これからの季節に必要な防寒性とおしゃれを兼ね備えたアイテムとして使えるのが「インナーダウン」

今まではアウターとしての使用が多かったですが、最近はインナーとして利用するおしゃれメンズが増えてきています。

どんなインナーダウンが人気なのかを知り、これからのコーデのバリエーションを増やしてみませんか?

今回はインナーダウンのメンズコーデのコツや、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

Sponsored Link

インナーダウンの種類

インナーダウンは、何も考えずにアウターの中に合わせればいいという訳ではありません。

ただ着るだけだと、おしゃれどころかダサくなってしまう可能性があります。

まずはインナーダウンにはどんな種類があるのかを知ることが大事です。

それではインナーダウンの種類を紹介していきます。

①ベストタイプ

ベストタイプのインナーダウン

参照元:https://keymemory.co.jp/

インナーダウンの種類1つ目はベストタイプ

ベストタイプは、厚めのアウターの下にも着やすいですよ。

②ジレ型のダウンベスト

ジレタイプのインナーダウン

インナーダウンの種類2つ目はジレ型のダウンベスト

ベストタイプと少し似てはいますが、よりフォーマルやスーツスタイルに合わせやすいデザインとシルエットになっています。

③長袖タイプ・Vネック

 

長袖・Vネックタイプ

参照元:https://www.roco2web.com/

インナーダウンの種類3つ目は、襟元がVネックになっている長袖タイプ

襟元がVラインになっているので、コートの下に合わせた際にコーデのアクセントとして活用できます。

④長袖タイプ・クルーネック

長袖・丸首タイプ

参照元:https://azumakazuya.work/

インナーダウンの種類4つ目は、襟元がクルーネックの長袖タイプ

襟元が丸くなっているので、タートルネックなどとも合わせすいインナーダウンです。

⑤半袖タイプ

 

半袖タイプ

参照元:https://store.melrose.co.jp/

インナーダウンの種類5つ目は半袖タイプ

半袖になっているので、袖の中でのゴワゴワ感もなく、レイヤードとしても使うことができます。

⑥パーカータイプ

 

フード付きタイプのインナーダウン

参照元:https://taion-extra.jp/

インナーダウンの種類6つ目はフードがついているパーカータイプ

インナーダウンはさりげなくアウターの中に合わせ、防寒性とおしゃれの両方が使えるアイテムですが、パーカータイプはコーデの主役としても使えます。

Sponsored Link

インナーダウンのメンズコーデのコツ

インナーダウンとは、コートやジャケットなどのアウターの中に着用することで保温性を高めるアイテム。

薄手で軽量なため着膨れせず、コンパクトに畳んで持ち運びできるパッカブル仕様のアイテムも多いですよ。

季節の変わり目にはライトアウターとしても活躍してくます。

防寒性が高いのはいいですが、おしゃれにコーデするにはどうしたらいいのか?

それではさっそくインナーダウンのメンズコーデのコツを紹介していきます。

①インナーダウンのインナー

インナーダウンのインナー

参照元:https://wear.jp/

インナーダウンはコートやジャケットの中に着ますが、そのインナーダウンのインナーには何を合わせるのか・・・?意外と迷うポイントかもしれません。

ロンTやスウェット、パーカー、ニットなど、基本的には何にでも合いますが、大人っぽく着こなすならシャツやタートルネックがおすすめ。

あとは合わせるアイテムのサイズ感だけ注意しましょう。

②防寒対策に使う

 

防寒対策として使う

参照元:https://wear.jp/

真冬になれば少し防寒性が足りないジャケットや薄手のコートですが、インナーダウンを着ることで防寒性を高めることができます。

着たいけど寒い季節に着れない好みのアイテムも、画像の様にインナーダウンを使うことでロングシーズンで活躍してくれますよ。

③キレイめなコーデに合わせる

 

