LINE@の登録はコチラ

トレンチコートの選び方(メンズ編)!色やサイズや丈などあなたに合ったトレンチコートとは?


春・秋・冬の3シーズンも活躍してくれるメンズのトレンチコートですが、あなたに合ったトレンチコートを選べていますか?

トレンチコートは、色・サイズ・丈の長さなど、種類がたくさんあります。

そこで今回は、トレンチコートの選び方(メンズ編)や、色やサイズや丈などあなたに合ったトレンチコートの解説をします。

Sponsored Link

 

メンズのトレンチコートの選び方

秋・冬・春と、3シーズン使えるトレンチコートですので、少しでも長く活用したいですよね。

ベースとなる点を下記に簡単にまとめてみました。

  • サイズ
  • カラー(ベージュ・ネイビー・黒・カーキ)
  • 着丈

それではさっそく、メンズのトレンチコートの選び方を詳しく紹介します。

 

①サイズ・シルエット

トレンチコートにも、短めの丈・スリム・肩の落ちるオーバーサイズなど、色々なシルエットが存在します。

トレンドのシルエットは常に変わるので、長く愛用するならシンプルでベーシックなトレンチコートがおすすめ。

 

メンズのトレンチコートの選び方1:サイズ

参照元:http://jessee.me/

トレンドに毎年対応するのはとても大変ですので、肩幅がしっかりと合っていて、膝ぐらいまでの丈の長さであればベーシックなキレイめスタイルに。

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

②カラー(ベージュ・ネイビー・黒・カーキ)

参照元:https://ic3-a.wowma.net/

ファッションアイテム全てに言えることですが、色で大きく雰囲気が変わりますので、色選びはとても大切ですよ。

色別で紹介しますので参考にしてください。

 

ベージュ

トレンチコートの大定番色と言えばベージュです。

ベージュは、カジュアル・キレイめとどちらにも表現できますので、カラーで迷ったら迷わずベージュがおすすめですよ。

 

ベージュのトレンチコート

参照元:http://img5.zozo.jp/

トレンチコート初心者の方であれば、上記の画像の様な明るいベージュがおすすめです。

茶色に近くなると少し着こなしが難しくなりますので、明るめがポイントですよ。

 

 

ネイビー

ネイビーのトレンチコート

参照元:https://i1.wp.com/

トレンチコートは、オンでもオフでも活用できるアイテムです。

トレンチコートを両方で活用を希望なら、ネイビーがおすすめ。

先程のベージュに比べるとシックな雰囲気になりますので、ビジネスシーンで浮く事はなく、知的で上品な演出をすることができます。

 

 

ブラック

黒のトレンチコート

参照元:http://i7.wimg.jp/

ベージュやネイビーと並ぶ、トレンチコートの定番色の最後がブラックです。

黒色はシックな着こなしに最適で、上記の画像の様に白色のパンツと合わせれば、メリハリ感を演出したコーデができます。

また、ダーク系のインナーやパンツと合わせた、モード系コーデもできますので、大人の雰囲気を後押ししてくれるのが黒色です。

 

 

カーキ

カーキのトレンチコート

参照元:http://voi.0101.co.jp/

カジュアル色を強めたり、ミリタリー感を表現するならカーキがおすすめ。

ビジネシシーンでの活用はおすすめできませんが、休日のスタイルにはベストなカラーですよ。

トレンチコートの着こなしでは、カジュアルな演出が人気を高めていますので、周りと被るベージュを避けて個性を演出できるのがカーキのトレンチコートです。

 

 

③着丈

メンズのトレンチコートの選び方3

参照元:https://assets.burberry.com/・https://assets.burberry.com/

おしゃれ着こなしをする上で「シルエット」はとても大切ですね。

大人のシルエットを演出するなら、膝より少し上の丈(10cm〜15cm)がおすすめです。

あまり短い丈になると学生の雰囲気になってしまいますので、注意してくださいね。

 

Sponsored Link

 

身長が高いメンズや、低いメンズのトレンチコートの選び方!

コーデの画像を見ていても、つい気になってしまうのが身長ではないですか?

「身長が高いから似合うのでは・・・」

「身長が低いのでトレンチコートは・・・」

と感じている方もいると思います。

 

高身長も低身長も選び方を間違わない気をつけるポイントですが、以下の1点ずつが言えます。

  • 身長が高いメンズ:肩のサイズ
  • 身長が低いメンズ:着丈

 

気をつけるポイントを1点づつおさえることで、身長の高さは関係なくトレンチコートをおしゃれに着こなせますよ!

