ビッグシルエットとは、縦・横・袖=着丈・身幅・袖幅が大きいサイズのことをいいます。

もちろん3つが揃わなくても、身幅だけが大きい場合もビッグシルエットと言ったりするので、明確な定義はありません。

今このビッグシルエットが、男女ともに人気のコーデになっています。

ではどのようなコーデがおしゃれなビッグシルエットになるのか?

今回はビッグシルエットのメンズコーデと、着こなしのコツや人気のビッグシルエットアイテムも紹介します。

ぜひコツを掴んで、トレンドのコーデを取り入れてくださいね。

Sponsored Link

ビッグシルエットの着こなしのコツ

ビッグシルエットをコーデに取り入れる上でまず押さえておきたいことは、オーバーサイズのシルエットは「カジュアルなスタイル」になり、程よい「リラックス感」があること。

つまり、ビッグシルエットをおしゃれにバランスよく取り入れるには、必ずキレイめな要素を組み込む必要があります。

キレイめな雰囲気を作るには様々な方法がありますが、

  • キレイめアイテムを組み込む(シャツ・ジャケット・ロングコート・スラックス・ドレスシューズなど)
  • モノトーンをベースにする(白・黒・グレー)
  • ボトムスを細身のアイテムにする

まずはこの3点を意識するだけでも印象が大きく変わりますよ。

ではビッグシルエットのメンズコーデの着こなしのコツを紹介していきます。

①ボトムスは上品見えするアイテムを

トップスのみのオーバーサイズから、現在はボトムスもゆったりルーズなシルエットのパンツが人気。

カジュアルになり過ぎないようにするためには、スラックスやトラウザーなどの上品見えするアイテムがおすすめです。

落ち感のあるボトムスを合わせる

参照元:https://wear.jp/

元々ドレスな雰囲気の強いボトムスならシルエットをルーズにしてもカジュアルになり過ぎることがありません。

もしスラックスではなくても、センタープレスが入ったパンツや、光沢や高級感のあるTR素材を使ったパンツもおすすめですよ。

②黒色を取り入れる

ビッグシルエットで失敗したくないなら、カラー使いも重要です。

カジュアルなアイテムやシルエットでもキレイめな雰囲気を作るには、モノトーンの中でも引き締め効果のある黒を取り入れましょう。

黒を取り入れる

参照元:https://wear.jp/

上下に黒を取り入れればよりフォーマルな雰囲気が高まります。

このコーデで細身だとキメ過ぎな印象になってしまいますが、シルエットがルーズなおかげでリラクス感のあるスタイルになっていますね。

Sponsored Link

③トラッド感のある(キレイめな)アイテムを合わせる

トラッドなスタイルとは、「トラッド=トラディショナル(traditional)」の略で、伝統的なファッションスタイルを指します。

英国紳士のような時代に左右されない普遍的な服装で、代表的なアイテムはシャツやテーラードジャケット・コート・スラックス・革靴などです。

トラッドなアイテムを合わせる

参照元:https://wear.jp/

ロングコートやニット、セットアップを使ったトラッド感のあるコーデですね。

ドレスライクなアイテムがルーズでも大人の雰囲気溢れるコーデに仕上げてくれます。

④足元をスッキリとさせる

ビッグシルエットを野暮ったい印象にさせないために、ボトムスを合わせる時は足元をスッキリとさせることが重要。

足元をスッキリさせる

参照元:https://wear.jp/

特に上記画像のようなデニムパンツやチノパンは野暮ったくなりやすいので、もしクッションができるときはロールアップしましょう。

全体に清潔感とスタイリッシュさを表現しているので、ロンTをビッグサイズにしてもだらしなくならずに、大人の雰囲気を残していますね。

フルレングスのパンツでも、裾がダボつかないようにすれば大丈夫ですよ。

あえてクッションを作る着こなしもありますが、オシャレに見せるハードルがかなり上がるので、まずはスッキリした足元を作ることを意識しましょう。

⑤着せられてる感を無くすには

オーバーサイズのアイテムを着用した時に気をつけたい「着せられてる感」。

身長がそれなりに高いメンズはさほど気にする必要はないですが、日本人なら低身長やスタイルの悪さに悩むメンズ多いはず。

着せられている感を無くす、スタイルアップする着こなし方法としておすすめなのが、

  • トップスの袖をまくる
  • マフラー・ストールの活用
  • パンツとシューズを黒にする
  • パーカーを使う
  • タックイン

この辺りがすぐにできておすすめです。

スタイルアップ方法

参照元:https://wear.jp/

スタイルをよく見せるには、「顔を小さく見せる」・「足を長く見せる」この2点が重要。

できることからぜひ取り入れてみて下さい。

Sponsored Link

ビッグシルエットのメンズコーデ12例

続いてはビッグシルエットのメンズコーデを紹介します。

コツがわかった所で、おしゃれ上級者はどんなコーデをしているのか?