キレイめなコーデに合わせる

参照元:https://wear.jp/

インナーダウンはカジュアルなアイテムですね。

おしゃれメンズを目指すなら「かっこいい=キレイめ」の要素が必要になるので、キレイめなコーデに合わせることでカジュアルになり過ぎず、全体のバランスが取れます。

画像の様にインナーダウンを白シャツとレイヤードしたり、ロングコートを羽織ることで大人のスタイルに仕上げることができますね。

Sponsored Link

④襟の選択

襟の有無

インナーダウンによって、襟の有るものと無いものがあります。

1枚でアウターとしてのみ使うなら左のような「襟有りのタイプ」でも良いと思いますが、基本的にはレイヤードして着るアイテムなので、右の画像のような「襟無しタイプ」がおすすめ。

襟元の露出が増えることでインナーダウンのインナーの存在感が高まり、それぞれの良さを引き立てあうことができますよ。

⑤黒を使う

 

黒を使う

参照元:https://wear.jp/

ダウンの特性上、ナイロン素材だと表面が光って見え、ダウンの表面は凹凸があるシルエットになっているので膨らんで見えてしまいます。

黒のインナーダウンを使えば、収縮色の特性で引き締まってみせることができます。

黒は他のどんなカラーでも合わせやすいというのも大きな魅力。

あえて膨張色の白を使う場合は、中のインナーを収縮色で抑えるという方法もあります。

⑥同系色を使う

 

同色系を使う

参照元:https://wear.jp/

防寒対策がメインの一つでもありますので、同系色を使うことでインナーダウンの存在が控えめになり、全体に統一感が生まれます。

画像の様にトップスをカーキで合わせることで、シックな大人の表現に白Tが全体の差し色となり、カーキと白のバランスをうまく表現しています。

Sponsored Link

メンズにおすすめのインナーで使えるダウン6選

最後はおすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

TAION(タイオン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4290円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)

「インナーダウン」と言えば名前が上がるタイオン

高品質で高機能なインナーダウンを幅広く展開しており、色やサイズ展開が多いのも特徴です。

クルーネックのベストタイプのインナーダウン。

650フィルパワー以上のダウン、表地は超撥水の高密度ナイロンなど、高い機能性で仕上げられています。

DANTON(ダントン)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:17050円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)

ダントンは、フランスの老舗ワークウェアブランドです。

デザインとシルエットがとてもキレイなインナーダウン。

薄手素材ながら保温性もあり、襟部分も他のアイテムの邪魔をしないスリムな形になっているので、着るだけでこなれ感を表現できますね。

軽量でフィット感を出すウェストコードもついており、高い機能性はさすがの仕上がりです。

美シルエット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1998円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)

Tシャツよりも軽い重さで、着ている感覚を忘れてしまいそうな着心地が味わえるインナーダウン

ただ軽いだけでなく、アウトドアでも使えるほどの温かさを備えています。

サイドを切り替え生地にすることで前後の丈感に差をつけ、動きやすさはもちろん、スタイリッシュでキレイなシルエットに。

シンプルなカラーから、スーツのジャケットにもピッタリのアイテムです。

Sponsored Link

バッカブルタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:15180円(税込、送料無料) (2021/9/24時点)

折りたたんで持ち運びができるのが便利で人気があるパッカブル仕様のインナーダウン。

薄くて軽く、シルエットはスリムなので、細身のコーデのインナーにも合わせることができますよ。

持ち運び用のポーチがセットになっているのも嬉しいポイントですね。

長袖タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:25850円(税込、送料別) (2021/9/24時点)

ライトアウターとして使いやすい長袖タイプのインナーダウン。

長袖タイプながら薄く仕上がっているので、インナーとしても着膨れの心配なく使うことができます。

腕周りのスナップボタンを外せば半袖としても使うことができますよ。

縦ダウンパック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:36300円(税込、送料別) (2021/9/24時点)

縦に仕上げられたダウンパックが、ネクタイタイルなどのドレスコーデにも合わせやすいインナーダウン。

縦を意識することで全体をスリムに見せ、Vラインが大人の雰囲気を演出。

カジュアルだけでなく、パリッとキメたい時に引き締めたコーデもできますよ。

インナーダウンに関するおすすめの記事

まとめ

いかがでしたか?

これからの季節は、真冬では着れなかったお気に入りのアウターとも合わせ、周りと差をつけたコーデを楽しんで下さいね。

今回はインナーダウンのメンズコーデのコツや、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介しました。

Sponsored Link