LINE@の登録はコチラ

マウンテンパーカーのメンズの着こなし方!かっこいいおしゃれなマウンテンパーカーも紹介!


アウトドアファッションからスタートしたマウンテンパーカー

近年ファッションアイテムとして注目されている、マウンテンパーカーの着こなし方はご存じですか?

そこで今回は、マウンテンパーカーのメンズの着こなし方と、かっこいいおしゃれなマウンテンパーカーを紹介します。

Sponsored Link

 

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツは?

シンプルなアイテムであるマウンテンパーカー。

着こなし方も難しいことはなく、直ぐにコーデに取り入れられる内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

それではさっそく、マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツを紹介していきます。

 

①スリムパンツに合わせる

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ1 (スリムパンツに合わせる)
参照元URL http://rockymonroe.jp

カジュアルアイテムのマウンテンパーカーを着こなす中で大事なのは、全体を細めのラインに仕上げてキレイめな雰囲気を作ること。

下半身がゆったりしてしまうと全体がダボっとした印象になってしまいますので、画像の様にスリムパンツや細身のチノパンなどを合わせるとスッキリとしたキレイなラインになります。

 

 

②スニーカーを合わせる

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ2 (スニーカーを合わせる)
参照元URL http://kurumani.com

マウンテンパーカーは、アウトドア用品から生まれたアイテムですので、カジュアル色が強いアイテム。

画像の様に、マウンテンパーカーにはスニーカーやスリッポンなどを合わせると、全体とのバランスが取りやすいです。

「スニーカーは子供っぽい」と感じる方には、ブーツを合わせても問題ありません。

基本を押さえる着こなし方は、スニーカーやスリッポンのゆるめの靴を合わせることです。

 

 

③ロールアップをする

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ3 (ロールアップをする)
参照元URL http://wear.jp

着こなし方の1つ目でご紹介したのと同様に、全体がダボッとなりがちなマウンテンパーカーですので、ロールアップをすることで足元に軽さを表現できます。

 

Sponsored Link

 

④フロントジップを閉める

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ4 (全面のチャックの使い方)
参照元URL http://item.rakuten.co.jp

定番の着こなしは、フロントジップをすべて閉めて着る着方ですよ。

上級者の方は途中まで閉め、後は開けるなどの変化させた個性的なコーデで表現していますね。

着こなしをお伝えする上では、まずはしっかり上まで閉めることが、中途半端にならずスッキリと見せることができます。

 

 

⑤帽子を活用する

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ5 (帽子を活用する)
参照元URL http://wear.jp

マウンテンパーカーは着るだけで存在感を出せるアイテムですが、コーデはシンプルにまとまることが多いですね。

画像の様に、ニット帽やハットなどの帽子を取り入れることで、印象を大きく変えることができます。

 

 

⑥リュックを活用する

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ6 (リュックを活用する)
参照元URL http://jooy.jp

メンズの着こなし方5つ目でご紹介した通り、シンプルなコーデにまとまることが多いので、マウンテンパーカーらしくリュックを活用するとカジュアルにキマリます。

カラーの選び方は、マウンテンパーカーのカラーと同じ色を選ぶのがベストですが、どうしてもいいカラーが無い場合は黒色が合わせやすいですよ。

 

Sponsored Link

 

⑦カーキ色を着こなす

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ7 (カーキ色を着こなす)
参照元URL http://jooy.jp

マウンテンパーカーを着こなす上では定番のカーキ色を着こなすことがおすすめですよ。

カーキは定番のカジュアルコーデができ、タイトに見せてくれる取り入れやすいカラーです。

また、カーキは落ち付いた色味になっているので、明るめのパンツを合わすことで軽さを与えることができますよ。

 

 

⑧黒色を着こなす

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ8 (黒色を着こなす)
参照元URL http://otokomaeken.com

マウンテンパーカーは、スリムに着こなすことが大事になるので、黒色のマウンテンパーカーを取り入れれば、画像の様にスリムスタイリッシュなコーデにすることができます。

黒色はメンズらしさを表現してくれるカラーでもありますので、黒色を着こなして大人の雰囲気を演出してみてください。

 

