メンズのタックインは、近年注目を集めているコーデになりますが、みなさんは取り入れられていますか?

海外では昔から見られるコーデですが、

『オシャレなタックインの仕方が分からない…』

『今までやったことが無いので何か恥ずかしい…』

『トップスの裾をただ入れるだけじゃないの…?』

と、様々な理由でまだ取り入れて無い方も多いかもしれません。

そこで今回は、タックインをしたメンズコーデと、コツやおしゃれに着こなす方法を紹介します。

Sponsored Link

タックインコーデのコツやおしゃれに着こなす方法!

タックインスタイルは、難しいと思っていませんか?

合わせるアイテムや着こなし方法をしっかりと理解すれば、おしゃれなメンズコーデに完成させることができます。

それではさっそく、タックインのコーデのコツや、おしゃれに着こなす方法を紹介します。

①1:2以上の比率でハイウエストを意識する

1:2以上の比率は、トップス:ボトムスの比率になります。

トップスとボトムスの比率は1:2以上

参照元:https://wear.jp/

タックインのコーデは、腰元の位置がはっきりとわかるスタイルになりますので、トップス:ボトムス=1:2以上のハイウエストを意識しないと足が短く見えてしまい、不格好になってしまいます。

上記の画像の様な比率は、お手本の様な比率になりますので、ぜひ参考にしてください。

②トップスはゆとりを持ってインさせる

トップスはゆとりを持ってINする

参照元:https://wear.jp/

トップスをキチッとインしてしまうと、

  • キレイめ→ビジネスっぽい堅苦しい雰囲気に
  • カジュアル→オタクのような幼い雰囲気に

という印象になりがちです。

トップスは必ずたゆませてインし、後ろは入れても出してもサマになりますよ。

③上下のカラーを合わせる

上下のカラーを合わせる

参照元:https://wear.jp/

日本人特有の体系である「胴長短足」を感じさせない見せ方の一つが上下の色を合わせること。

腰元の位置をハッキリさせながらもスタイルをよく見せるテクニックです。

またカラーを変えたい時は、ベルトをしないなどのテクニックも有効ですよ。

Sponsored Link

④ボトムスとシューズのカラーを黒で合わせる

ボトムスとシューズのカラーを黒で合わせるのもスタイルを良く見せる手法の一つ。

パンツとシューズを同じ色で合わせる

参照元:https://wear.jp/

ボトムスの腰元からシューズまでがひとつなぎのように見えることで脚長効果が発揮されます。

ワントーンコーデが苦手な方でも取り入れやすい着こなしですね。

⑤オーバーサイズのトップスを合わせる

オーバーサイズ のトップスを合わせる

参照元:https://wear.jp/

タックインは細身のトップスやパンツよりも、ゆとりのあるシルエットの方が相性がいいですよ。

細身でタックインするとスーツのようなキチッとした印象が強くなり過ぎてしまいがち。

トレンドのビッグシルエットも取り入れつつ、タックインコーデをすることで旬のおしゃれコーデができます。

⑥シャツのタックインは半袖

シャツのタックインは半袖

参照元:https://wear.jp/

すでにいくつか出ていますが、「シャツ」をタックインする場合は「半袖」にしましょう。

「ビジネス」や「おじさん」、「オタクファッション」などのイメージが強い長袖シャツのタックインは、着こなしのハードルがかなり高いので避けるのがベター。

リラックス感のあるアロハシャツなどの総柄シャツにもおすすめです。

Sponsored Link

⑦オーバーサイズのロンT

オーバーサイズ のロンT

参照元:https://wear.jp/

リラックスを出せるオーバーサイズのロンTもタックインができます。

季節の変わり目に重宝するアイテムで、カラーバランスや素材次第で上記のように秋にも取り入れることが可能。

気温が下がってくればこの上にアウターを羽織ってもこなれた雰囲気に仕上がりますよ。

薄手のスウェットやニットをタックインする上級者もいますね。

⑧ベルトは必ず付ける

ベルトは必ず付ける

参照元:https://wear.jp/

タックインすることで少なからずともベルト周りが見えるようになりますね。

その際にベルトをしていないと、「だらしない」や、「ラフ過ぎる」印象を与え、もしウエストがゴム仕様なら「安っぽい」といった印象を与えてしまいます。

逆にしっかりとベルトを巻くことで、

  • 小物にまでキチンと気を使っている
  • コーデにメリハリが生まれる
  • アクセントにも使える

良い印象や効果を発揮してくれますよ。

⑨インナーだけタックインする

インナーだけタックインする

参照元:https://wear.jp/

春夏だけでなく秋冬にも使える着こなしが、インナーだけタックインするスタイル。

シンプルな着こなしもこなれたスタイルになり、スタイルアップもよく見せてくれます。

「何か物足りない…」「周りと同じような格好だな…」と、感じた時はぜひインナーだけタックインしてみて下さい。

Sponsored Link

タックインをしたメンズコーデ12例

タックインコーデのコツや注意点が分かれば、実際の色々なお手本コーデを見ていきましょう。

たくさんのおしゃれなタックインコーデを集めてみましたので参考にしてください。

最後はタックインをしたメンズコーデを紹介します。

春夏コーデ

半袖チェックシャツ×ネイビーTシャツ×ワイドパンツ×ドレスシューズ×バケットハット

半袖チェックシャツ×ネイビーTシャツ×ワイドパンツ×ドレスシューズ×バケットハット

参照元:https://wear.jp/

目を引くチェックシャツを主役にしたコーデ。

主張が少し強いチェック柄なので、他のアイテムはモノトーンでキレイめな雰囲気を作っています。

バケットハットやドレスシューズで上品にまとめ、モードな雰囲気も感じる着こなしになっていますね。

ブルーのオープンカラーシャツ×ベージュT×黒のワイドパンツ×ローファー

ブルーのオープンカラーシャツ×ベージュT×黒のワイドパンツ×ローファー

参照元:https://wear.jp/

シャツのタックインでさらに差別化した着こなしになる「抜き襟」。

レディースでは多く見られる着こなしですが、メンズではまだまだ多くは無いですね!

