LINE@の登録はコチラ

名刺入れの選び方!おすすめのメンズのブランドやおしゃれな名刺入れも紹介!


社会人にとって、無くてはならない必須アイテムの一つが名刺入れですね。

 

Sponsored Link

 

身だしなみをしっかりしているのに、ビジネスマナー違反の名刺入れを持っていると、相手に好印象を持ってもらうことが難しくなります。

名刺入れは自分の顔ですので、正しい名刺入れを持ちたいですね。

 

そこで今回は名刺入れの選び方と、おすすめのメンズのブランドやおしゃれな名刺入れも紹介します。

 

名刺入れとカードケースの違いは?

『名刺入れを探しているのに、いつの間にかカードケースを見てしまっている…』

 

確かに名刺入れでもカードを収納できますし、カードケースに名刺を入れることもできます。

そのため、よく分からずに混合してしまいがちですが、しっかり違いを理解する必要があります。

 

まずは名刺入れとカードケースの違いを紹介します。

 

 

名刺入れとは?

名刺入れとは言葉の通り、自分の名刺や頂いた名刺を収納するアイテムのことを指します。

 

自分の名刺は、相手に自分と言う人間を知ってもらい、覚えて頂くために

  • 自分の名前
  • 会社名
  • 連絡先

が記載されている小型の紙ですね。

 

名刺入れとは?

参照元:https://vokka.jp/

 

名刺は自分を売り込むための重要なアイテムなので、折り曲がったり汚れていたりすると、自分の格を下げ、相手にも失礼にあたります。

また、相手から頂いた大事な名刺をポケットやカバンに無造作にしまうということは絶対に避けましょう。

 

つまり名刺入れとは、名刺を大事に収納するアイテムであることに加えて、名刺交換を行う際にのみ使う限定アイテムになります。

 

 

カードケースとは?

カードケースとは、こちらも言葉の通りカードを収納するためのアイテムです。

 

カードケースとは?

参照元:https://www.amazon.co.jp/

ご自身が持っている、

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • 免許証や保険証
  • ポイントカード

などを収納するのが一般的です。

 

あまり使わないカード類を財布に入れていると、財布が膨らんで生地の劣化を早めてしまうことに繋がります。

 

カードでパンパンの財布

参照元:https://kk318.jp/3990.html

 

そのため、利用頻度の低いものをカードケースに入れておくのがスマートですよ。

 

つまり、カードケースは日常使うカード類の整理をするものであって、名刺交換時に使う名刺入れとしては不向きになります。

 

Sponsored Link

 

名刺入れの選び方を紹介!

名刺入れとカードケースの違いはご理解頂けたと思います。

それでは、様々なデザインやカラーがある中でどんな名刺入れを選べば、

  • マナー違反にならない?
  • 相手に好印象を残せる?

 

続いては名刺入れの選び方を紹介します。

 

 

①色選び

おしゃれを重視して明るい派手な色を選ぶ方もいますが、ビジネスマナーから考えると一番のおすすめは黒色です。

 

とくに新社会人の方は黒色を選ぶ方が無難です。

ある程度の年齢や経験がつめば、多少は明るい色の名刺を持っても差し支えのない業界もありますが、基本は落ち着いた色がおすすめ。

 

名刺入れの選び方1:色選び

参照元:http://www.kabankan-tanimura.com/

 

黒以外だとネイビーやブラウンもおすすめですよ。

なるべくシックなカラーを選ぶことが、どの様な相手・場面においても印象が悪くなることはないでしょう。

 

 

②収納力の確認

お仕事や職種によって名刺交換の場面の多い少ないはあると思いますが、ビジネスパーティーなどに参加する機会も増えることを考えると、ある程度の収納力は欲しい所です。

 

目安としては、20〜30枚程度の収納力があれば大丈夫です。

名刺入れの選び方2:収納力の確認

参照元:https://www.shop.jal.co.jp/

 

名刺交換をすることが多いなら、自分の名刺が無くならない様に50枚程度の収納ができる名刺入れを選ぶことをおすすめします。

 

 

③機能面

収納枚数の他にも名刺入れを選ぶ上で、必ずチェックしておきたい機能性は、

  1. 仕切りがある
  2. マチ(※奥行き)にゆとりがある

 

名刺入れの選び方3:機能面

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

 

最低限として、自分と相手の名刺を仕切りで分けてキチンと整理しておきましょう。

複数の身分を掛け持ちしている方も仕切りがあれば便利ですよ。

 

また、名刺入れにしっかりとしたマチ(※奥行き)が無いと、出し入れがスムーズにいかない場合があるので、ゆとりあるサイズを選ぶ様にしましょう。

 

 

④縦型?横型?