それでは続いては身長が高いメンズや、低いメンズのトレンチコートの選び方を詳しく紹介します。

 

身長が高いメンズ:肩のサイズ

身長が高いメンズのトレンチコートの選び方は、肩のサイズを意識することです。

トレンチコートを着こなす上で、インナーのことを意識し、少し大きめのサイズを選んでいないですか?

肩のサイズが大きいと、「着られている感」が出てしまいますので、気持ち少し小さめのサイズを選んでくださいね。

 

身長が高いメンズのトレンチコートの選び方:肩のサイズ

参照元:http://clubd.co.jp/

サイズ感を守れば、身長が高いメンズならではの高身長を最大限に活かした、スタイリッシュなトレンチコートコーデができますよ。

膝より少し上の丈を選べば、スラッとしたスリムなラインを演出できます。

 

 

身長が低いメンズ:着丈

身長が低いメンズのトレンチコートの選び方は、着丈に注意することです。

身長が高いメンズと同じく、身長が低いメンズで気をつけないといけないのが、「着られている感」ですね。

着られている感を無くすには、膝より10cm〜15cm上の丈を選べば、キレイなシルエットを演出できます。

 

身長が低いメンズのトレンチコートの選び方:着丈

参照元:http://monde.jp/

また、合わせるパンツはスリムパンツを選んでください。

トレンチコートは厚みのあるアウターですので、おしゃれの3原則の1つである「Yライン」を作ることで、スタイリッシュな印象に仕上がりますよ!

 

Sponsored Link

 

メンズトレンチコートの機能を考えた選び方!

トレンチコートを選ぶ上で機能面も気になりませんか?

だいたいトレンチコートに付いている機能は、

  • ライナー付き(取り外し可能)
  • ファー付き(取り外し可能)
  • 素材(ギャバ素材)

上記を知った上でトレンチコートを選んでみましょう。

続いてはメンズトレンチコートの機能を考えた選び方を紹介します。

 

①ライナー付き(取り外し可能)

トレンチコートの中には、ライナー付きのトレンチコートがあります。

ライナーとは、トレンチコートの裏側に付いている裏地のこと。

素材は、ウール・ポリエステル・ダウンなどが一般的。

 

メンズトレンチコートの機能を考えた選び方:ライナー付き(取り外し可能)

参照元:http://image.rakuten.co.jp/

ライナーがあることで少し寒い時期でもトレンチコートを活用できたり、暖かい時期は取り外しも可能なので、ライナー付き(取り外し可能)のトレンチコートはおすすめですよ。

おすすめのライナーは薄手のウール素材

薄手のウール素材を選び、インナーの着膨れを防ぎながら、違うアウターを選ばないといけなくなるのを防ぐことができますよ。

 

 

②ファー付き(取り外し可能)

メンズトレンチコートの機能を考えた選び方:ファー付き(取り外し可能)

参照元:https://cdn.thumb.shop-list.com/

さきほどのライナーと同じく、取り外しができる便利な機能として、ファー付きのトレンチコートもあります。

季節感もあり、ファーがあることでラグジュアリーな雰囲気がプラス。

外側の防寒としても使え、マフラーまではいらないけど少し寒く感じる時に最適ですね。

取り外しが可能なので、気軽にコーデのアクセントとしても使えますよ!

 

 

③ギャバ素材

トレンチコートを着こなす上で、シルエットは大切です。

そんなシルエットを崩しにくいのがギャバ素材

またギャバ素材の中でも、「コットンギャバ素材」がおすすめです。

 

メンズトレンチコートの機能を考えた選び方:ギャバ素材

参照元:http://img5.zozo.jp/

ハリと程よい艶があるので上品な雰囲気が演出できます。

さらにトレンチコートにハリがあることで、コートのベルトを閉めた時のシルエットがキレイなのも特徴です。

トレンチコートのベルトは、個性を演出できる大切な着こなし方ですので、素材を意識して選ぶのは大切ですよ。

 

(ベルトの結び方を詳しく知れる関連記事)

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のブランドのトレンチコートは?

