LINE@の登録はコチラ

ビッグシルエットのメンズコーデを紹介!着こなしのコツや人気のビッグシルエットアイテムも紹介


ビッグシルエットとは、縦・横・袖=着丈・身幅・袖が、大きいサイズのことをいいます。

もちろん3つが揃わなくてもビッグシルエットといいます。

今このビッグシルエットが、メンズ・レディースともに人気のコーデになっています。

ではどのようなコーデがおしゃれなビッグシルエットになるのか?

 

今回はビッグシルエットのメンズコーデと、着こなしのコツや人気のビッグシルエットアイテムも紹介します。

ぜひコツを掴んで、トレンドのコーデを取り入れてくださいね。

Sponsored Link

 

ビッグシルエットの着こなしのコツ

ビッグシルエットをコーデに取り入れる上でまず押さえておきたいことは、オーバーサイズのアイテムは「カジュアルなスタイル」であり、程よい「リラックス感」があること。

つまり、ビッグシルエットをおしゃれにバランスよく取り入れるには、必ずキレイめな要素を組み込む必要があります。

キレイめな雰囲気を作るには様々な方法がありますが、

  • ボトムスを細身のアイテムにする
  • モノトーンをベースにする(白・黒・グレー)
  • キレイめアイテムを組み込む(シャツ・ジャケット・コートなど)

まずはこの3点を意識するだけでも印象が大きく変わりますよ。

ではビッグシルエットのメンズコーデの着こなしのコツを紹介していきます。

 

①Yラインを意識する

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法① (Yラインを意識する)

http://cdn.thumb.shop-list.com/

ビッグシルエットの王道の着こなしはYラインを意識すること。

上記画像の様に、上半身が大きめのアイテムには、下半身はスリムなパンツを合わせることでYラインができ上がりバランスのいい仕上がりに。

コーデの基本の一つであるYラインを作ることが、ビッグシルエットをバランスよく着こなすコツです。

 

 

②黒色で合わせる

ビッグシルエットで失敗したくないなら、カラー使いも重要です。

カジュアルなアイテムでもキレイめな雰囲気を作るには、モノトーンの中でも引き締め効果のある黒がおすすめ。

 

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法② (黒色で合わせる)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

帽子や下半身を黒で統一して無地のTシャツを合わせれば、スタイリッシュな印象になりますね。

シンプルなカラーリングで統一感のあるスタイルにもなりますよ。

 

 

③トラッド感のある(キレイめな)アイテムを合わせる

トラッドなスタイルとは、「トラッド=トラディショナル(traditional)」の略で、伝統的なファッションスタイルを指します。

英国紳士のような時代に左右されない普遍的な服装で、代表的なアイテムはシャツやテーラードジャケット・コート・スラックス・革靴などです。

 

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法③ (トラッド感のあるアイテムを合わせる)

http://i7.wimg.jp/

黒スキニーに白のシャツとチェスターコートを合わせた、トラッド感のあるコーデですね。

ゆとりのあるチェスターコートが全体をシックにまとめてくれて、大人の雰囲気溢れるコーデに仕上げてくれます。

 

 

④長袖は身幅のみオーバーサイズのアイテムがおすすめ

現在では様々なブランドから多種多様なビッグシルエットのアイテムが展開されています。

半袖なら袖丈がやや長めの5部袖ぐらいがスタンダードですが、長袖は身幅のみオーバーサイズのアイテムがおすすめ。

袖丈や着丈まで大きくするとカジュアルになりすぎるリスクが一気に高まります。

 

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法④ (バランスを合わせる)

http://cdn.thumb.shop-list.com/

上記は身幅のみオーバーサイズのパーカーで、カジュアルでもキレイめな雰囲気もキープしてくれていますね。

着丈はややオーバーサイズでもOKですが、袖丈は長すぎないように注意すると失敗が無くなりますよ。

 

 

⑤足元をスッキリとさせる

ビッグシルエットを野暮ったい印象にさせないために、スキニーパンツ以外のボトムスを合わせる時は足元をスッキリとさせることが重要。

 

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法⑥ (足元をスッキリとさせる)

http://img5.zozo.jp/

上記画像は足元をスッキリと見せられる9分丈のチノパンを合わせています。

全体に清潔感とスタイリッシュさを表現しているので、ロンTをビッグサイズにしてもだらしなくならずに、大人の雰囲気を残していますね。

フルレングスのパンツでも、裾がダボつかないようにすれば大丈夫ですよ。

 

 

⑥ビッグシルエットのアウターもおすすめ

ビッグシルエットを着こなすコツとメンズコーデ方法⑤ (トップスをビックサイズに合わせる)

http://beststyle.me/

上記画像のようにアウターを大きめに選んだ場合は、他のアイテムをタイトにまとめれば、全体のバランスが崩れませんね。

定番アイテムでもシルエットで差をつけることができます。

 

Sponsored Link

 

ビッグシルエットのメンズコーデ10例

続いてはビッグシルエットのメンズコーデを紹介します。

コツがわかった所で、おしゃれ上級者はどんなコーデをしているのか?

