LINE@の登録はコチラ

ラッシュガードのブランドでメンズに人気は?アディダスやナイキなどを紹介!


ラッシュガードブランドのものを着ると、テンション上がりますよね!

ブランドのラッシュガードは、やっぱりかっこよくておしゃれです。

そこで今回はラッシュガードのメンズの人気ブランドで、アディダスやナイキなどをご紹介します。

Sponsored Link

 

メンズのラッシュガードの人気ブランド16選

どのブランドのラッシュガードを選べばいいのか迷いませんか?

そんな時はメンズのラッシュガードの、人気のブランドをチェックしてください。

あなたにピッタリの素敵な一着が見つかりますよ。

 

それではメンズのラッシュガードの人気のブランドを紹介します。

 

BILLABONG(ビラボン)

ビラボンは、水着やサーフパンツを主体にバラエティ豊富なアイテムを取り揃えた、オーストラリアのサーフブランドです。

 

普段着としても使えそうなジップタイプのラッシュガード。

胸元のブランドロゴがインパクトがあり、フード裏にもデザインが入ってとてもおしゃれですね!

全体的に少しルーズなサイズ感も今っぽいアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

NIKE(ナイキ)

ナイキはスポーツブランドとして有名で、素材や機能性に安心感のあるブランドです。

 

こちらのナイキのラッシュガードの特徴は、

  • ルーズタイプの半袖
  • 高いUVカットと断熱クーリング機能

デザイン面でも、胸ポケットの迷彩柄がとてもかっこよく映えた一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

adidas(アディダス)

アディダスは、スニーカーなどのスポーツ用品以外でも、おしゃれなメンズに定番人気のブランドですよね!

 

鮮やかな配色切り替えが目を引くラッシュガード。

スマートでかっこいい印象を与えれくれます。

世界で絶対的な人気のブランドで、もちろん機能性や着心地も言うこと無しの一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

Hurley(ハーレー)

ハーレーは、アクションスポーツとファッションを融合した、オーストラリア発祥の人気ブランドです。

 

普段着のTシャツとしても着ても全く違和感のない、おしゃれなデザインで仕上がった半袖のラッシュガード。

胸元に大きなブランドロゴがあしらわれた定番人気のアイテムです。

普段海に行かない人でも、こなれた印象にしてくれる一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ocean pacific(オーシャンパシフィック)

オーシャンパシフィックは、ブランドロゴの「OP」がシンプルでおしゃれな人気のサーフブランドです。

 

配色切り替えのラインがアクセントになったパーカータイプのラッシュガード。

シンプルなデザインなので、さまざまなサーフパンツと合わせやすく、おしゃれにキマりますよ。

かっこよさとスポーティーな雰囲気のバランスが絶妙な仕上がりですね!

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

O’NEILLオニール)

オニールは世界でウェットスーツをはじめて開発した、アメリカのサーフブランドです。

 

サーフブランドとしてだけでなく、スノーボードウェアなどもおしゃれで、メンズに人気がありますよ。

ジャストフィットシルエットのラッシュガードは、

  • UPF50+超紫外線カット
  • フロントの裾裏には、ずり下がり防止のボードショーツとドッキングできるストラップ付き

フロントのブランドロゴのデザインが可愛く、ベーシックな仕上がりの一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

OAKLEY(オークリー)

オークリーは、あらゆるスポーツのトップアスリートからも支持されているアメリカのブランド。とくにサングラスはおしゃれで、メンズから絶大の人気があります。

 

バックに大きめのプリントが施されたラッシュガード。

上下左右に伸びる4WAYストレッチで動きやすく、吸汗速乾にも優れます。

ポケットは砂や水が溜まるのを防ぐメッシュ素材が使われており、細部にわたるまで使いやすさを追求していますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

AROPEC(アロペック)

アロペックはダイビングやシュノーケリング関連のアイテムを扱っている、マリンスポーツではとても有名なブランドです。

 

水陸両用のラッシュガードで、

  • UPF50+で、UVカット率98.5%以上
  • 速乾性に優れて肌にはりつきにくい
  • 対塩素でプールでの使用も安心
  • ベーシックデザイン

な特徴があります。

シンプルでベーシックなデザインで幅広い年代から人気のアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Hele i Waho(ヘレイワホ)

「人と海を繋げたい」という思いから生まれた、マリンスポーツブランドのヘレイワホ

 

季節感あふれるオリジナルのボタニカル柄のラッシュガードで、海や夏にぴったりのデザインですね!

