デニムジャケット・Gジャンの冬のメンズの着こなし方を画像で紹介!


デニムジャケットやGジャンは、カジュアルコーデの王道アイテムです。

Sponsored Link

 

着こなし次第で爽やかにも、メンズらしいワイルドなスタイルも楽しめます。

 

そこで今回は、デニムジャケット・Gジャンの冬のメンズの着こなし方を画像で紹介します。

 

 

contents

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント

デニムジャケットとGジャンは、着こなしのコツさえつかめば、冬のおしゃれをもっと楽しめますよ。

 

それではさっそく、デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイントを紹介します。

 

 

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント1:デニムジャケット・Gジャンの色は濃い目

濃いめのGジャン

参照元URL http://zozo.jp/

濃いブルーのデニムジャケットやGジャンを選ぶと、重厚感が出ます。

 

着こなしに深みが出るような色味を選びましょう。

 

マフラーやニット帽など、冬のメンズアイテムとの相性もバッチリです。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント2:厚手のインナーをチョイス

Gジャンのインナーは厚手参照元URL http://matome.naver.jp/

厚手のインナーを合わせることで、デニムジャケットやGジャンの薄さをカバーできます。

 

ボリューム感がアップして、見た目にも暖かそうですね。

 

パーカーやざっくりしたニットをチョイスすることも、デニムジャケットやGジャンを冬に着こなすポイントです。

 

Sponsored Link

 

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント3:マフラーでボリューム感アップ

Gジャンとマフラー1参照元URL http://kurumani.com/

首元をマフラーでカバーすると、暖かく過ごすことができます。

 

マフラーでボリュームを与えることで、スタイルアップにも繋がります。

 

冬の終わりには、陽ざしが暖かい日もあるので、温度調節しやすいデニムジャケットやGジャンの着こなしがおすすめです。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント4:帽子を活用する

Gジャンとニット参照元URL http://www.magaseek.com/

冬のアウターとしては、薄めの素材のデニムジャケットとGジャンですが、肌の露出を減らすことで冬の着こなしも可能です。

 

ニット帽ハットで、少し重たい印象に仕上げるとバランスがとれますよ。

 

保温効果もあり、実用面でもおすすめのアイテムです。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャンを冬に着こなすポイント5:存在感のあるボトムスを

Gジャンに迷彩のボトム参照元URL http://www.csmenblog.jp/

デニムジャケットやGジャンに合わせるボトムスは、存在感のあるものを選びましょう。

 

たとえば総柄のボトムスやワイドパンツなどです。

 

デニムジャケットやGジャンは、コンパクトな作りのものが多いので、ボトムスで全身の印象を調節してあげると、寒々しい印象になりません。

 

Sponsored Link

 

デニムジャケット・Gジャンの冬のメンズの着こなし方を画像で紹介

続いては画像を交えながら、デニムジャケットとGジャンの冬のメンズの着こなし方を紹介します。

 

お気に入りの着こなしを見つけて、実践してみてくださいね。

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×赤のマフラーの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×赤のマフラーhttp://kurumani.com

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンに赤のマフラーを合わせた、冬の着こなし方です。

 

マフラーの代わりに、タートルネックを首元から覗かせる着こなしもおすすめですよ。

 

デニムパンツを合わせて、落ち着いた大人のウエスタンスタイルでまとめていますね。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×デニム×ブーツの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×ブーツhttp://street-fashion-snap.com

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンに革のブーツを合わせた、冬の着こなしです。

 

渋い大人の着こなし方ですね!

 

おしゃれさんに許されるデニムonデニムコーデ

 

革のベルトをアクセントにすると、シンプルながらもスパイスの効いた着こなしになります。

 

荷物は少な目で颯爽と歩きたいですね!

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×ボリュームマフラーの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×ボリュームマフラーhttp://mira-miralondon.blogspot.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンにボリュームマフラーを巻いた、冬の着こなし方です。

 

見た目にも暖かそうな冬の着こなしですね。

 

マフラーのおかげで上半身にボリュームがある分、ボトムスと靴はスッキリと黒で統一してます。

 

絶妙なバランスがとてもおしゃれな着こなしです。

 

Sponsored Link

 

デニムジャケット・Gジャン×パーカーの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×パーカーhttp://wear.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンにパーカーを合わせた、冬の着こなしです。

 

厚めのパーカーは見た目も暖かいですね。

 

パーカーの色は、お好きな色を合わせてみてください。

 

どんな色でもマッチするのが、デニムジャケットとGジャンのいいところです!

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×スラックスの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×スラックスhttp://zozo.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンにスラックスを合わせた、冬の着こなし方です。

 

カジュアルなデニムジャケット・Gジャンとシックなスラックスのコントラストが、面白い着こなしですね。

 

デニムジャケット・Gジャンが濃いカラーなので、落ち着いた印象で冬の雰囲気が出ていますね!

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×白のニット帽×白のパンツの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×白のニット帽×白のパンツhttp://wear.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンに白のニット帽と白のパンツを合わせた、冬の着こなし方です。

 

濃いブルーのデニムジャケット・Gジャンに、白のアイテムが映えますね。

 

冷たい北風のようなおしゃれな冬の着こなし

 

物足りなさを感じたらサングラスで引き締めましょう!

 

Sponsored Link

 

デニムジャケット・Gジャン×カラーニットの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×カラーニットhttp://wear.jp

こちらは、デニムジャケット・Gジャンにカラーニットを合わせた、冬のメンズの着こなしです。

 

こちらのメンズはイエローのニットを合わせていますが、お好きな色で試してみてください。

 

鮮やかなカラーニットは見た目にも暖かく、デニムジャケットやGジャンの冬の着こなしに、おすすめのアイテムです。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×黒のニット帽×黒のパンツの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×黒のニット帽×黒のパンツhttp://wear.jp

こちらのメンズは、濃いブルーのデニムジャケット・Gジャンに黒のニット帽と黒のパンツを合わせた、冬の着こなしです。

 

シックな色合いでまとめた冬の着こなしですね。

 

ブラウンの革のシューズでカジュアル感をプラスすると、気取らない雰囲気に仕上がりますよ。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×柄シャツの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×柄シャツhttp://wear.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンに柄シャツを合わせた、冬の着こなしです。

 

色の薄い柄シャツですが、鮮やかな色の柄でもマッチすると思います。

 

お手持ちの柄シャツを合わせてみましょう。

 

黒のパンツと黒のシューズで引き締めた、デニムジャケット・Gジャンの冬の着こなし方です。

 

 

 

 

デニムジャケット・Gジャン×ワイドめのパンツの冬のメンズの着こなし

デニムジャケット・Gジャン×ワイドめのパンツhttp://matome.naver.jp

こちらのメンズは、デニムジャケット・Gジャンに黒のワイドパンツを合わせた、冬の着こなしです。

 

コンパクトな作りのデニムジャケット・Gジャンは、寒々しい印象を与えがちですね。

 

程よくボリューム感のあるパンツを合わせてバランスを取ってあげると、ワンランク上のおしゃれな冬の着こなしに仕上がります。

 

 

いかがでしたか?

 

これからの季節にデニムジャケット・Gジャンは、大活躍すること間違いありませんね。

 

一足お先に冬の着こなしを楽しんでくださいね。

 

今回は、デニムジャケット・Gジャンの冬のメンズの着こなし方を画像で紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