春夏らしい抜け感もでき、こなれた雰囲気を演出することができます。

シャツのセットアップ×黒T×サンダル

シャツのセットアップ×黒T×サンダル

参照元:https://wear.jp/

タックインはセットアップとも非常に好相性。

もちろん細身だと仕事着になってしまうので、リラックスしたルーズなシルエットが鉄則です。

周りと少し違うセットアップコーデにするなら、すぐにできるタックインがおすすめ。

Sponsored Link

ブルーのTシャツ×白のワイドスラックス×レザーシューズ

ブルーのTシャツ×白のワイドスラックス×レザーシューズ

参照元:https://wear.jp/

ブルー×ホワイトが爽やかで清潔感があり、春夏にピッタリなカラーですね!

シンプルになり過ぎないようにTシャツにロゴデザインをアクセントに。

また、淡色でぼんやりした印象にならないように、ベルトやシューズの黒でグッとコーデを引き締めています。

柄シャツ×白のグラフィックT×ワイドスラックス×黒スニーカー

総柄シャツ×白のグラフィックT×ワイドスラックス×黒スニーカー

参照元:https://wear.jp/

夏のお出かけ気分を盛り上げてくれる柄シャツを使ったコーデ。

一歩間違えるとヤンチャな印象にもなりがちですが、インナーをタックインすることでグッと大人の雰囲気に。

主張が強い柄シャツはモノトーンコーデに合わせることでさらに大人っぽい着こなしになります。

黒の半袖シャツ×黒のワイドパンツ×ドレスシューズ

黒の半袖シャツ×黒のワイドパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

着用アイテムが少なくなる夏に、タックイン以外にも取り入れたいのが「小物」や「アクセサリー」。

特に白・黒・グレーなどのモノトーンは地味な印象になりやすいので、小物をアクセント、アクセサリーで華やかさをプラスしましょう。

Sponsored Link

秋冬コーデ

白のロンT×ブラウンのワイドスラックス×白スニーカー×キャップ

白のロンT×ブラウンのワイドスラックス×白スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

秋冬でも注意することは同じ。

こちらはベルト部にデザイン性のあるパンツなので、あえてベルトは付けず、キーリングをアクセントにしていますね。

シンプルですが、少し個性のあるアイテムと小物使いで周りと差をつけています。

白T×ブラウンのワイドスラックス×ドレスシューズ

白T×ブラウンのワイドスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

タックインの中でも差をつける「フロントタックイン」。

前だけタックインして後ろだけ出すスタイルはレディースでも人気ですね。

メンズでは、長袖のシャツをタックインする上級者にこの着こなしを取り入れてる方が多いですよ。

ブルーのスウェット×ベージュのワイドパンツ×ドレスシューズ

ブルーのスウェット×ベージュのワイドパンツ×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルアイテムの代表格であるスウェットをタックインしたスタイルも人気が高まっています。

ルーズなシルエットとなるべく薄手の生地なら失敗しにくいですよ。

そのまま着るとカジュアルな印象になるスウェットも、タックインすることで大人っぽい雰囲気を作れますね。

黒のクルーネックカーディガン×白シャツ×ワイドカーゴパンツ×スニーカー×キャップ

黒のクルーネックカーディガン×白シャツ×ワイドカーゴパンツ×スニーカー×キャップ

参照元:https://wear.jp/

カジュアルな雰囲気が強いため、あえてピッチリめにタックインしてキチッと感を高めています。

トップスは白シャツやカーディガンで上品な印象を作り、ボトムスはカーゴパンツでしっかりとカジュアルダウン。

キャップやスニーカーでややカジュアル寄りにまとめていますね。

黒のカーディガン×白のタートネックT×ベージュのワイドスラックス×ドレスシューズ

黒のカーディガン×白のタートネックT×ベージュのワイドスラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

秋冬はタートルネックもインナーとして非常に人気の高いアイテムですね。

ニット素材ではなく、Tシャツ素材ならタックインもしやすく、レイヤードスタイルにも使えます。

襟元に高さを出すことでフォーマルな大人っぽい雰囲気を演出してくれますよ。

 

黒のステンカラーコート×ブルーのモックネックニット×黒スラックス×ドレスシューズ

黒のステンカラーコート×ブルーのモックネックニット×黒スラックス×ドレスシューズ

参照元:https://wear.jp/

ニットをタックインする場合は、薄手のハイゲージニットにしましょう。

シルエットはTシャツなどと同様にオーバーサイズのアイテムにすることも忘れずに。

また、インナーのみタックインするスタイルの場合は、短丈ではなく、丈が長めのライトアウターやロング丈のアウターと相性がいいですよ。

あとがき

いかがでしたか?

タックインのコーデは、外国人だけでなく日本人でもコツや着こなしを知れば、おしゃれなコーデに仕上がります。

似合わないのでは・・・で諦めず、おしゃれメンズに向けて挑戦してみてください。

今回はタックインをしたメンズコーデと、コツやおしゃれに着こなす方法を紹介しました。

Sponsored Link