ロングMA1のメンズの着こなしのコツや、人気のロングMA1を紹介!


昨年より、人気が上がっているメンズのMA1ですが、

今年も引き続き人気が高いアウターアイテムです。

 

また、女性からのメンズに着て欲しい、

アウターランキングの一位はMA1です。

 

そんなMA1にロング丈があるのは御存じですか?

 

女性からの支持が高いからこそ、

しっかりと着こなしをしないといけないですよね。

 

そこで今回は、ロングMA1のメンズの着こなしのコツと、

人気のロングMA1をご紹介します。

Sponsored Link

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツは?

ロングMA1は、カジュアル感の強いアウターです。

 

どんな着こなしをする事で、おしゃれな着こなしができるのか?

 

それでは早速、ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツを、

紹介していきます。

 

是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ1 カーキカラー

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ1 カーキカラー

参照元URL c3-a.dena.ne.jp

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ1つ目は、

定番カラーのカーキを使う事です。

 

現在のMA1は、ネイビー・ブラック・ベージュ・柄物と色々揃っていますが、

元々は、軍用の戦闘機パイロットが着るために作られたアウターです。

 

裏地は、戦闘機が墜落後、救助隊が発見しやすくする為、

オリーブグリーンの補色であるオレンジ色が使われています。

 

ミリタリー感を出し、メンズらしさを表現するには、

定番のカーキを使うことが、ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツです。

 

 

 

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ② ネイビーカラー

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ② ネイビーカラー

参照元URL http://image.rakuten.co.jp/

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ2つ目は、

ネイビーカラーの活用です。

 

MA1は、軍用のアウターから始まっているので、

どうしても無骨感は出てしまいますよね。

 

MA1は着こなしたいけど、

がっちり感が苦手な方は・・・という方には、

ネイビーのカラーを使う事です。

 

ネイビーは、落ち着いた知的な表現が出来るカラーなので、

苦手な方でも抵抗感なく着こなしが出来ます。

 

 

 

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ③ ブラックカラー

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ③ ブラックカラー

参照元URL http://cdn.thumb.shop-list.com/

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ3つ目は、

ブラックカラーを使った着こなしです。

 

ブラックカラーは収縮色であり、

色々なアイテムと合わせやすいカラーです。

 

MA1は、軍用物もあり、少しボリューム感があります。

 

ブラックカラーのMA1を着ることで、

シャープなシルエットが表現できるので、

クールな雰囲気を醸し出しますよ。

 

Sponsored Link

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ④ デニムパンツを活用

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ④ デニムパンツを活用

参照元URL http://img5.zozo.jp/

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ4つ目は、

デニムパンツを活用する事です。

 

ロングMA1は、ミリタリー色が強く、

カジュアルな印象も強くなります。

 

キレイめに仕上げたい場合は、デニムパンツの中でも、

加工のないキレイなデニムパンツを選ぶことで、

全体のバランスが取れますよ。

 

 

 

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ⑤ 黒色のスリムパンツを合わせる

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ⑤ 黒色のスリムパンツを合わせる

参照元URL http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ5つ目は、

黒色のスリムパンツに合わせることです。

 

今までのご説明通り、ロング丈と言え、

MA1はボリューム感があります。

 

重量感を無くすには、足元にいくに連れ細みにすることで、

全体のボリューム感を軽減してくれます。

 

また、収縮色であるブラックを使う事で、

よりスリムに見せる事ができます。

 

 

 

 

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ⑥ グレーのパーカーを活用

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ⑥ グレーのパーカーを活用

参照元URL http://fashion-lf.com/

ロングMA1を使ったメンズの着こなしのコツ6つ目は、

グレーのパーカーを活用することです。

 

グレーのパーカーに合わせることは、

ロングMA1の定番のコーデの一つです。

 

ミリタリー色が強いMA1にグレーのパーカーを合わせることで、

普段着であるカジュアル感を演出することが出来ますよ。

 

またパンツは、スリムなブラックパンツを合わせるのが、

鉄板コーデですが、画像の様に、

加工の無いデニムパンツとの相性も外せない人気のコーデです。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のロングMA1を紹介!

