コーディガンでメンズに人気は?おすすめのおしゃれなコーディガンも紹介!


最近、

肌寒い日が続くようになってきましたね。

Sponsored Link

 

そんな時に活躍してくれるアウターが、

コーディガンです。

 

コートとカーディガンを合わせた、

いいとこ取りのアウターですね。

 

そこで今回は、メンズに人気のコーディガンと、

おすすめのおしゃれなコーディガンもご紹介します。

 

 

コーディガンでメンズに人気は?

コーディガンは、レディースたけでなく、

メンズにも注目されているアウターです。

 

肌寒い時にサッとは羽織ることのできる、

1着持っていると重宝するアイテムです。

 

では早速、

メンズに人気のコーディガンをご紹介します。

 

 

オルテガ柄のメンズに人気のコーディガン

こちらは、オルテガ柄のフード付きの、

メンズに人気のコーディガンです。

 

程よく厚みのある生地感で、

チクチクしない快適な着心地が特徴です。

 

トレンドのオルテガ柄で、

インパクトがあるデザインに仕上がっていますね。

 

ストリート・きれいめ問わず、

ロングシーズン着回しが可能な、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

上品さとカジュアルさを兼ね備えたメンズに人気のコーディガン

こちらは、上品さとカジュアルさを兼ね備えた、

メンズに人気のコーディガンです。

 

サラッと気軽に羽織ることのできる、

着心地の良さも、

嬉しいポイントですね。

 

大人の落ち着いた印象から、

カジュアルな印象まで幅広く活躍してくれる、

羽織るだけ美シルエットになる、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

ボリューム感のあるメンズに人気のコーディガン

こちらは、ボリューミーなシルエットの、

メンズに人気のコーディガンです。

 

おしゃれなデザイン性とともに、

斜めに入った両サイドのポケットが機能的で、

滑らかな着心地も嬉しいですね。

 

タイトなボトムスと相性抜群で、

シンプルなコーデをグッと華やかにする、

ラグジュアリー感溢れる、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

ルーズなシルエットのメンズに人気のコーディガン

こちらは、変形フォルムが異彩を放つ、

ルーズなシルエットの、

メンズに人気のコーディガンです。

 

絶妙なゆるシルエットで、

気軽に羽織ることができるので、

今季スタイルに新たな変化をつけてくれますね。

 

ルーズでモードに着こなしができる、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

カットデニム素材のメンズに人気のコーディガン

こちらは、ストレッチの効いた、

スウェットの様な風合いの、

カットデニム素材を使用した、

メンズに人気のコーディガンです。

 

濃淡のあるインディゴ染めによる、

ウォッシュとブリーチ加工を施した、

スウェットの様な、

カットデニムの素材使いがポイントで、

程よくリラックス感のある、

サイズ感に仕上がっていますね。

 

流行のロング丈のシャツや、

Tシャツなどとの相性も良い、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

ざっくり編みが旬なメンズに人気のコーディガン

こちらは、ざっくり編みが旬な、

メンズに人気のコーディガンです。

 

シンプルながらも、

拘ったデザインになっていますね。

 

ゆったりと羽織れるデザインで、

こなれ感たっぷりな、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

ミドルゲージでライトに羽織れるメンズに人気にコーディガン

こちらは、ミドルゲージでライトに羽織れる、

メンズに人気にコーディガンです。

 

チクチク感が無い快適な着心地で、

上品な表情の畦編みが特徴です。

 

シンプルなデザイン、

使いやすいカラーバリエーションで、

着回し力も抜群ですね。

柔らかな大人の印象を作り出してくれる、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

ウォッシュ感のある風合いのメンズに人気のコーディガン

こちらは、ウォッシュ感のある風合いの、

メンズに人気のコーディガンです。

 

ヴィンテージの様な、

柔らかいニット素材を使用したコーディガンで、

ストリートテイストには、

欠かせない丈長めのロング丈仕様になっています。

 

