンズの着こなし方を紹介します。

白のロンT×ダメージデニム×スニーカー

青のダウンベスト×白のロンT×ダメージデニム×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

アメカジやストリート系ファッションが好きなメンズにおすすめのカジュアルコーデ。

ボトムスはダウンベストと同系色のデニムパンツを合わせ、ダメージ加工はありますが爽やかな雰囲気に仕上がっていますね。

また、ヨークの切り替え配色のネイビーでコーデを引き締めています。

ブラウンのニット×白T×黒スキニー×スニーカー

青のダウンベスト×ブラウンのニット×白T×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

カジュアルなデニムのダウンベストを黒スキニーで引き締め。

インナーにはブラウンのニットを使うことで落ち着いた大人の雰囲気を作っています。

また、白Tをレイヤードして裾から見せたり、スニーカーのソールに白を取り入れることで爽やかさをプラスしていますね。

ネイビーのフリースプルオーバー×デニムクライミングパンツ×スニーカー×ニット帽

青のダウンベスト×ネイビーのフリースプルオーバー×デニムクライミングパンツ×スニーカー×ニット帽

参照元:https://wear.jp/

シューズやニット帽までブルー系で統一した1トーンコーデ。

同じ青でも、濃淡や色味・素材の違いでメリハリをしっかりと作っているので、ノッペリした単調な印象を感じないですね。

カジュアルですが細身のシルエットで大人っぽい着こなしにしています。

Sponsored Link

グレーのロンT×黒スキニー×スニーカー

青のダウンベスト×グレーのロンT×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

黒とグレーでまとめ、ダウンベストを主役にしたコーデ。

光沢感のあるシャイニーナイロンのダウンベストで、主張が少し強くなるため、それ以外のアイテムはシンプルなデザイン&カラーにしています。

白Tをレイヤードして少し見せることでシンプルになり過ぎないようにしていますね。

黒パーカー×チェックパンツ×ローファー×キャップ

青のダウンベスト×黒パーカー×チェックパンツ×ローファー×赤のキャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルなカラーのダウンベストやチェックパンツを取り入れてコーデに個性を。

パーカーの黒で引き締めたり、足元に上品なローファーを合わせることで大人っぽさが加わっています。

グレーシャツ×ベージュのチノパン×ドレスシューズ

青のダウンベスト×グレーシャツ×ベージュのチノパン×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

ヴィンテージアイテムを多く取り入れた古着MIXコーデ。

野暮ったくなりやすいヴィンテージアイテムですが、シャツやドレスシューズなどキレイめなアイテムを多く使って清潔感を。

またワイドチノパンも裾をロールアップして子供っぽくならないようにしていますね。

Sponsored Link

グレーパーカー×スキニーデニム×サボサンダル

青のダウンベスト×グレーパーカー×スキニーデニム×サボサンダル

参照元:https://wear.jp/

パーカーとのレイヤードスタイルもダウンベストの着こなしで人気ですね。

フードが顔まわりにボリュームを作ることで対比で小顔効果があり、スタイルをよく見せてくれます。

フードは無地でフードの立ちがいいアイテムを選ぶと大人っぽい印象を作れますよ。

黒パーカー×グレーのスウェットパンツ×スニーカー×キャップ

青のダウンベスト×黒パーカー×グレーのスウェットパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

「ダウンベスト」と言うと、インナーダウンはすっかり定番アイテムの一つとして定着しましたね。

薄手で軽量なのでインナーとして大活躍してくれるだけでなく、秋春などは軽い羽織とても便利。

また、インナーダウンで防寒性を高めることで、今まで真冬には防寒性が足りていなかったアウターなどを、より長いシーズン使うこともできるようになりますよ。

白のロンT×ブルーのワイドパンツ×スニーカー

青のダウンベスト×白のロンT×ブルーのワイドパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

ブルー×ホワイトの爽やかコーデ。

ワイドパンツをルーズに履くことで男らしいストリートな着こなしに。

シンプルになり過ぎないようにボディバッグをアクセントに加えています。

Sponsored Link

メンズにおすすめの青のダウンベスト5選

青のダウンベストは、羽織るだけでワンランク上の着こなしができますね。

着こなしのイメージがついたところで、続いてはおすすめの青のダウンベストを紹介します!

デニム地

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:30646円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

こちらは加工感が絶妙なデニム地のダウンベスト。

やりすぎないウォッシュ加工なので、デイリーユースに取り入れやすいですね。

デニムとコーデュロイの組み合わせにブルーを加え、裏地は総柄でデザインされていてさりげないオシャレをアピール。

加工感が強過ぎないのでどんなボトムスとも合わせやすく、春先でも着こなしやすいカラーは使い勝手もよくおすすめ!

着るだけでおしゃれ度をアップでき、サーフ系からカジュアル・ストリートと、幅広く活躍してくれますよ。

レザーヨーク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:30800円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

本格的なダウンベストに多く見られる、肩部分がレザーの切り替え素材になったレザーヨークのダウンベスト。

表地はコットン60%、ナイロン40%からなる60/40(ロクヨン)クロスを採用。

本格的なアウトドアシーンにも対応する素材で、摩擦に強く、防風性にも優れますよ。

シンプルでもヨークの切り替えがアクセントになり、コーデの主役としてしっかりと存在感を発揮してくれますね。

Sponsored Link

TAION(タイオン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:11000円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

2016年、日本で誕生したタイオンは、インナーダウンに特化したブランドです。

SHIPS(シップス)別注の、アウターとして使えるダウンベスト。

ゆったりしたシルエットでオーバーサイズのアイテムとの相性が良く、リラックスした着こなしを演出してくれます。

ダウン90%、フェザー10%の黄金比率で、非常に高い保温性も魅力ですね。

RALPH LAUREN(ラルフローレン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:25080円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

上品なスポーティカジュアルブランドであるラルフローレンのダウンベスト。

ブルーと赤のリバーシブル仕様になっていて、1着で全く印象の異なる2スタイルを楽しめますよ。

アウトドアでもタウンユースでも活躍してくれること間違いありません。

なるべくコーデにバリエーションを増やしたいメンズにもおすすめです。

ノースフェイス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:27500円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

見た目のデザイン性にも、機能性にもしっかりこだわるならノースフェイスがおすすめ。

700フィルパワーグースダウンを使用しており、膨らむ力が強く、空気の層を最大限に確保できるため、保温性抜群のアイテムですよ。

本格的なアウトドアでも活躍できるほど軽量で耐久性にも優れています。

デザインはブラックとブルーのシンプルな切り替えになっているので、カジュアル・キレイ目でもコーデに馴染みます。

へたらず長く愛用ができるのも嬉しいおすすめのダウンベストです。

ダウンベストに関するおすすめの記事

(カラー別のコーデ記事)

(パーカーとの重ね着のコツ)

(人気ブランド特集)

(ダウンベストの自宅でのお手入れと保管方法)

まとめ

いかがでしたか?

これからの季節大活躍してくれる青のダウンベストを、一着手に入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、青のダウンベストのメンズの着こなし方と、おすすめのダウンベストを紹介しました。

Sponsored Link