本格的なトレンチコートを選ぶなら、ブランドのトレンチコートです。

続いてはメンズに人気のブランドのトレンチコートを紹介します。

 

BURBERRY(バーバリー)

メンズに人気のブランドのトレンチコート:バーバリー

参照元:https://static-buyma-com.akamaized.net/

バーバリーは誰もが知る、イギリスを代表する人気のファッションブランド。

設立より、一貫した品質管理と上品さを徹底しているブランドで有名です。

 

トレンチコートの歴史は古く、1895年、現在のトレンチコートの元となったタイロッケンコートを開発。

そこから改良が加えられ、1914年の第一次世界大戦時、軍事用品を入れておくコートとして活用されました。

 

軍事利用があることで機能面は当然ですが、人気を集めたのはデザイン性です。

トラディショナルな雰囲気を残しつつ、トレンドも意識されたトレンチコートが人気を集めています。

また、バーバリーの防水生地は、緻密(ちみつ)に織り込まれたコットンを綾織(あやおり)した生地である「ギャバジン素材」を使っています。

 

 

Aquascutum(アクアスキュータム)

メンズに人気のブランドのトレンチコート:アクアスキュータム

参照元:https://otokomaeken.com/

トレンチコートの元祖と言われているのがアクアスキュータム

創業160年以上の歴史のある、イギリスを代表する高級ブランドです。

 

アクアスキュータムのトレンチコートは、世界初の「防水ウール素材」を開発し、イギリス軍で活用されるようになったのをきっかけに、一気に人気が高まりました。

防水ウール素材を活かしたトレンチコートは、イギリス王室でも話題となり、王室での利用をきっかけに一般向けに開発が進み、現在のトレンチコートになっています。

 

他のブランドと比べると、いち早くファッション性の高いトレンチコートの完成に力を注いだことから、元祖と言われています。

裏地は「ガンクラブチェック」になっており、イギリスらしいトラディショナル感の高い仕上がりになっていますよ。

アクアスキュータムのトレンチコートは、圧倒的な機能性とデザイン性。

雨を弾く防水機能だけでなく、保温性にも優れ、やわらかでしなやかな素材が外回りが多いビジネスマンにも好評です。

 

 

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

メンズに人気のブランドのトレンチコート:マッキントッシュ

参照元:https://static-buyma-com.akamaized.net/

マッキントッシュは、バーバリーやアクアスキュータムよりも、一番歴史のある創業200年以上のブランド。

マッキントッシュと言えば、防水生地で作られたレインコートである「ゴム引きコート」が有名。

ゴム引きコートは、雨・風の多いイギリスで瞬く間に広まり、一気に人気を高めました。

現在では、ゴム引きを施された生地は、マッキントッシュ(クロス)と呼ばれるほど有名ですよ。

マッキントッシュのトレンチコートは、こちらの素材と洗練されたシンプルなデザインで仕上がっています。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のトレンチコートを紹介!

最後はメンズに人気のトレンチコートを紹介します。

おしゃれメンズが選ぶ、人気のトレンチコートを3つ厳選しましたので、参考にしてくださいね。

 

ライナー付き

取り外しが可能なライナー付きで、幅広い気候に対応できるトレンチコート。

ビジネスマンに特に嬉しい撥水加工が施されています。

カラーは3色から選べるので、オン・オフのどちらでも使える一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

高級感のある仕上がり

オーロラスエード生地が高級感のあるトレンチコート。

両脇を少しシェイプさせてくびれを演出することで、スタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。

また、自然なスタンドカラーが男前度を上げてくれる一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

nano universe(ナノユニバース)

キレイめなアイテム展開が大人メンズから支持の高いナノユニバース

比較的リーズナブルな価格展開も人気の理由です。

ややゆとりのある着丈・サイジングでカジュアルなアイテムとも相性がいいトレンチコート。

生地には高品質で高機能な「VORTEX」を使用しており、コットンのような優しい肌触りや、毛玉になりにくい抗ピリング性、耐摩擦性に優れるのが特徴。

洗練された美しいシルエットがさすがの仕上がりで、オンオフ問わず使い回しができるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

周りと差をつける為にもベースの選び方を理解し、あなたに合ったトレンチコートを選び、おしゃれなコーデを演出してくださいね。

今回は、トレンチコートの選び方(メンズ編)や、色やサイズや丈などあなたに合ったトレンチコートの解説をしました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