夏服コーデのイメージはできていますか?

着用アイテムが少なくなり、半袖や短パンコーデが増えるため、メンズの夏服はシンプルでカジュアルになりがちです。

いくつかのパターンはお持ちだと思いますが、少しでも周りと差をつける為にも、着こなしの方法を変えてパターンを増やしてみませんか?

そこで今回は夏服のメンズのコーデ2021と、おしゃれに夏服を着こなす方法を紹介します。

Sponsored Link

おしゃれに夏服を着こなす方法を紹介!

冬の着こなしと違い、夏の着こなしはアイテムも少なく、シンプルなコーデが増えるだけにバリエーションを増やしたいですよね。

まずは、おしゃれに夏服を着こなす方法を紹介しますので、参考にしてください。

①タンクトップでレイヤード

メンズの夏コーデで思い浮かべるアイテムと言えば、「Tシャツ」ではないでしょうか?

シンプルな無地のTシャツでも、タンクトップをレイヤードすることでこなれ感を演出できます。

タンクトップをレイヤードする

参照元:https://wear.jp/

カラーはどんなコーデにも万能に使える「白」がおすすめ。

チラッと見せるだけでコーデにメリハリや爽やかさが加わり、アイテムを重ねることで深みも出ます。

②ビッグシルエット

Tシャツコーデのバリエーションを考えるなら、トレンドのビッグシルエットはもはや当たり前に押さえておきたいところ。

シンプルなアイテムになる夏服コーデですが、シルエットに変化を加えることで、おしゃれ度もアップします。

ビッグシルエット

参照元:https://wear.jp/

近年ではよりビッグなシルエットが人気となっており、袖丈は5~6分袖ぐらいがスタンダードになってきています。

また、ボトムスに関してもワイドパンツがトレンドになっているので、まだお持ちでない方は1本揃えておくと旬な着こなしを楽しめますよ。

③素材感とカラーでキレイめな雰囲気を作る

夏のコーデはどうしてもカジュアルなスタイルになりますが、素材感とカラーで大人っぽさを作ることも可能です。

まずカラーは、白・黒のモノトーンが最もキレイめな雰囲気を作ってくれます。

そして、Tシャツもシャツにも共通することですが、ガサッとした生地よりもツルっと上品な光沢のある生地を選ぶと、それだけでキレイめな雰囲気を演出できますよ。

素材感でキレイめな雰囲気を作る

参照元:https://wear.jp/

今ではUNIQLOやGUなどのプチプラブランドのTシャツを活用しているインフルエンサーも決して少なくありません。

技術の発達により、安くても高見えするTシャツがたくさんリリースされているので、手に入れるのにそこまで苦労はしないはずです。

また、今夏は「白パンツ」が非常に人気なので、一本揃えておけば重宝しますよ。

Sponsored Link

④タックイン

分かりやすく周りと差別化できる着こなし方法としてはタックインがおすすめ。

「ハードルが高い…」と感じるメンズも多いかと思いますが、

  • トップス:ボトムス=1:2
  • 裾はブラウジング(シャツの裾をインしてから少し引っ張り出してふんわりさせる)してゆったりインをする

この2点を守るだけでもサマになりますよ。

タックインコーデ

参照元:https://wear.jp/

●タックインがオシャレに見える理由

  1. 脚長効果によって縦ラインが強調され、スタイルアップする
  2. キチッと感がアップし、大人っぽい雰囲気に仕上がる

全く同じアイテムを使ったとしても、ただ着るだけとタックインだと印象が大きく変わるので、今夏はぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

⑤セットアップ

昨年からずっと続いているセットアップの人気ですが、ますます加速しています。

以前までだと、「セットアップ=テーラードジャケット&スラックス」でしたが、今はシャツとのセットアップも多く展開されていますよ。

セットアップ

参照元:https://wear.jp/

子供っぽくなりやすいショートパンツもセットアップなら大人っぽいスタイルに。

足元のグルカサンダルも抜け感を作りつつ、キレイめな雰囲気にまとめてくれていますね。

⑥アクセサリーや小物の活用

シンプルで地味な印象を払拭するための方法としておすすめなのがアクセサリーや小物を活用すること

アクセサリーはブレスレット・ネックレス・リング・ピアスなどありますが、最もおすすめなのは「腕時計」。

小物は「バケットハット」や「ボディバッグ」がおすすめです。

アクセサリーや小物を活用

参照元:https://wear.jp/

自然体であることが文化であるメンズファッションにおいて、機能的な役割を持たないアクセサリーをたくさん付けすぎるとイヤミな印象になるので注意です。

腕時計や帽子、バッグなどは、ファッション的な要素以外に、機能的な役割(日除け・荷物を運ぶ・時間を確認するなど)も備えているため、違和感を与えることがありません。

こちらも少し装飾を加えるだけで大きく印象が変わるので、取り入れやすいものからぜひトライしてみて下さいね。

Sponsored Link

夏服のメンズのコーデ15例

オシャレな着こなし方法は他にもたくさんありますが、色々なパターンのおしゃれな夏服のコーデを集めてみましたので、ぜひ参考にしてください。

それでは夏服のメンズのコーデ2021を紹介します。

バンドカラープルオーバーシャツ×ベージュのバルーンパンツ×グルカサンダル

バンドカラープルオーバーシャツ×ベージュのバルーンパンツ×グルカサンダル

参照元:https://wear.jp/

半袖のプルオーバータイプのシャツを使ったキレイめカジュアルコーデ。

くすみイエローの色味が絶妙で、カラー使いで周りと差をつけています。

上下がくすみカラーなのでぼんやりした印象にならないように、足元は黒のグルカサンダルでコーデを引き締めていますね。

白T×チェック柄ワイドパンツ×スニーカー×キャップ

白T×チェック柄ワイドパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

優しい雰囲気な色味の茶系でまとめたブラウンコーデ。

ブラウンは濃淡をしっかりと作っているので、統一感がありつつもメリハリのあるスタイルに。

地味になりやすい茶系ですが、チェック柄を取り入れることで華やかな雰囲気を演出していますね。

ブルーの総柄シャツ×白T×アイスブルーのワイドスラックス×スニーカー

ブルーの総柄シャツ×白T×アイスブルーのワイドスラックス×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

