LINE@の登録はコチラ

ひざ上丈のショートパンツ(ボタニカル)のメンズコーデ!人気でおすすめのボタニカルのひざ上丈ショートパンツを紹介!


リゾート感を味わえるボタニカル柄は、一着は持っていたいアイテムですよね。

夏の季節を感じさせてくれるので、メンズに人気のデザインです。

そこで今回はボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツのメンズコーデと、人気でおすすめのアイテムを紹介します。

Sponsored Link

 

ボタニカル柄と花柄の違い

「ボタニカル柄」と「花柄」の違いはご存知ですか?

似たようなイメージ、もしくは同じだと思っていたと言う方も少なくないこの2つ。

 

▼左:ボタニカル柄 右:花柄▼

ボタニカル柄と花柄のショートパンツ

 

ボタニカルは、日本語で「植物の」「植物学の」と言う意味があります。

従って、ボタニカル柄とは、植物をモチーフにしたプリントで、花よりも葉や茎、ツル、実が主役となったデザインのことを指します。

そのため、花柄と対比すると、ナチュラルな大人っぽさ、上品な印象にしてくれますよ。

 

対する花柄はそのままで、「花」をメインにデザインされた柄のことですね!

花も植物も両方描かれているデザインは、作り手次第でボタニカル柄・花柄のどちらとも言うことができます。

 

また、もう一つ似たデザインで「アロハ柄」がありますが、パイナップルやフラダンスを踊る女性・ハイビスカス・ヤシの木など、南国やトロピカルなモチーフが描かれているデザインのことを指します。

 

 

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツのメンズコーデ11例

人気のボタニカル柄のコーデは、おしゃれ上級者にもなれるアイテムです。

ぜひおしゃれなメンズコーデを参考にしてみてください。

それではさっそくボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツのメンズコーデを紹介します。

 

白のTシャツ×黒のインナー×スニーカー

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のTシャツ×黒のインナー×スニーカー

http://wear.jp

シンプルなトップスにさりげない小物遣いがおしゃれですね。

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツを合わせることで、おしゃれ度がグッとアップしたコーデが完成します。

 

 

白のTシャツ×サンダル×キャップ

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のTシャツ×サンダル×キャップ

http://wear.jp

カラフルなボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツが、コーデの主役になっていて夏らしさを漂わせてくれますね。

ボタニカル柄と白のTシャツは相性抜群の組み合わせで、おしゃれなメンズコーデに仕上がっています。

 

 

黒のポロシャツ×スニーカー

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×黒のポロシャツ×スニーカー

http://wear.jp

大人の雰囲気を漂わせるコーデにまとまっていますね。

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツとポロシャツを合わせたコーデは、上品な大人スタイルに仕上がっていてます。

 

Sponsored Link

 

水色のトップス×サンダル×ハット

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×水色のトップス×ハット

http://wear.jp

リゾート感を漂わせるコーデは、夏の雰囲気を楽しめるおしゃれなスタイルですね。

またボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツとサンダルを合わすことで、爽やかな仕上がりになっていますね。

 

 

白のTシャツ×スニーカー

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のTシャツ×スニーカー

http://wear.jp

トップスをシンプルにすることで、ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツが引き立っていますね。

リゾート感のあるおしゃれコーデはぜひ参考にしてみてください。

 

 

黒のポロシャツ×赤のデッキシューズ×ボーダーのサマーニット帽

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×黒のポロシャツ×赤のデッキシューズ×ボーダーのニット帽

http://wear.jp

全体のカラーバランスがとてもおしゃれにまとまっていますね。

赤のデッキシューズでアクセントをつけ、ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツでリゾート感を演出した、おしゃれなコーデはメンズらしさが感じられますね。

 

Sponsored Link

 

白のシャツ×ベージュのベスト×スニーカー

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のシャツ×ベージュのベスト

http://wear.jp

白のシャツを着ることで大人の雰囲気を漂わせていますね。

ベストとボタニカル柄のひざ上のショートパンツをベージュの色で合わせることで、統一感のある上品でおしゃれなメンズコーデに仕上がっています。

 

