アンクルパンツとは?メンズのおしゃれな着こなし方やおすすめのアンクルパンツを紹介!


アンクルパンツは、足首をさりげなく見せる事で軽さが生まれ、スタイリッシュな雰囲気を演出できます。

Sponsored Link

 

ただ実際に着こなしをしようと思うと、どんな見せ方をすればおしゃれになるのか?ここがやはり気になりますよね。

 

そこで今回は、アンクルパンツの説明と、メンズのおしゃれな着こなし方やおすすめのアンクルパンツをご紹介します。

 

contents

アンクルパンツとは?

アンクルパンツとは?

参照元:http://clubd.co.jp/

アンクルパンツとは、クロップドパンツの1種になります。

 

クロップドパンツであればメンズのスネを見せるイメージですが、アンクルパンツは、ankle=くるぶしを見せてコーデするパンツですね。

 

春夏であればアンクル丈が抜け感となり、上品で涼しげな大人スタイルが演出できます。

 

また秋冬であればアンクル丈を活かし、ショートブーツを合わせた、ブーツを全面に押し出せる大人コーデができますね。

 

Sponsored Link

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方!

注目のアンクルパンツを使いどのようにすればおしゃれに着こなしができるのか?

 

アンクルパンツの色の選び方や、おしゃれに着こなせるアイテムを紹介していきます。

 

そこで続いては、アンクルパンツのおしゃれな着こなし方をご紹介します。

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方1:
黒色のアンクルパンツを使う

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方1:黒色のアンクルパンツを使う

参照元:http://mensfashion-syosinsya.com/

まずはじめは、アンクルパンツの色選びですね。

 

丈がアンクルになっているだけなのでパンツ自体はとてもシンプルですので、カラーもたくさんあります。

 

その中でおすすめなのが、黒色のアンクルパンツです。

 

多くのパンツで言えることですが、黒色は収縮色の色になりますので、スリムなシルエットを表現できます。

 

とくにアンクルパンツであれば、抜け感が演出でき軽さが表現出来るので、春夏のスリムなスタイリッシュな着こなしができます

 

これからアンクルパンツの取り入れを考えているメンズや、見直しを考えているメンズも、まずは黒色を選択してください。

 

黒色はどんなアイテムとも合わせすいですのでおすすめです。

 

 

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方2:
デニムシャツを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方2:デニムシャツを合わせる

参照元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

ここからは、アンクルパンツでおしゃれなコーデは完成する、合わせるアイテムを紹介します。

 

まずは定番のデニムシャツです。

 

黒色のスキニーパンツデニムシャツのコーデですが、アンクルパンツでも十分おしゃれに着こなしができます。

 

上記の画像の様に、スリムな黒色のアンクルパンツを合わせれば、春のスタイリッシュなキレイめカジュアルな着こなし方ができますよ。

 

とても取り入れやすいと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方3:
スキッパーシャツを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方3:スキッパーシャツを合わせる

参照元:http://i1.wp.com/

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方3つ目は、スキッパーシャツと合わせる事です。

 

カジュアル色のスキッパーシャツですが、アンクルパンツと合わせる事で、全体のバランスがとてもよく仕上がり、おしゃれなキレイめカジュアルなコーデができます。

 

上記の画像の様に、アンクルパンツに革靴の組み合わせに、ラフなレイヤードスタイルをプラスする事で、うまくカジュアルダウンさせることができます。

 

おしゃれな着こなしの大事なポイントはバランスです!キレイめアイテムばかりだと息がつまってしまいますので、カジュアルなアイテムで着崩したり、その逆も大切ですよ!

 

この春夏のアンクルパンツの着こなしには、ぜひここを意識してみてください。

 

Sponsored Link

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方4:
ロングアウターを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方4:ロングアウターを合わせる

参照元:http://clubd.co.jp/

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方4つ目は、ロングアウターと合わせる事です。

 

スリムなアンクルパンツにはロングアウターを合わせる事で、キレイなYラインが表現出来ます。

 

上記の画像の様にステンカラーコートを合わせれば、下半身のスリムなライン上半身のビッグサイズが、見事に合わさったキレイめな着こなしが出来ますよ。

 

 

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方5:
スリッポンを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方5:スリッポンを合わせる

参照元:http://monde.jp/

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方5つ目は、スリッポンを合わせる事です。

 

上品な雰囲気のあるアンクルパンツですが、スリッポンを合わせる事で、カジュアルな雰囲気を加える事が出来ます

 

上記の画像の様にデニム素材のアンクルパンツには、スリッポンを合わせる事で全体との統一感が生まれ、大人のカジュアルな着こなしが出来ます。

 

また少しキレイめなスタイルにスリッポンを合わせれば、カジュアルダウンとしても使えますよ。

 

表現したい着こなし方を演出する事が出来るスリッポンは、アンクルパンツと相性抜群ですよ。

 

 

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方6:
ローファーを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方6:ローファーを合わせる

参照元:https://i2.wp.com/

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方6つ目は、ローファーを合わせる事です。

 

さきほどのおしゃれな着こなし方「5」と同じく、さまざまな表現方法が出来るのがローファーです。

 

パンツの丈が短い事に少しでも抵抗がある方には、とくにおすすめのアイテムです。

 

アンクル丈の上品な雰囲気に、フォーマルなローファーを合わせる事で、大人感を上げた着こなし方が出来ます

 

またアンクル丈の定番アイテムであるローファーですので、少しでも周りとの差をつけるなら、タッセルローファーがおすすめです。

 