色々なコーデを集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

春夏コーデ

白のロンT×黒のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

白のロンT×黒のワイドパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルなアイテムを白・黒のモノトーンで大人っぽく着こなしたコーデ。

パンツはアンクル丈なのでスッキリした印象で、抜け感があって涼しげです。

カジュアルになり過ぎないようにロンTは無地でシンプルなアイテムをチョイスしていますね。

総柄シャツ×ワイドセンタープレスパンツ×ドレスシューズ

総柄シャツ×ワイドセンタープレスパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

春・秋に定番のシャツスタイル。

インパクトのあるデザイン性の強い柄ですが、シックなカラーで色味も抑えてあるので使いやすいですね。

無地のシャツ×スラックスだと地味になりがちですが、柄が個性と華を加えてくれています。

カーディガン×オープンカラーシャツ×白T×白のワイドパンツ×ドレスシューズ

カーディガン×オープンカラーシャツ×白T×白のワイドパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

白をベースにした春夏らしい爽やかなコーデ。

ライトなベージュやグレーなど少し色味を加えることでメリハリを作っています。

ぼんやりした印象にならないように足元は黒のドレスシューズで引き締めていますね。

黒のバックプリントT×グリーンのワイドパンツ×サンダル×バケットハット

黒のバックプリントT×グリーンのワイドパンツ×サンダル×んバケットハット

参照元:https://wear.jp/

カジュアルになりやすい夏は小物使いも重要になってきます。

ネックレスやブレスレット、腕時計などのアクセサリーに加え、バケットハットやバッグで装飾性をプラス。

黒のアイテムを多めの使っていますが足元もサンダルで抜け感があり、涼しげな印象に仕上がっていますね。

ベージュのTシャツ×ワイドスラックス×サンダル×バケットハット

ベージュのTシャツ×ワイドスラックス×サンダル×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

シンプルな着こなしでも周りと差をつけてくれるタックインコーデ。

腰の位置が高くなることで脚長効果があり、スタイルアップしてくれますよ。

また、タックインすることでキチッと感が高まり、大人っぽいスタイルに仕上がります。

黒のオープンカラーシャツ×グレーT×ハーフカーゴパンツ×グルカサンダル

黒のオープンカラーシャツ×グレーT×ハーフカーゴパンツ×グルカサンダル

参照元:https://wear.jp/

半袖シャツは適度な抜け感と大人っぽさを演出してくれるオープンカラーシャツがおすすめ。

革靴のような上品さとサンダルのラフさを併せ持ったグルカサンダルも夏の足元にピッタリですね。

短パンは特に子供っぽくなりやすいので、「キレイめな雰囲気をどう作るか?」特に意識が必要ですよ。

Sponsored Link

秋冬コーデ

ネイビーのカーディガン×白T×デニムパンツ×スニーカー

ネイビーのカーディガン×白T×デニムパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

季節の変わり目に1枚持っておくと便利なカーディガン。

肉厚で落ち感のアイテムを選べば「学生」や「おじさん」っぽい印象になりにくいですよ。

加工感の強いデニムパンツはカジュアルになりやすいですが、クッションを作らずスッキリした足元にしていますね。

シャツジャケットのセットアップ×黒T×ドレスシューズ

シャツジャケットのセットアップ×黒T×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

セットアップの人気もまだまだ衰えを知りません。

ジャケットはもちろん、シャツやベストブルゾンなど様々なトップスとのセットアップが展開されていますね。

いずれのアイテムでも着れば誰でもサマになりやすく、大人っぽいスタイルにしてくれますよ。

ブルーのニットベスト×ストライプシャツ×ワイドパンツ×ドレスシューズ

ブルーのニットベスト×ストライプシャツ×ワイドパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

羽織るだけで周りと差をつけてくれるニットベストコーデ。

素材が大人っぽさを演出し、レイヤードすることでこなれた印象にもしてくれます。

シャツだけでなく、Tシャツとの相性も抜群なので、1枚持っておけばコーデの幅を広げてくれますよ。

トレンチコート×パーカー×チェックパンツ×ドレスシューズ

トレンチコート×パーカー×チェックパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

低身長のメンズだと着せられてる感が出やすいオーバーコートは、パーカーやマフラーなどと合わせて小顔効果を作りたい所。

くすんだベージュが秋冬らしい季節感を感じますね。

色彩が明るめのコーデなので、シューズの黒で全体を引き締めた印象にしています。

ダウンジャケット×スウェット×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

ダウンジャケット×スウェット×白のタンクトップ×黒スキニー×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