色々なコーデを集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ビッグニットセーター×ロングシャツ×黒スキニー×ハイカットブーツ×黒のハット

ビッグニットセーター×黒のスキニーパンツ×ハイカットのブーツ×黒のハット参照元URL http://wear.jp/

ロング丈のシャツとビッグシルエットのニットセーターを重ね着した個性的なコーデ。

黒スキニーをブーツインして足元がシャープになっているので、大きめニットセーターと合わせることで、キレイなYラインができ上がっていますね。

また、黒のハットを合わせてカジュアルさを抑えた着こなしになっています。

 

 

黒のパンツ×黒のビッグコート×黒のスニーカー×黒のハット

黒のパンツ×黒のビッグコート×黒のハット参照元URL http://wear.jp/

全体を同系色の黒で統一したモードスタイル。

7分丈のパンツで足元をスッキリと見せることでアウターの黒のビッグコートが栄え、全体がキレイなラインでまとまっています。

 

 

白T×ベージュのビッグジャケット×スキニーデニム×スニーカー×キャップ

白のTシャツ×ベージュのビッグジャケット×デニムパンツ参照元URL http://wear.jp/

ビッグジャケットにロールアップしたデニムを合わせているので、足元がキレイに見え、抜け感が表現できたコーデ。

全体のカラーも秋冬にぴったりですね。

 

 

白のビッグシャツ×カーキのチノパン×スニーカー×黒のハット

白のビッグカットソー×ベージュのチノパンツ×黒のハット参照元URL http://wear.jp/

カーキのチノパンに白のビッグカットソーを合わせた、カジュアルでナチュラルな雰囲気ですね。

黒のハットが全体を引き締めてくれ、メリハリ感がおしゃれな着こなしです。

 

 

ビッグスウェット×ネイビーのハーツパンツ×スニーカー×白のキャップ

ビッグスウェット×ネイビーのハーツパンツ×白のキャップ参照元URL http://wear.jp/

ビッグスウェットが全体を強調していますが、ネイビーのカラーパンツを合わせることで大人の落ち着き感を表現していますね。

絶妙なサイズ感とカラーがマッチした、おしゃれ上級者な着こなしです。

 

Sponsored Link

 

ブルーのビッグシャツ×グレーのハーフパンツ×スニーカー×白のストローハット

ブルーのビッグシャツ×グレーのハーフパンツ×白のストローハット参照元URL http://wear.jp/

ブルーのビッグシャツにグレーのハーフパンツで、爽やかなカジュアルコーデですね。

ブルーのビッグシャツのボタンをすべて閉めることで、カジュアルさが抑えられて、落ち着いた大人の雰囲気が表現できます。

 

 

白のビッグパーカー×黒スキニー×スニーカー×キャップ

白のビッグパーカー××黒のキャップ×白のスニーカー×黒のパンツ参照元URL http://wear.jp/

モノトーンのバイカラーのみで仕上げたスタイリッシュなコーデ。

黒スキニーに白のローテクスニーカーを合わせることでタイトなシルエットが演出でき、ビッグパーカーとの相性も抜群ですね。

カジュアルとキレイめのバランスが絶妙な仕上がりです。

 

 

黒のワイドパンツ×白のTシャツ×黒のレザージャケット×革靴

黒のワイドパンツ×白のTシャツ×黒のレザージャケット参照元URL http://wear.jp/

モノトーンの組み合わせがモード系でおしゃれな雰囲気を醸し出していますね。

ゆったりとしたシルエットになりがちのワイドパンツに、黒のレザージャケットをプラスしてメリハリ感のあるコーデに。

 

 

ブラウンのパンツ×白のビッグスウェット×スニーカー×キャップ

ブラウンのパンツ×白のビッグスウェット参照元URL http://wear.jp/

上半身は白のビッグスウェットを使いながら、トップスの裾をチラ見せしたレイヤードスタイルがとてもおしゃれですね。

ブラウンの艶のあるパンツを合わせることで大人の落ち着いた雰囲気が生まれ、カジュアル過ぎないビッグシルエットコーデの完成です。

 

 

黒のワイドパンツ×白のビッグTシャツ×スタジャン×スニーカー

黒のワイドパンツ×白のビッグTシャツ×スタジャン参照元URL http://wear.jp/

黒のワイドパンツに白のビッグTシャツを合わせたモード系のコーデですが、スタジャンを合わせることで横の広がりを抑えた、ワザありの着こなしですね。

カジュアル感をプラスした個性溢れる着こなしです。

 

