LINE@の登録はコチラ

モッズコートの人気ブランド!メンズにおすすめのブランドはこちら!


本格的に寒くなる前にアウターの準備が必要ですね。

メンズに人気のブランドのモッズコートでワンランク上のおしゃれを楽しみませんか?

ブランドのモッズコートは品質よく、おしゃれなコーデに仕上がりますよ!

そこで今回はメンズのモッズコートの人気ブランドとおすすめのブランドを紹介します。

 

(モッズコートのコーデや着こなし方を知りたい方はこちら)

 

Sponsored Link

 

メンズのモッズコートの人気ブランド10選

ブランドのモッズコートは、上質でしっかりとしていて長く着用することができますよね!

また高級感がありおしゃれなメンズなら、1着は揃えておきたいアイテムです。

それではさっそくメンズのモッズコートの人気ブランドを紹介していきます。

 

FRED PERRY(フレッドペリー)

フレッドペリーは、1952年にイギリスのロンドンでスポーツウェア社として創設されたブランド。

スポーツ界に限らず、ファッション界にも人気となった老舗ブランドですよ。

シンプルで飽きのこないデザインのモッズコート。

カジュアルアイテムでも、キレイめの落ち着いた雰囲気がフレッドペリーらしい仕上がりですね!

暖かいのはもちろん、軽量さも魅力。

取り外しの可能のインナーは、フードにまでダウンの入ったジャケットタイプになっていて、単体でも使いやすい仕様になってるのは嬉しいポイントです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

SCOTCH & SODA(スコッチ&ソーダ)

1985年にオランダでスタートしたスコッチ&ソーダは、伝統を残しつつ現代のデザインも取り入れ、多くのメンズから支持されているブランドです。

フード・身頃に裏ボアを使用した暖かなモッズコート。

モッズコートらしからぬ都会的なデザインがとてもおしゃれですね!

裏地の内ポケットにチェック柄の切り替え生地や、袖・ジップにはブランドロゴが配されていたり、細部にまでこだわりを感じるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

BEAMS(ビームス)

ユナイテッドアローズやシップスと並び、日本のセレクトショップ御三家の一つであるビームス

男女ともに展開されており、若者のおしゃれなブランドの代名詞ともされていますね!

アメリカのアウトドアブランドであるMarmot(マーモット)とコラボしたモッズコート。

生地には高機能素材であるGORE TEX(ゴアテックス)を使用し、透湿防水機能を備えています。

また、専用のポーチが付属していて、コンパクトに畳んで持ち運べるパッカブル仕様も嬉しいポイントですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

セレクトブランドとして不動の地位を築いているユナイテッドアローズは、キレイめからカジュアルまで幅広く色々なテイストのアイテムを取り揃えています。

取り外し可能なライナー付きで保温性も高いモッズコート。

フードがないスタンドカラーデザインで、スタンドコートとミックスしたデザインが特徴です。

余計な装飾のないシンプルなデザインで、キレイめな大人の着こなしに一役買ってくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

nano universe(ナノユニバース)

ナノユニバースは、メンズ・レディース展開で進化し続けるおしゃれなセレクトブランド。

オリジナルブランドの他にも海外の人気ブランドも取り扱っています。

ショート丈でコンパクトに仕上がったモッズコート。

中綿入りのモッズコートに西川ダウンのダウンベストがセット(取り外し可能)になっていて、本格的な保温性の高さを誇ります。

また、軽くてシワの気にならないメモリー素材、撥水性など、多機能さも人気の理由ですね!

