LINE@の登録はコチラ

コーチジャケットとは?メンズコーデのコツやおすすめのコーチジャケットを紹介!


これからの季節のマストアイテムがコーチジャケットです。

秋冬アイテムのコーチジャケットですが、「聞いたことはあるけど詳しくは分からない」というメンズもまだ多いですよね。

デザインが豊富でコーデに合わせやすく、保温性と撥水性に優れたアウターなので、秋冬のファッションにとても重宝しますよ。

今回はコーチジャケットとは?メンズコーデのコツや、おすすめのコーチジャケットを紹介します。

Sponsored Link

 

コーチジャケットとは?

コーチジャケットとは、アメカジファッションでよく取り入れられる、ナイロン製のジャケットのことを指します。

表地の素材はナイロンが主流で、中でも「ナイロン・タフタ」と呼ばれる、レインコートや傘に使用される素材が使われることが多いのも特徴。

 

コーチジャケット

http://matome.naver.jp

裏地の素材は色々で、フリースや中綿入りのキルティングなどを使ったものがあります。

また、襟がついていて、袖口がゴムで絞られているのも特徴。

ポケットはウェルトポケット(「ウェルト=縁飾り」:ポケット口に飾りの口布の付いたポケット)になっていることが多いですね。

スケーターファッションでも欠かせないアイテムで、多くのスケーターが愛用。

最近ではナイロン素材だけでなく、デニムやレザータイプも展開されていますよ。

 

Sponsored Link

 

コーチジャケットを着こなすコツは?

コーチジャケットは、羽織るだけでトレンド感をプラスできるアイテムです。

肌寒くなってきた頃は、少し薄手のコーチジャケットが便利ですよ。

中綿入りのコーチジャケットもあるので、本格的に寒くなってきてもアウターとしても活躍してくれます。

続いてはコーチジャケットを着こなすコツやメンズコーデを紹介します。

 

①大きすぎないサイズを選ぶ

コーチジャケットは、アウターとして便利なアイテムですが、合わせ方やインナーで選ぶサイズ感が変わってきます。

もちろんサイズ感によってシルエットも変わってくるので、自分のイメージするコーデに合ったサイズを選ぶことが大切です。

 

コーチジャケットを着こなすコツ1(ベストサイズを選ぶ)

厚手のスウェットやニットなどの上に重ねて着るのであれば、少し余裕を持たせたサイズを選ぶのがおすすめですよ。

コーチジャケットを着こなすコツは、あまり大きすぎないサイズで選ぶこと。

基本的にはゆったりめの作りが多いので、イメージしているシルエットに近いサイズ感のものを選んでくださいね。

 

 

②デザインや素材感

コーチジャケットは、ナイロン素材で襟付きが一般的なデザインですが、最近では異素材のものもたくさん展開されています。

デニム素材や中綿の入ったキルティング素材などもあり、おしゃれ感と実用性が備えられています。

 

コーチジャケットを着こなすコツ2(デザインや素材感)

ロゴが入ったデザインも多く、カジュアルな着こなしが可能ですよ。

また、光沢のある素材感のコーチジャケットであれば、大人カッコよく余裕のあるスタイルを作り出すことができます。

コーチジャケットを着こなすコツは、スタイルに合わせてデザインや素材感を大切に選んでコーデしてくださいね。

 

 

③ボトムスとのバランス

シンプルなデザインのコーチジャケットは、ボトムスとのバランスひとつで印象が変わります。

たとえばジョガーパンツやスウェットと合わせると、スポーティーな雰囲気に細身のボトムスと合わせれば、キレイめな印象になりますね。

 

コーチジャケットを着こなすコツ3(ボトムスとのバランス)

コーチジャケットを着こなすコツは、ボトムスとのバランスが大切です。

基本的にゆったりめのデザインが多く、合わせるボトムスによって印象が変わるので、うまくバランスをとってかっこいいコーデに仕上げてください。

 

Sponsored Link

 

コーチジャケットのメンズコーデ方法

コーチジャケット×タートルネック

コーチジャケット×タートルネック

http://wear.jp

襟付きコーチジャケットとタートルネックの相性がとてもいいですね。

ゆるめの雰囲気を演出したいときは、やわらかな印象のニットなどをインナーに着て、帽子やメガネなどの小物でアクセントをつけると、より個性的な仕上がりになります。

 

