LINE@の登録はコチラ

ネクタイのシミ抜き!自宅でできる染み抜き方法や応急処置の方法も紹介!


気をつけていても食事の際にスープがついてしまったり、ネクタイを汚してしまったことはありませんか?

 

Sponsored Link

 

大事な商談の前に汚れてしまったら大変ですよね。

そこで今回はネクタイのシミ抜きと、自宅でできる染み抜き方法や応急処置の方法も紹介します。

 

 

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法を紹介!

ネクタイにシミができてしまったら、クリーニングに出していませんか?

クリーニングに出すのも一つの方法ですが、自宅でできる方法があるのをご存知ですか?

 

一般的に多く使われているシルクのネクタイのシミ抜き方法を参考にしてみてください。

それではさっそく、自宅でできるネクタイのシミ抜き方法を紹介します。

 

 

シミ抜き手順①:手洗い

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法手順1:手洗い

参照元:http://warriors2.up.n.seesaa.net/

手洗いの注意点ですが、手洗い=揉んで絞って叩くのイメージがありますが、こちらは極力避けてください。

 

ついたばかりの汚れや水溶性汚れは、強く揉まなくても十分に落ちます。

上記の画像の様に、できるだけネクタイをたたんだ状態で浸けて、揉むではなく洗剤液の中で泳がせるようなイメージで染み込ませてください。

 

ここで使う洗剤は、色落ちも考慮した中性洗剤がおすすめです。

またあまり浸けすぎるのもよくありませんので、20回程ゆらゆらと泳がせてから綺麗な水ですすいでくださいね。

 

 

シミ抜き手順②:水分を切る

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法手順2:水分を切る

参照元:https://xn--l8j0a5jld.com/

先ほども説明した通り、絞ったり強く叩くのは控えてください。

 

上記の画像の様に、バスタオルで優しく包み混み上から優しく押さえてください。

大事な事は焦らず丁寧に行うことですよ。

 

Sponsored Link

 

シミ抜き手順③:陰干し

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法手順3:陰干し

参照元:https://xn--l8j0a5jld.com/

手順2で水分が切れた後は、直射日光が当たる場所は避けて、風通しがいい場所で上記の画像の様に干してください。

 

直射日光が当たってしまうと急激に乾燥する事で、生地が傷んでしまう原因になります。

いい場所がみつからない場合は、夜に干して朝に取り込む方法でも問題ありませんよ。

 

 

シミ抜き手順④:アイロン

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法手順4:アイロン

参照元:https://image.customlife-media.jp/

しっかりと陰干しをする事でシワや型崩れはありませんが、少しヨレが気になりますのでアイロンを当てて綺麗に仕上げてください。

 

ここでの注意点は3つです。

  1. 直接アイロンを当てるのではなく、上記の画像の様に布を当ててアイロンを当てること。
  2. 強く押し込むのではなく、上記の画像の様に中温の蒸気を当てる様にします。
  3. 最後は裏側から当てていくと綺麗に仕上がりますよ。

 

 

シミ抜き手順⑤:総仕上げ

自宅でできるネクタイのシミ抜き方法手順5:総仕上げ

参照元:http://zyohoo.com/

自宅でできるネクタイのシミ抜き手順の最後は、一工夫加えることです。

 

一工夫とは上記の画像の様に、2本の太めの針金をネクタイの内側に通してアイロンを当てます。

ネクタイはぺったんこよりも、少し膨らみがある方が高級な雰囲気を演出できます。

 

上記の画像の様に針金を通してアイロンを当てることで、手順4でできてしまった端の部分の線に対して、丸みのある厚みを作る事ができますので、最後まで念入りに丁寧に行ってくださいね。

 

Sponsored Link

 

ネクタイについた染みの応急処置方法を紹介!

外出先でうっかり染みをつけてしまったことはありませんか?

ネクタイに限らずついてしまった染みは、処置が早ければ早い程落ちやすくなります。

 

また、染みの原因によっても処理方法は変わってきます。

ではどのような処置をすればいいのでしょう?