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ROTHCO(ロスコ)

アメリカで60年以上の歴史を持つロスコは、実用的でリーズナブルな製品展開が幅広い年代・ジャンルのメンズから愛されているミリタリー&アウトドアブランドです。

1950年代に米軍で採用されたモデルの復刻版のモッズコート。

日本でも有名俳優が映画やドラマで着用したことでも有名です。

確かな品質に高い保温性があり、着脱可能なライナー付きでロングシーズン使えるアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

HOUSTON(ヒューストン)

日本ではじめてオリジナルのフライトジャケットを生み出したヒューストン

「踊る大捜査線」の着用モデルとして有名なM-51パーカーです。

タウンはもちろん、スーツの上から羽織ってもスタイリッシュな雰囲気は崩しません。

また、着脱可能なキルティングライナーは保温性抜群ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ALPHA INDUSTRIES(アルファインダストリーズ)

ミリタリー商品を中心に扱うアルファインダストリーズは、着心地・耐久性、そして品質を徹底的追及しているブランドです。

シンプルで定番のかっこいいフォルムのモッズコート。

高級感のあるファーが付いたボリュームのあるフードもポイントとなっていますよ。

-10℃〜-30℃の状況下での活動を想定して作られたジャケットは、極寒に耐えうるタフな着心地が魅力です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

United Athle(ユナイテッドアスレ)

1930年創業、名古屋に本社を置くユナイテッドアスレは、タフで確かな品質とリーズナブルな価格展開で愛され続けているブランドです。

シンプルなデザインに、程よくゆるいシルエットのモッズコート。

薄手の生地ですが、ポリエステル素材で耐久性が高く、コットンを混紡することで着心地も抜群です。

また、型崩れの少ないT/Cウェザー生地を採用しており、カジュアルでもスマートな着こなしに。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

SABBAT13(サバトサーティーン)

カジュアルロックで人気のサバトサーティーンは、おしゃれ好きに愛されているブランドですね。

ロックテイストなデザインで着心地のよいモッズコート。

メンズらしいかっこいいデザインで、カジュアルロックな着こなしができますよ。

秋冬のコートスタイルに重宝すること間違いなしの一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

メンズのモッズコートのおすすめブランド4選

続いてはメンズのモッズコートのおすすめブランドを紹介します。

おしゃれなメンズに着こなして欲しいおすすめのブランドのモッズコートを集めたので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

 

AVIREX(アヴィレックス)

正規支給品として、多数のフライトジャケットを納品してきたアヴィレックス

ルーズでボリュームのあるシルエットが男らしい雰囲気を演出してくれるモッズコート。

1965年に採用された「M-65」モデルで、フード・ライナーは着脱ができ、3WAYの着こなしが可能に。

高い機能性とミリタリーな雰囲気を存分に味わえるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

wjk(ダブルジェイケイ)

2004年に東京を拠点にオープンされたダブルジェイケイは、「良い物は変わらない」と「残るものは本物」をベースに独自の観点から「不変」なアイテムを展開しているブランドです。

ダブルジェイケイの中でも最高峰の暖かさを誇る中綿入りのモッズコート。

世界有数の合機メーカーであるイタリアのリモンタ社のナイロンを採用し、ストレッチ性と撥水性のある仕上がりに。

上品な光沢がある生地は高級感があり、男の魅力を引き上げてくれる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

THE CRIMIE(クライミー)

クライミーは、大人のちょいワルな雰囲気のアイテムが男心をくすぐるブランドです。

見た目のクールでカッコいいデザインだけでなく、非常に高機能に仕上げられたモッズコート。

大雨や嵐でも濡れることがない防水性能(※耐水圧25,000mm)や、1時間程度のランニングの発汗を外に逃すほどの透湿性(透湿15,000g以上)に加え、防風・防雪・耐久性を誇ります。

タウンはもちろん、本格的なアウトドアやスポーツにも対応する一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)

リアルヴィンテージさながらの本格ミリタリーウェアで人気のバズリクソンズ

1951年にアメリカ軍の野戦用のパーカーとして使用された「M-51」を復刻させたモッズコートです。

ゆったりとしたシルエットにやや長めのフィッシュテールが特徴的ですね!

古着のような味わい深さがあり、メンズコーデに渋さをプラスしてくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

どのブランドも魅力的で、おしゃれを楽しめるモッズコートばかりでしたね。

ぜひブランドのモッズコートを冬のコーデに取り入れてみてくださいね。

今回はメンズのモッズコートの人気ブランドとおすすめのブランドを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