名刺入れには大きく分けて縦型と横型の2種類があり、選び方としてはとくにどちらでないといけないという理由はありません。

 

現在の主流は横型が一般的ですが、以前は縦型が主流でした。

 

名刺入れの選び方4:縦型?横型?

参照元:https://llallalla.exblog.jp/

縦型の名刺は現在では、取締役・開業医・弁護士など、社会で力のある方の一つの象徴ともなっています。

 

名刺交換の際に、縦型の名刺を横型の名刺入れに入れることは特に問題ありません。

縦型は品格のある大人なイメージがありますので、新社会人の方であれば無難に横型がおすすめです。

 

 

⑤素材

名刺入れを選ぶときは素材もこだわりたいポイントです。

 

名刺入れの素材には

  • プラスチック
  • エナメル
  • アルミ
  • 木材

などたくさんあります。

 

その中でおすすめな名刺入れの素材は、あらゆる業界にもマッチするになります。

名刺入れの選び方5:素材

参照元:http://card-case.net/

 

避けた方がいい名刺入れの素材は、プラスチックやアルミ・エナメル素材です。

カジュアルな印象が強く、会社によっては禁止されている企業もあります。

また、傷や指紋が目立ちやすい点でも避けた方が無難ですよ。

 

 

⑥デザインやブランドは?

名刺入れを選ぶ上でデザインやブランドも気になりますね。

 

国内のビジネスマナーとしては、ブランドの主張が強いものや派手なデザインの名刺入れはおすすめましません。

 

名刺入れの選び方6:デザインやブランドは?

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

 

名刺交換は初見に行われる場面ですので、相手に誤解を招く恐れもあります。

一般の営業マンの名刺交換シーンを思い浮かべてみてください。

 

売り込みをしたい営業マンが高級ブランドの派手な名刺入れを持っていると、

『生意気だな…』

『チャラチャラしてて信用できなさそうだな…』

と、相手にネガティブなイメージや感情を抱かせてしまう可能性があります。

 

もちろん高級ブランドの名刺入れを持つことがダメという訳では無く、できるだけシンプルなデザインを選ぶ様にしましょう。

 

 

⑦名刺入れを購入する時の値段の相場は?

名刺入れの選び方7: 名刺入れを購入する時の値段の相場は?

参照元:http://www.fencesitterfilms.com/

派手な名刺入れも控えた方が良いですが、安っぽい名刺入れも避ける様に気をつけましょう。

  • 新入社員の相場:5,000円〜10,000円前後
  • 20代後半以降の相場:10,000円〜30,000円前後

 

デザインやどこのブランドにするか迷った場合は、高すぎず安すぎない相場を一つの目安にして選んでくださいね。

 

Sponsored Link

 

名刺入れのブランドでメンズにおすすめは?

名刺入れの選び方のポイントや注意点は把握できましたでしょうか?

何気ないアイテムである名刺入れですが、意外と奥が深いですね。

 

ただ単にブランドの名刺入れを選べば、大人の格を上げれるという訳ではありません。

 

ビジネスマナーにも違反しない人気のブランドの名刺入れとは?

おすすめのブランドの名刺入れを厳選してみました。

 

続いてはメンズにおすすめのブランドの名刺入れを紹介します。

 

 

Paul Smith(ポールスミス)

ポールスミスは、普段のファッションから活用しているメンズも多いのではないでしょうか?

 

シンプルなデザインにブランドのロゴも控えめなデザインなので、とても使いやすくなっています。

身近なブランドなら気負いせず選びやすいですね。

また20代から40代まで幅広い世代に親しまれているブランドでもあるので、若い世代のメンズでも選びやすいですよ。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

ホワイトハウスコックスは、大人メンズであれば財布で使っている方も多いブランドです。

 

ブランドの特徴でもある、ブライドルレザーを使った名刺入れ。

シンプルなデザインに上品な牛革を使用しており、品のある仕上がりになっています。

社会に慣れ出し、少しランクを上げたいと感じた時におすすめなブランドの名刺入れです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

COACH(コーチ)

ご存知の方も多いコーチは、アメリカを代表する高級革ブランドですね。

 

こちらの名刺入れも、極力無駄を省いたデザインで上品に仕上がっています。

レディースからも人気のブランドなので、男女問わず好印象を持ってくれそうな、おすすめのブランドの名刺入れです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

CYPRIS(キプリス)

キプリスは新社会人のメンズにもおすすめなブランドです。

 