 

続いてはネクタイについた染みの応急処置方法を紹介します。

 

 

水溶性の染みの場合

ネクタイについた染みの応急処置方法:水溶性の場合

参照元:https://www.aoki-style.com/

水溶性のシミとは、

  • コーヒー
  • ジュース
  • お茶
  • 醤油

などの油分を含まない物のことです。

 

①ティッシュペーパーを使い、表面の染みを軽く濡らします。

  • ここでの注意点は、染みの中央部分からするのではなく、染みの端の部分から徐々に濡らしていく事です。
  • いきなり中心部を濡らすと染みが広がってしまいます。
  • この際の水分は、手洗い場にある石けん水を使えば汚れは落ちやすくなります。
  • ただ、後にしっかり洗剤を落とさないと生地の痛みの原因になりますので、注意が必要です。

 

②染みの裏側にハンカチを当て、乾いたハンカチかティッシュペーパーで押さえて染みを移しとります。

  • ここでの注意点は決して擦らない事です。
  • 擦ることで生地の痛みの原因に繋がります。

 

③後は裏側に当てるハンカチを交換し、作業を繰り返し行い徐々に水分を多くしていき、洗剤が残らない様にすることが大切です。

 

 

油性のシミの場合

ネクタイについた染みの応急処置方法:油性の場合

参照元:https://www.aoki-style.com/

油性のシミとは、

  • ケチャップ
  • カレー
  • 口紅

などの油分を含む物のことですよ。

 

油性の場合の染みの応急方法は、水溶性の処置と基本は同じです。

 

  • 注意する点は、染みに水分を当てる前にティッシュペーパーか、乾いた布で油分を押さえ、しっかりと油分を取り除いてから水分を当てること。
  • 水分の当てる際の注意点は、水分を少なめにし、ゆっくりと処置をしていくこと。

 

Sponsored Link

 

ネクタイのシミ抜きに使う道具を紹介!

今まで紹介してきた内容に出てきた、シミ抜きに必要な道具をまとめましたので参考にしてくださいね。

最後はネクタイのシミ抜きに使う道具を紹介します。

 

 

①家庭用中性洗剤

ネクタイのシミ抜きに使う道具1:家庭用中性洗剤

参照元:http://kininaruarekore.com/

ネクタイの手洗いで使う際に紹介した家庭用中性洗剤です。

 

なぜ中性洗剤を使うのかというと、洗浄力よりも色落ちや繊維への負担の軽減を考えられた洗剤だからです。

とくにネクタイの素材でよく使われるシルクの様なデリケートな素材に最適な洗剤ですよ。

 

ただ、紹介した通りあくまで手洗い・水洗いに使用する場合であり、洗う方法を守って行わないと色落ちや縮んだりしていますので注意が必要です。

 

【人気の中性洗剤】

▼花王 エマール リフレッシュグリーンの香り▼

 

▼LION アクロン ナチュラルソープの香り▼

 

▼P&G ボールド 香りのおしゃれ着洗剤▼

 

 

②アイロン

ネクタイのシミ抜きに使う道具2:アイロン

参照元:http://panasonic.jp/

アイロンはほとんどのご家庭にあるかと思いますが、ネクタイだけでなく衣類にも使える道具ですので揃えておきたいですね。

 

シミ取り方法でも紹介しましたが、ネクタイに使う場合は中温もしくは低温の温度で使用してくださいね。

160度以上になるとシルクの素材が高温で傷んでしまいます。

 

【人気のアイロン】

▼パナソニック コードレスアイロン CaRuRu(カルル)▼

 

Sponsored Link

 

③ネクタイキーパー

ネクタイのシミ抜きに使う道具3:ネクタイキーパー

参照元:http://www.naturalclean.co.jp/

ネクタイキーパーは一般のご家庭でお持ちの方は少ないと思いますが、ネクタイに厚みを持たせてくれる便利アイテムです。

 

ネクタイに膨らみを持たせるだけのアイテムになりますが、自宅でネクタイを手洗いする際に大事なアイテムになります。

 

【おすすめのネクタイキーパー】

▼ネクタイフォーマー▼

 

 

④菜箸

ネクタイのシミ抜きに使う道具4:菜箸

参照元:http://www.kyotosanjo-takematsu.com/

先ほど紹介したネクタイキーパーですが、手洗いの為に買うのはもったいないと感じている方には菜箸がおすすめですよ。

 

菜箸の使い方は1本の菜箸をネクタイに通し持ち上げて、横に立ててアイロンを当てていくだけです。

ネクタイキーパーと違い両サイドに引っ張る事ができないので、はじめはうまくいかない場合もありますが、自宅に必ずあるアイテムですのでとてもおすすめですよ。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

しつこいシミであれば、ネクタイの弱い素材から考えるとクリーニングに出す事をおすすめしますが、簡単なシミであれば自宅でも対応できるのでぜひ試してみてくださいね。

今回はネクタイのシミ抜きと、自宅でできる染み抜き方法や応急処置の方法も紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