 

白のシャツ×スニーカー×ストローハット

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のシャツ×スニーカー×ハット1

http://wear.jp

夏の雰囲気を漂わせてくれる、季節感のあるコーデに仕上がっていますね。

白のシャツとボタニカル柄のショートパンツは相性がよく、様々なコーデに合わせやすいです。

 

 

白のシャツ×グレーのインナー×スニーカー×ストローハット

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のシャツ×グレーのインナー×ハット×スニーカー

http://wear.jp

シンプルなトップスの組み合わせとボタニカル柄のショートパンツは、着るだけでリゾート感を演出してくれるアイテムですよ。

シャツと合わせることで大人カジュアルコーデに仕上がっていますね。

 

 

白のTシャツ×スリッポン

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×白のTシャツ×スリッポン

http://wear.jp

さりげない小物使いがおしゃれで、ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツが引き立っていますね。

胸ポケットとスリッポンのカラーを合わせてバランスをとるなど、シンプルでも周りと少し差をつけたコーデに仕上げています。

 

 

ネイビーのTシャツ×スリッポン×キャップ

ボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツ×ネイビーのTシャツ×スリッポン×キャップ

http://wear.jp

シンプルなトップスに、薄めの色のボタニカル柄のショートパンツを合わせていますね。

子供っぽさがなくなり、大人カジュアルコーデに仕上がっていて、着るだけでこなれ感を演出していますね。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のボタニカル柄のショートパンツ5選

続いてはメンズに人気のボタニカル柄のひざ上丈のショートパンツを紹介します。

着るだけでおしゃれ度がアップするボタニカル柄は、一着あると着回しできるアイテムです。

ぜひお気に入りの一着をみつけてください。

 

セットアップ

これだけで簡単にコーデが完成する、長袖パーカーとのセットアップ

 

それぞれ単体で活用できるのもセットアップの魅力ですね!

素材はフワフワの肌触りが気持ちいいマイクロパイル地で、伸縮性・通気性・吸水性に優れ、汗をかいてもベタつきにくい仕様。

タウンユースからレジャーまで、夏に欠かせない一着となりますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

リサイクルコットン

程よい厚さのサラッと涼しげなリサイクルコットンで仕上がったショートパンツ。

 

ベルトループやバックポケットなど、イージーなはき心地ながらしっかりとした作りになっています。

リサイクルコットンとは、紡績段階で発生する落ち綿や不均一な糸を原料として再利用したものです。

総柄でも落ち着いた雰囲気があり、大人っぽく着こなせるアイテムですね!

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

程よい太さ

細すぎず太すぎない、程よい太さで幅広い年代から人気のショートパンツ。

 

すっきりとしたキレイなシルエットで大人っぽい雰囲気を演出してくれます。

肌触りの良い裏毛生地もポイントですよ。

ウエストはゴム仕様でストレスフリーのはき心地も魅力です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

スリムシルエット

夏のコーデもスタイリッシュにキメるならスリムなシルエットがおすすめ。

 

タイトでコンパクトな着丈で足長効果があり、スタイルをよく見せてくれます。

細身でもウエストはゴムで、さらに紐でも調整が可能なので楽なはき心地ですよ♪

オーバーサイズのシャツやTシャツと合わせるだけで簡単にトレンドのスタイルが完成します。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

水陸両用のボタニカルボーダー

タウンやレジャーのどちらにも使いやすい水陸両用のボタニカルボーダー柄のショートパンツ。

 

ボタニカルにボーダーの組み合わせが爽やかで大人っぽさも感じるデザインですね!

両サイドにしっかりポケットがあり、左ポケットはレジャーに便利なジップ付き。

右太もものパッチポケットには鍵などを結べるキーループが付いていて、海水浴やプールなどでも問題なく活躍してくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

夏にマストなアイテムのボタニカル柄は、おしゃれに仕上がりますよね。

トレンドのアイテムを抑えたコーデで、ぜひ夏のおしゃれを楽しんでください。

 

今回はボタニカル柄のひざ上丈ショートパンツのメンズコーデと、メンズに人気のアイテムを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