様々な革の素材を使ったブランドで、値段も8,000円代から40,000円前後まであり、50代のメンズにおすすめな名刺入れまで豊富に揃っています。

こちらはシラサギレザーを使った名刺入れ。

アンティーク調の表面に無地のシンプルなデザイン仕上げで、価格帯もお手頃ですよ。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

タケオキクチも平均の価格帯は8,000円から12,000円前後になっており、無理せず選べるブランドです。

 

表面にブランドロゴが型押しされた名刺入れ。

カラーは、

  • ブラック
  • キャメル
  • ネイビー

の3色から選べます。

 

初めて名刺入れを持つメンズにもおすすめです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

Sponsored Link

 

BRITISH GREEN(ブリティッシュグリーン)

ブリティッシュグリーンは、ブライドルレザーを使った高品質ながら低価格な名刺入れで、20代のメンズに愛用者の多いブランド。

 

機能性もしっかりしており、65枚の名刺収納と4つのカードポケットがあって収納力も抜群ですよ。

機能性とデザイン性が揃ったおすすめのアイテムです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

GLENROYAL(グレンロイヤル)

グレンロイヤルは最高品質のブライドルレザーを使っているブランド。

 

馬具にも使われるブライドルレザーを使い、耐久性に優れているので長く使えます。

使い込むほどに味わいが増すレザーに、極力ムダのないシンプルなデザインで人気の名刺入れです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

dunhill(ダンヒル)

ダンヒルは社会人のメンズなら誰もが知ってるいるブランド。

ビジネスシーンで好まれるシンプルなデザインで、上品な仕上がりのアイテム展開をしており、幅広い世代のメンズに親しまれています。

 

凸凹のエンボス加工が特徴的で上品な名刺入れ。

よく見る名刺入れの表面とは異なるので、ワンランク上のオシャレな演出をすることができます。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

GANZO(ガンゾ)

ガンゾは最高品質を追求しているレザーブランド。

有名なコートバン(馬革)やリザード(トカゲ)・クロコ革など、様々な革素材を扱っています。

 

こちらはコートバンを使用した名刺入れ。

経年変化を楽しめる素材としておすすめで、使い込む度に味が深まる素材です。

名刺収納は30枚可能なので、十分なスペースが確保されています。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

ETTINGER(エッティンガー)

エッティンガーは、ホワイトハウスコックス・グレンロイヤルと並び、イギリスの革ブランドの中で御三家と言われる、世界的にも有名なブランド。

3ブランドの中で唯一、英国御用達ブランドとされている程の品質の高さをほこります。

 

内外でカラーのコントラストが違い、高級感の漂う名刺入れ。

デザインは無地でシンプルなので、先方に嫌なイメージを与えることなく使えます。

 

こちらの商品をもっと見る

 

Sponsored Link

PRADA(プラダ)

プラダはイタリアを代表する高級ブランド。

世界中から厳選した素材を使い、熟練の職人より生み出されています。

 

人気はエンボス加工が施されたスマートな名刺入れ。

ブランドのロゴがさりげないデザインなので、ハイブランドでも嫌な印象を与えません。

落ち着いた大人の雰囲気が漂うアイテムです。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

BVLGARI(ブルガリ)

ブルガリはメンズの香水ブランドとして長く親しまれていますが、名刺入れも上品で使いやすいブランド。

 

グレインレザーを使用したクラシカルな雰囲気の名刺入れ。

表面にはブランドのロゴがシンプルにつくだけで、とてもスタイリッシュですね。

またカード入れは6ポケットもあり機能性も十分です。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンは説明不要の、世界的に有名な人気ブランド。

国内・海外・世代を問わず多くのセレブからも人気です。

 

ブラックチェックがクールな印象のダミエアンフィニの名刺入れ。

程よい主張の名刺入れですが、隠せない高級感が漂っていますね。

スーツだけでなくカジュアルなコーデにもマッチしますよ!

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

GUCCI(グッチ)

グッチの人気の名刺入れは、高級ブランドの華やかさを抑えた名刺入れです。

 

型押しカーフレザーを使い、ビジネスシーンにマッチした落ち着いた仕上がりですよ。

ブランド特有のダブルGが唯一存在感を出しています。

ぜひワンランク上の大人スタイルを楽しんでください。

 

こちらの商品をもっと見る

 

 

あとがき

いかがでしたか?

できる大人を演出するのも大切なビジネステクニックですので、名刺入れの正しい選び方を理解し、自分にあった名刺入れを見つけてくださいね。

 

今回は名刺入れの選び方と、おすすめのメンズのブランドやおしゃれな名刺入れも紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