ヘレイワホのブランドらしい、着るだけでテンションが上がります。

ゆとりあるサイズのパーカータイプなので、海だけでなく普段着にも気軽に合わせられ、おしゃれにキメることができますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

FILA(フィラ)

イタリアで誕生したフィラは、カジュアルでスポーティなスタイルが有名なブランド。

 

90年代にも流行しましたが、今もまたおしゃれなメンズが注目していて人気があります。

フィラのメンズに人気のラッシュガードは、水陸両用のラッシュガード。

海だけでなく、レジャーやアウトドアなど、幅広く使えますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

VOLCOM(ボルコム)

アメリカで創業したボルコムは、スケートボード・スノーボード・サーフボードのSSS(スリーエス)を支え、支持の高いブランド。

ユニークなデザインのアイテムや、大人カジュアルなアイテムが多いことでも人気があります。

 

機能性抜群なベーシックなカラーで仕上がった、メンズに人気のラッシュガード。

ブランドらしさ溢れる、ストーンロゴや袖に入ったカモフラデザインがおしゃれでカッコいい仕上がりです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

RIP CURL(リップカール)

リップカールは、サーフアイテムを中心に、おしゃれなアイテム・雑貨を取り揃えているブランド。

特に帽子はおしゃれなメンズの定番といえるアイテムとなっています。

 

スポーティなデザインが印象のラッシュガード。

スッキリとしたキレイなシルエットと、両サイドのラインがスポーティなデザインで、とてもおしゃれにかっこよく着こなせます。

スポーツ慣れした雰囲気を演出し、清潔感と好感をもたらしてくれる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

RUSS-K(ラスケー)

サーフィンをするメンズなら誰もが知るラスケーは、遊び心を刺激する自由なファッションが人気です。

 

グラデーションカラーがおしゃれな、ハーフジップタイプのラッシュガード。

グラデーションカラーが違和感なく、海にマッチしておしゃれにキマりますよ。

ハーフジップで脱着もしやすく、着心地抜群に仕上がった一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

69 SLAM(ロックスラム)

インパクトのあるデザインが印象のロックスラムは、サーファーやBMXを主にターゲットにしたブランドです。

 

左肩から腕の斬新なデザインがとてもインパクトがあり、おしゃれなサーフスタイルが楽しめるラッシュガード。

着るだけで周りと差をつけられ、シンプルなデザインでは物足りないというメンズにおすすめです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

VISSLA(ヴィスラ)

カリフォルニアでスタートしたヴィスラは、自由な創造や前向きな思考が落とし込まれたデザインが人気のサーフアパレルブランド。

 

左胸のワンポイントと、バックのロゴデザインのみのシンプルなラッシュガード。

スポーティーな仕上げになっているので、メンズの男前度を上げてくれる一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

QUIKSILVER(クイックシルバー)

オーストラリアで誕生したクイックシルバーは、ボードショーツ が有名なサーフ&スノーブランド。

 

胸元のブランドロゴがいいアクセントになった半袖のラッシュガード。

UPF50+でしっかりと日焼けから守ってくれ、体にぴったりとフィットしてくれて男らしいシルエットを演出できます。

飽きのこないシンプルなデザインで、長く愛用できる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

どのブランドもこだわりのデザインがおしゃれで、海などさまざまなシーンで大活躍できるラッシュガードばかりでしたね。

メンズに人気のブランドのラッシュガードでおしゃれに決めて、夏のレジャーを楽しんでくださいね。

 

今回はメンズに人気のブランドのラッシュガードを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