どんなコーデやスタイルにも合わせやすく、

色々と着回しのできる色違いで欲しくなる、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

シンプルな無地のメンズに人気のコーディガン

こちらは、肉厚のしっかりとした生地で仕立てられた、

シンプルなメンズに人気のコーディガンです。

 

目の詰まった生地で保温性もあり、

コート代わりの、

羽織りのアウターとしてははもちろん、

冬はコートのインナーとしても活用できますね。

 

カーディガンとコートが組み合わさった、

ハイブリットタイプの、

メンズに人気のコーディガンです。

 

 

 

肉厚でボリューム感のメンズに人気のコーディガン

こちらは、肉厚でボリューム感の、

メンズに人気のコーディガンです。

 

ふっくらとした柔らかい伸縮性のある素材で、

肉厚でボリューム感のある、

温かみ感じる肌触りに仕上がっていますね。

 

洗練された大人な雰囲気を演出してくれて、

羽織るだけでグッとおしゃれ感が増す、

メンズ人気のコーディガンです。

 

Sponsored Link

 

メンズにおすすめなおしゃれコーディガンを紹介!

コーディガンは、シンプルなデザンから、

変形フォルムの個性的なデザインまで様々なので、

幅広いスタイルにマッチするアイテムですね。

 

続いては、メンズにおすすめな、

おしゃれコーディガンをご紹介します。

 

是非、参考にしてください。

 

 

ダッフルタイプのメンズにおすすめなおしゃれコーディガン

こちらは、ダッフルコートのようなデザインの、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

リラックスラインが魅せる、

計算されたシルエットで、

程よい抜け感が、

おしゃれさをアップさせていますね。

 

いつものコーデにプラスして、

個性溢れるスタイルが作り出せる、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

 

 

ネイティブ柄のメンズにおすすめなおしゃれコーディガン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今だけ⇒1980円◇【Valletta】5color ロング丈オルテガ柄ジャガー…
価格:1980円(税込、送料別) (2017/9/11時点)

こちらは、落ち着いた配色の、

ジャガード織りで仕上げられた、

ネイティブ柄のメンズにおすすめな、

おしゃれなコーディガンです。

 

肌触りの良い程よく厚手のストレッチの効いた、

ウール調のアクリルニットを、

使用したコーディガンは、

ストリートテイストには欠かせない、

ロング丈に仕上がったデザインがポイントです。

 

羽織としても、

ジャケットなどのインナーにも使い勝手抜群の、

シンプルながらおしゃれな、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

 

 

ふわふわ素材が優しいメンズにおすすめなおしゃれコーディガン

こちらは、ふわふわ素材が優しい、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

ラクに羽織れて、コートみたいに暖かく、

そしてロング丈のデザインで、

トレンドもしっかりと抑えていますね。

 

コーディガンは注目度の高いアイテムなので、

普段のコーデにプラスするだけで、

おしゃれ上級者の着こなしを楽しむことができる、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

 

 

チェック柄がプレッピーなメンズにおすすめなおしゃれコーディガン

こちらは、チェック柄がプレッピーな、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

ストリートで人気のロング丈を採用した、

チェック柄がおしゃれな、

さらっと羽織れるのに、

ピッタリなコーディガンですね。

 

品のあるショールカラーや大人の雰囲気を醸し、

シャツやカットソーと合わせて、

カジュアルダウンして楽しむこともできる、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

 

 

ガウン感覚で羽織ることのできるメンズにおすすめなおしゃれコーディガン

こちらは、ガウン感覚で羽織ることのできる、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

ガウン感覚でサラッと羽織れるので、

デイリーに大活躍の1着です。

 

シンプルなデザインで、

スマートな大人の雰囲気を醸し出してくれますね。

 

スタイリッシュに、

シャープなスタイリングを演出してくれる、

メンズにおすすめなおしゃれなコーディガンです。

 

 

いかがでしたか?

 

今季トレンドのコーディガンは、

オンにもオフにも活躍してくれるアウターですね。

 

いつものコーデにコーディガンをプラスして、

ワンランク上のおしゃれを楽しんでください。

 

今回は、メンズに人気のコーディガンと、

おすすめのおしゃれなコーディガンもご紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