モコモコでボリューム感があり、カジュアルになりやすいダウンジャケットは黒スキニーやテーパードパンツで作るYラインコーデがおすすめ。

上下が暗くなるときは白Tや白シャツをレイヤードして襟元や裾から見せてメリハリと爽やかさを。

足元も白ソールのスニーカーを合わせれば軽い印象に仕上がります。

ステンカラーコート×グレーのロンT×白のワイドパンツ×スニーカー

ステンカラーコート×グレーのロンT×白のワイドパンツ×スニーカー

参照元:https://wear.jp/

1着目のロングコートとしておすすめのステンカラーコート。

キレイめ・カジュアルのどちらにも着こなしやすく、シンプルなデザインで着回し力にも優れます。

暗くて重くなりがちな秋冬コーデに白パンツを1本持っておけばコーデを明るくし、爽やかさや上品さを加えてくれますよ。

Sponsored Link

メンズに人気のビッグシルエットアイテム6選

どんなアイテムを使えばおしゃれなコーデができるのか?

では最後にメンズに人気のビッグシルエットアイテムを紹介します。

白シャツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:7260円(税込、送料無料) (2021/8/31時点)

全体に1枚は持っておきたいシンプルな無地の白シャツ

一枚、羽織り、インナー、レイヤードと、あらゆるスタイル・着こなし・カラーにマッチしてくれる本当に万能な1枚です。

素材はブロード生地が最も上品な印象にしてくれますが、少しカジュアルな表情になるオックスフォードも定番で人気。

コーデを爽やかで清潔感のあるスタイルにしてくれますよ。

パーカー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5500円(税込、送料別) (2021/8/31時点)

一枚でもインナーでも活躍してくれるパーカーは、季節の変わり目から本格的に寒い時期まで長く使える便利アイテムですね。

12.4オンスの肉厚生地にキレイに立ったフードが、カジュアルアイテムながらも落ちついたキレイめな雰囲気も併せ持っています。

コーデや着回しもしやすく、小顔効果もある優秀なアイテムですよ。

ドルマンスウェット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3980円(税込、送料別) (2021/8/31時点)

ビッグシルエットにピッタリな、袖口がスリムになるドルマンスウェットが人気。

ハットやインナーにシャツを合わせるなど、色々なコーデができますね。

また、カジュアルだけでなくモード系にもコーデできる万能アイテムですよ。

Sponsored Link

ロングコート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:7700円(税込、送料別) (2021/8/31時点)

秋冬のキレイめなアウターの代表格であるロングコート

シンプルなデザインなので、ニットやスウェット、シャツといった、色んなアイテムと合わすことができる人気のアイテムですね。

素材はお手入れが楽なポリエステル100%を使用しており、ウールのような上品な風合いを楽しますよ。

ビッグシルエットでもサラッと羽織るだけでコーデ全体をキレイめな雰囲気にしてくれる優れものです。

ワイドパンツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3300円(税込、送料無料) (2021/8/31時点)

高級感のあるワイドパンツが人気ですね。

太すぎず、細すぎのワイドシルエットで初心者にもおすすめ。

素材は少し光沢のあるTR素材を使用しており、落ち感のあるシルエットが上品見えします。

豊富な色柄展開も嬉しいポイントですね。

ドレスシューズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:11800円(税込、送料別) (2021/8/31時点)

コーデを上品に大人っぽくまとめてくれるドレスシューズ

「オシャレは足元から」という言葉があるように、足元はコーデ全体の印象を大きく変えますよ。

人気のドクターマーチンのシューズは、一般的なドレスシューズよりも少しボッテリとしていて、キレイめ・カジュアルのどちらにも使いやすいですよ。

本革を使っていながらリーズナブルで、高いグリップ力や衝撃吸収性、耐摩耗性など、はき心地の良さも人気の理由ですね。

あとがき

いかがでしたか?

ビッグシルエットは、一歩間違えれば子供っぽくなってしまうシルエットですが、コツやアイテムをしっかりと合わせれば、おしゃれ上級者に早変わりするので、ぜひ試してみてください。

今回はビッグシルエットのメンズコーデと、着こなしのコツや人気のビッグシルエットアイテムも紹介しました。

Sponsored Link