夏のお出かけの気分を盛り上げてくれる総柄シャツのコーデ。

上下を同じブルー系でまとめることで、総柄でもごちゃつかずに統一感のある着こなしに。

インナーの白Tをタックインしてこなれた雰囲気も作っていますね。

タイダイ柄Tシャツ×黒のショートパンツ×サンダル

タイダイ柄Tシャツ×黒のショートパンツ×サンダル

参照元:https://wear.jp/

タイダイ柄のTシャツを取り入れたアウトドアスタイル。

フェスなどの野外イベントに人気で、カラフルで華やかな雰囲気が夏のレジャーシーンにぴったりですね。

かなり主張の強いアイテムなので、他のアイテムは全て黒でまとめてカジュアルになり過ぎないようにしています。

バックプリントTシャツ×白のバギーパンツ×サンダル

バックプリントTシャツ×白のバギーパンツ×サンダル

参照元:https://wear.jp/

一枚でしっかりと主役になってくれるバックプリントTシャツも夏に重宝できるアイテム。

ワイドなシルエットでも白のパンツが爽やかさや上品な雰囲気を演出してくれていますね。

足元はロールアップでスッキリさせ、野暮ったくならないようにしています。

Sponsored Link

Tシャツ×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

Tシャツ×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

シンプルなTシャツと黒スキニーの夏コーデ。

差別化するためにTシャツはトレンドのくすみカラーをチョイス。

また、ソールが厚めのスニーカーで個性をさらに少しプラスしていますね。

チェック柄オープンカラーシャツ×黒T×白のワイドパンツ×サンダル

チェック柄オープンカラーシャツ×黒T×白のワイドパンツ×サンダル

参照元:https://wear.jp/

クラシカルなチェック柄で上品な着こなしになっていますね。

トップスをシックなカラーでコーデするとグッと落ち着いた印象になります。

ハーフジップT×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

ハーフジップT×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

アクセサリーのような装飾性と、襟付きでキレイめな雰囲気を演出してくれるハーフジップT。

無地のシンプルな着こなしでも物足りなさを感じさせないですね!

グリーンTシャツ×ブラウンのワイドパンツ×シューズサンダル

グリーンTシャツ×ブラウンのワイドパンツ×シューズサンダル

参照元:https://wear.jp/

シンプルなTシャツコーデをタックインで小慣れスタイルに。

Tシャツのロゴがいいアクセントになっていて、バックもプリントデザインになっているので、一枚でも物足りなさを感じません。

トップスとボトムスの比率や、裾のふんわり加減など、タックインの参考にしたい着こなしですね。

黒の半袖シャツ×白T×グレーのバルーンパンツ×スニーカー

黒の半袖シャツ×白T×グレーのバルーンパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

白・黒・グレーのモノトーン3色でまとめた清潔感のあるコーデ。

白とグレーの面積を大きすることで爽やかで軽やかな印象に仕上がっています。

バッグや小物で差し色を入れるのもおすすめですよ。

Sponsored Link

白T×デニムパンツ×サンダル

白T×デニムパンツ×サンダル

参照元:https://wear.jp/

白Tとデニムパンツを合わせた定番のカジュアルコーデ。

キレイめを意識することは重要ですが、時にはカジュアルに振り切って夏らしさを楽しむこともおすすめ。

白のサンダルはコンフォートサンダルが人気ですね。

半袖シャツとショーツのセットアップ×白T×グルカサンダル×ストローハット

半袖シャツとショーツのセットアップ×白T×グルカサンダル×ストローハット

参照元:https://wear.jp/

黒のセットアップが大人っぽいショートパンツスタイルにしてくれています。

夏というとどうしても明るいカラーを選びたくなりますが、まずは黒から始めるのがおすすめですね。

上品なグルカサンダルや季節感を高めてくれるストローハット、個性的なパールネックレスなど、小物も非常にうまく活用しています。

白T×ショートパンツ×スニーカー×キャップ

白T×ショートパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルでクールな雰囲気が魅力のストリートコーデ。

シンプルになり過ぎないようにソックス見せコーデで個性を加え、周りと差別化した着こなしにしています。

半袖バンドカラーシャツ×アンクルスラックス×スニーカー

半袖バンドカラーシャツ×アンクルスラックス×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

タックインはTシャツだけでなく、シャツもおすすめ。

Tシャツよりもキチッとした大人の雰囲気が強くなります。

アンクルパンツで足元に抜け感を作り、上下が濃い配色でも軽やかな印象に仕上げていますね。

黒T×ショートパンツ×サンダル

黒T×ショートパンツ×サンダル

参照元:https://wear.jp/

海や川、キャンプなど、夏のレジャーやアウトドアシーンもカジュアルなコーデがよく似合います。

パタゴニアのバックプリントTや、バギーズショーツはサーフファッションやアウトドアコーデに非常に重宝されているアイテムですね。

コーデが難しそうなオレンジも、夏は気兼ねなく取り入れることができます。

あとがき

いかがでしたか?

メンズの夏服コーデは、重ね着できる程の量もありませんので、おしゃれなコーデ画像や着こなし方法を参考にし、ご自身のバリエーションを増やしてくださいね。

今回は夏服のメンズのコーデ2021と、おしゃれに夏服を着こなす方法を紹介しました。

Sponsored Link