 

⑨白色を着こなす

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ9 (白色を着こなす)
参照元URL http://beststyle.me

マウンテンパーカーは元々アウドドア用に作られたアイテムなので、多少は無骨感が出てしまいます。

そこで画像の様に、白色のマウンテンパーカーを着こなせばクールで爽やかな雰囲気を演出できますよ。

また、上半身が膨張色である白色になるので、パンツは黒色などの切替がしっかりできるパンツを選ぶのがおすすめの着こなし方です。

 

 

⑩迷彩柄を着こなす

マウンテンパーカーのメンズの着こなしのコツ10 (迷彩柄を着こなす)
参照元URL http:/jooy.jp

白や黒とは逆にマウンテンパーカーの存在感をより強め、男らしさを表現できるのが迷彩柄

画像の様に、ラフでカジュアルな雰囲気を表現しながら、迷彩柄の無骨感が男らしさを表現していますね。

メンズらしさを表現できる迷彩柄を取り入れて、マウンテンパーカーをカッコよく着こなしてください。

 

Sponsored Link

 

かっこいいおしゃれなメンズのマウンテンパーカーを紹介!

最後はかっこいいおしゃれなメンズのマウンテンパーカーを紹介します。

厳選したマウンテンパーカーを集めてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

豊富なカラーバリエーション

手持ちのアイテムと合わせやすいカラーバリエーションが豊富なマウンテンパーカー。

素材は高品質なタスラン生地で仕上がっており、渋みのある光沢が大人感を演出。

フロントがジッパーとベルクロテープの二重構造になった高い防風性に加え、フードや裾のドローコード、袖口にはベルクロなど、体にしっかりとフィットさせることが可能です。

柔らかな風合いは残しながらも耐久性に優れているので、長く愛用できる一着ですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

リバーシブル

一着で2度嬉しいリバーシブル仕様のマウンテンパーカー。

シンプルなデザインから存在感のあるデザインまで揃っており、その日のコーデや気分に合わせて2通りの楽しみ方ができます。

ユニセックスデザインになっていてレディースからの評価も高く、ハイセンスな大人コーデができる一着ですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

迷彩柄

バイカラーや総柄まで選べる迷彩柄のマウンテンパーカー。

無骨感のある迷彩柄をバイカラーにすることで、男らしさの中に優しさを表現できます。

総柄ならミリタリーテイスト溢れる男らしさを演出してくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

「高機能でおしゃれなアウトドアブランド」と言えばの代表格であるノースフェイス

ノースフェイスの中でも人気の高い定番のマウンテンパーカー。

撥水加工が施されたナイロン生地を使用し、耐久性に加えて防風性にも優れます。

本格的なアウトドアからタウンまで、幅広いシーンで活躍してくれるデザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Columbia(コロンビア)

アメリカの老舗アウトドアブランドのコロンビア

シンプルなデザインでタウンでも使いやすいマウンテンパーカー。

表地はカジュアルで気軽に着られるキャンバス素材、裏地は驚きの保温性を誇るコロンビア独自のフリース素材を使用。

肩部分は立体裁断で動かしやすく、セキュリティポケットやキークリップなど実用性にこだわったディテールも注目ポイントです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

裏ボア仕様

リバーシブルで使える裏ボア仕様のマウンテンパーカー。

ジムマスターというカナダ発のスウェットブランドで、とてもおしゃれで斬新なデザインが好まれているブランドです。

カナダ発だけあってしっかりした作りで、リバーシブルで使える所も魅力。

マウンテンパーカーとボアパーカーを着ることができるので、おしゃれメンズはとても満足できるではないでしょうか。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

機能性とデザイン性を揃えたマウンテンパーカーは、これからの季節には最適なアウターです。

トレンドアイテムであるマウンテンパーカーを取り入れて、おしゃれを楽しんでくださいね。

今回はマウンテンパーカーのメンズの着こなし方と、かっこいいおしゃれなマウンテンパーカーを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