上記の画像の様にアンクルパンツにタッセルローファーを合わせるだけで、ワンランク上の大人の着こなしが出来ますよ。

 

 

 

 

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方7:
サンダルを合わせる

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方7:サンダルを合わせる

参照元:http://img.ur-blog.jp/

アンクルパンツのおしゃれな着こなし方の最後は、サンダルを合わせる事です。

 

これからの春夏に最適なアイテムといえば、サンダルです。

 

上記の画像は、白色のTシャツにアンクルパンツを合わせたサーフ系コーデです。

 

サーフ系コーデは、今メンズにとても人気がありますよね。

 

サンダルを加えるだけで全体に抜け感が生まれ、季節感のあるコーデに仕上がります。

 

デートなどでも使える着こなし方ですので、アンクルパンツにサンダルの着こなし方は、覚えておいてくださいね。

 

Sponsored Link

 

おすすめのメンズのアンクルパンツを紹介!

おしゃれな着こなし方を見ると、早く自身のコーデに活用したくなりませんか?

 

最後は、おすすめのメンズのアンクルパンツをご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

デザイン性の高いカットオフの
メンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、デザイン性の高いカットオフのアンクルパンツです。

 

トレンドのカットオフで仕上がった、おすすめのアンクルパンツです。

 

デニム素材を活かしながら、デザイン性があるアンクルパンツなので、履くだけで存在感を演出する事が出来ますね。

 

またスリムなアンクルパンツになっているので、こなれ感のあるスタイリッシュな着こなしが出来る、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

ダメージ加工にカットオフの
メンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、ダメージ加工にカットオフのアンクルパンツです。

 

さきほどのデザイン性のあるカットオフと同じく、トレンド要素の高いアンクルパンツです。

 

デニム素材を活かしたメンズらしいワイルドな雰囲気を演出するなら、ダメージ加工のカットオフデザインがおすすめです。

 

シンプルなワイルドな雰囲気だけでなく、アンクルパンツにする事で上品な雰囲気が加わり、おしゃれなメンズを表現する事が出来るアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

ホワイトデニムのメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、ホワイトデニムのアンクルパンツです。

 

春夏の定番カラーといえばホワイトカラーですよね。

 

ホワイトカラーは、清潔感と清涼感が表現できます。

 

アンクル丈と合わせる事で、上品な大人スタイル表現できる、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる

 

 

 

シンプルデザインのメンズにおすすめのアンクルパンツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンクルパンツ 9分丈/b546/2カラーS.M.L.XL
価格:3480円(税込、送料別) (2018/4/3時点)

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、シンプルデザインのアンクルパンツです。

 

無地のデザインで仕上がった定番のアンクルパンツですね。

 

無地デザインスリムシルエットなので、キレイめカジュアルな着こなしができます。

 

どのアンクルパンツにするか迷ったら、こちらのアンクルパンツがおすすめです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

スキニーデニムのメンズにおすすめのアンクルパンツ

このアンクルパンツをもっと詳しくみる

 

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、スキニーデニムのアンクルパンツです。

 

大人の上品なカジュアルパンツと言えば、スキニーデニムですね。

 

一般のスキニーに比べ伸縮性も抜群にあるので、季節にあったスリムシルエットを表現できますよ。

 

春夏は、ストレスフリーで着こなしたいですよね!

 

Sponsored Link

 

スラックスのメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、スラックスのアンクルパンツです。

 

スラックスをアンクル丈にする事で、抜け感が生まれますね。

 

また定番のジャケットとのコーデもアンクル丈にする事で、フォーマル感が下がり、大人カジュアルな着こなしが出来る、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

ストライプ柄のメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、ストライプ柄のアンクルパンツです。

 

ワーク系も取りれたアイテムが多いブランドから展開されている、ラフカジュアルな着こなしができるストライプ柄です。

 

少しワイドな仕上がりになっており、適度なゆるさを表現することができます。

 

春夏のアメカジスタイルにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

鮮やかデザインのメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、鮮やかデザインのアンクルパンツです。

 

色鮮やかなカラーを使った花柄デザインが、リゾートコーデに最適な1着ですね。

 

上半身はシンプルなアイテムに、足元にはローファースリッポンを合わせれば、普段着としても使う事ができますね。

 

サンダルを合わせれば夏のリゾートコーデになるなど、さまざまなコーデが表現出来る、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

迷彩柄のメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、迷彩柄のアンクルパンツです。

 

メンズに人気のデザインで外せないのが、迷彩柄ですね。

 

メンズらしさを表現出来る、おすすめのアンクルパンツです。

 

アンクルパンツにする事で上品さが加わり、足元を白色で合わせれば、上品な大人カジュアルが表現出来る、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる
 

 

ジョガータイプのメンズにおすすめのアンクルパンツ

こちらのメンズにおすすめのアンクルパンツは、ジョガータイプのアンクルパンツです。

 

トレンドのジョガーパンツがアンクル丈になった、おすすめのアンクルパンツです。

 

ストレッチ素材で仕上がっているので、動きやすくラフな着こなしが出来ます。

 

またアンクル丈にする事で美ラインを表現できるので、ラフな着こなしながら上品な演出ができる、メンズにおすすめのアンクルパンツです。

 

このアンクルパンツをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

アンクルパンツの着こなしは難しくありません!

 

少し合わせるアイテムや色を意識することで、おしゃれなコーデが完成します。

 

この春夏はアンクルパンツを活用し、上品でおしゃれなコーデを表現してくださいね。

 

今回は、アンクルパンツの説明と、メンズのおしゃれな着こなしやおすすめのアンクルパンツをご紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