 

コーチジャケット×パーカー

コーチジャケット×パーカー

http://wear.jp

コーチジャケットとパーカーの組み合わせは、若々しいカジュアルコーデが楽しめる合わせ方。

シンプルなデザインにフードのボリューム感が絶妙で、モノトーンのカラーリングが大人の雰囲気をプラスしてくれています。

 

 

コーチジャケット×ダンガリーシャツ

コーチジャケット×ダンガリーシャツ

http://wear.jp

コーチジャケットのインナーにダンガリーシャツを合わせると、サーフ系な印象になります。

デニムパンツで濃淡をつけて白のTシャツで爽やかさをプラスした、ワザありな組み合わせですね。

赤のコーチジャケットが目一杯引き立つメンズコーデです。

 

 

コーチジャケット×白シャツ

コーチジャケット×白のシャツ

http://wear.jp

キレイめな雰囲気で仕上げるなら白シャツとのコーデがおすすめ。

インナーの白シャツのボタンを全部閉めることで、より個性的な雰囲気を醸し出しますね。

キャップやサングラスなどの小物をプラスして、個性的でカジュアルなアーバンスタイルに仕上がっています。

 

Sponsored Link

 

メンズにおすすめのコーチジャケットを紹介!

いろんなスタイルにマッチするコーチジャケットは、デザイン豊富で軽めのアウターからしっかりめのアウターまで、色々あるので悩んでしまいますね。

続いてはメンズにおすすめのコーチジャケットを紹介します。

 

THRASHER(スラッシャー)

スケートの街サンフランシスコの専門雑誌から誕生したスラッシャー

フロントとバックにブランドロゴをプリントしたコーチジャケット。

表地はナイロン100%の定番生地で、軽量で暖かな着心地(※裏地はポリエステル100%)です。

シンプルでクールなデザインは、コーデにも取り入れやすい一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

SUBCIETY(サブサエティ)

日本発のサブサエティは、トレンドに左右されない「揺るぎないデザイン」がコンセプトのストリートファッションブランド。

左胸とバックの裾に、ブランドである「Subciety」のロゴプリントが目を引くアイテムですね。

シンプルすぎずバランスがとれています。

表地はナイロン100%、裏地にはトリコット(弾力・伸縮性があってほつれにくい)を使用し、機能性に優れた仕上がりですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

DIESEL(ディーゼル)

ご存知の方も多いディーゼルは、イタリアのプレミアムカジュアルブランド。

しっかりとした生地感で丈夫な作りが自慢のコーチジャケットですよ。

胸元の「D」のワッペンが、クラシカルな雰囲気のデザインですね。

シンプルなデザインにオーバーサイズのシルエットがストリート感の高い演出ができる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

FELCO(フェルコ)

アメリカでスタートしたフェルコは、MLBやNBAとのライセンス契約を果たし、全米のオフィシャルレーベルにもなっているブランドです。

コーチジャケットでは珍しいコットン100%で仕上がった一着。

落ち着いたカラーで大人の魅力を存分に引き出してくれます。

上品さも感じられ、サラッと羽織るだけでおしゃれ度がアップします。

シックなカジュアルスタイルにピッタリなアイテムですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

DEUS EX MACHINA(デウス エクス マキナ)

モーターサイクル・サーフィン・スケートボードのカルチャーを取り入れたライフスタイルアイテムを展開するデウス エクス マキナ

バックに大胆に施されたプリントがインパクト大なコーチジャケット。

左胸にもブランドのロゴが入っており、とてもストリート感の高い仕上がりになっています。

メンズに人気のブランドですので、おしゃれ度の高さも安心な一着ですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

コーチジャケットは、コーデ次第でいろんな雰囲気が演出できる優秀なアイテムで、一着は持っていたいアウターです。

ぜひ秋冬ファッションにコーチジャケットをプラスして、ワンランク上のコーデを楽しんでくださいね。

 

今回はコーチジャケットとは?メンズコーデのコツや、おすすめのコーチジャケットを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