Sponsored Link

 

黒スキニー×グレーのカットソー×ボーダーのロンT×スニーカー

黒のパンツ×グレーのカットソー×ボーダーのロンT参照元URL http://wear.jp/

黒スキニーにグレーのビッグカットソーを合わせて、Yラインを意識したコーデ。

カットソーだけであればシンプルな印象ですが、袖から覗くボーダーがアクセントに。

絶妙なゆるさがおしゃれ上級者な着こなしです。

 

 

柄のワイドパンツとTシャツのセットアップ×MA-1×ブーツ×ニット帽

柄物のワイドパンツ×柄物のTシャツ×MA-1参照元URL http://wear.jp/

個性的はワイドなパンツとTシャツを合わせた、ストリート系コーデですね。

MA-1を取り入れたおしゃれで独創的な表現をした着こなしです。

 

 

ビッグMA-1×ニットセーター×スキニーデニム×スニーカー×キャップ

ビッグMA-1×デニムパンツ参照元URL http://wear.jp/

スキニーデニムにMA-1を取り入れたミリタリーコーデ。

とてもビッグなMA-1にスリムなパンツを合わせた、メリハリ感のあるおしゃれなコーデに仕上がっていますね。

 

 

ワイドパンツ×シャツ×スカジャン×ローファー

ワイドパンツ×シャツ×スタジャン参照元URL http://wear.jp/

ワイドパンツにシャツを合わせたカジュアルなコーデに、スリムなスカジャンを合わせたストリートな雰囲気のコーデ。

テイストの違うアイテムをうまくまとめた、ワンランク上の着こなしが完成です。

 

 

スキニーデニム×ベージュのビッグスウェット×黒のハット×ブーツ

デニムパンツ×ベージュのビッグスウェット×黒のハット参照元URL http://wear.jp/

落ち着きのあるカラーのスキニーデニムにビッグスウェットを合わせた、カジュアル感の強いコーデ。

ボーラーハットを合わせることでカジュアル感とモードテイストが合わさり、大人の雰囲気が加わった着こなしです。

 

 

黒スキニー×柄のビッグカーディガン×スニーカー

黒のパンツ×柄物のビッグカーディガン参照元URL http://wear.jp/

黒スキニーにビッグカーディガンを合わせ、ニットで大人のやわらかい雰囲気を演出したカジュアルなコーデ。

インナーにレザージャケットを合わせているので、可愛らしさと男らしさがMIXした印象に。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のビッグシルエットアイテムを紹介!

どんなアイテムを使えばおしゃれなコーデができるのか?

では最後にメンズに人気のビッグシルエットアイテムを紹介します。

 

ロンT

シンプルな無地のロンT

シンプルな無地のカットソーなので、色々なコーデに合わすことができ、トレンドのレイヤードスタイルやスリムパンツとの相性も抜群ですね。

スタイリッシュなコーデやミリタリーコーデなど、シンプルだからこそトレンドをしっかりと押さえたコーデが楽しめるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ドルマンスウェット

ビッグシルエットにピッタリな、袖口がスリムになるドルマンスウェットが人気。

ハットやインナーにシャツを合わせるなど、色々なコーデができますね。

また、カジュアルだけでなくモード系にもコーデできる万能アイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

チェスターコート

秋冬のキレイめなアウターの代表格であるチェスターコート

シンプルなデザインなので、ロンTやスウェット、シャツといった、色んなアイテムと合わすことができる人気のアイテムですね。

ビッグシルエットでもサラッと羽織るだけでコーデ全体をキレイめな雰囲気にしてくれる優れものです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

パーカー

一枚でもインナーでも活躍してくれるパーカーは、季節の変わり目から本格的に寒い時期まで長く使える便利アイテムですね。

12.4オンスの肉厚生地にキレイに立ったフードが、カジュアルアイテムながらも落ちついたキレイめな雰囲気も併せ持っています。

スキニーパンツと合わせるだけで簡単にバランスのいいコーデに仕上がりますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ワイドパンツ

高級感のあるワイドパンツが人気ですね。

ジャケットなどのシンプルなコーデに合わせた、ストリートモードスタイルが楽しめます。

足元はブーツやシンプルな無地のスニーカーと合わせれば、カジュアルなスウェットでもおしゃれに着こなしができる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

あとがき

いかがでしたか?

ビッグシルエットは、一歩間違えれば子供っぽくなってしまうシルエットですが、コツやアイテムをしっかりと合わせれば、おしゃれ上級者に早変わりするので、ぜひ試してみてください。

今回はビッグシルエットのメンズコーデと、着こなしのコツや人気のビッグシルエットアイテムも紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