着こなしが分かれば、

後は自分の好みのロングMA1を見つけたいですよね。

 

続いては、メンズに人気のロングMA1を紹介します。

 

是非、お気に入りを見つけてくださいね。

 

 

ウール素材のメンズに人気のロングMA1

こちらのメンズに人気のロングMA1は、

ウール素材のロングMA1です。

 

シンプルなMA1のデザインに、

メルトン素材で仕上げていますよ。

 

スリムなラインに仕上がっているので、

デニムやスリムパンツとの相性もよく、

スタイリッシュな表現が出来ます。

 

また、裾にはベントが入っているので、

シルエットを保ちながら、全面を閉めても動きが制限されることなく、

快適に過ごす事ができる、メンズに人気のロングMA1です。

 

 

 

ナイロン素材のメンズに人気のロングMA1

こちらのメンズに人気のロングMA1は、

ナイロン素材のロングMA1です。

 

定番のナイロン素材で仕上げています。

 

ナイロン素材がミリタリー感を出し、

メンズらしさを表現しながら、

ナイロンの光沢が高級感を漂わせていますよ。

 

また、MA1ではよくある、ボリューム感も抑え、

スリムに仕上がっているので、キレイめコーデと合わせることで、

バランスの取れたコーデが出来る、メンズに人気のロングMA1です。

 

 

 

マット感の漂うメンズに人気のロングMA1

こちらのメンズに人気のロングMA1は、

マット感の漂うロングMA1です。

 

独特なマットな光沢を醸し出した、

大人の表現が出来ますよ。

 

シンプルなデザインの中に、裏地はカモ柄を採用しているので、

チラッと見せることで大人度を上げています。

 

また、腕についたグログランテープがアクセントになった、

スタイリッシュの中にカジュアル感を演出した、

メンズに人気のロングMA1です。

 

 

 

雰囲気が抜群なメンズに人気のロングMA1

こちらのメンズに人気のロングMA1は、

雰囲気が抜群なロングMA1です。

 

シンプルなデザインにスタイリッシュなシルエットが、

ストリートモードスタイルを演出していますね。

 

ポリエステル素材の独特な光沢を放つことで、

レザーパンツとの相性も抜群でスタイリッシュでクールなコーデができる、

メンズに人気のロングMA1です。

 

 

 

スウェード調のメンズに人気のロングMA1

こちらのメンズに人気のロングMA1は、

スウェード調のロングMA1です。

 

表面は、スウェード調のなめらかな触り心地になっており、

光沢もなく、大人感が漂うマットな仕上がりになっています。

 

また、デザインはシンプルになっているので、

コーデも幅も広がりますね。

 

シンプルだからこそ、定番コーデである、

ハット帽などを使ったキレイめカジュアルなコーデが映える、

メンズに人気のロングMA1です。

 

(関連記事)

MA1(カーキ)のコーデ!メンズに人気のカーキのMA1を紹介!

MA1(黒)のメンズコーデ!人気の黒のMA1を紹介!

MA1(ネイビー)のコーデ!メンズに人気のネイビーのMA1を紹介!

MA1でメンズに人気のブランド!おすすめのブランドも紹介!

冬のMA1のメンズのコーデを画像で紹介!着こなしのポイントは?

MA1でメンズに人気は?おすすめのおしゃれなMA1も紹介!

ロングMA1でメンズに人気は?おすすめのおしゃれなロングMA1も紹介!

 

いかがでしたか?

 

ショート丈と違い、

ぐっとスタイリッシュ感を出しやすいロングMA1です。

 

合わせるアイテム同様に、

少しの変化を加えるだけで見え方が大きく変わってくるので、

是非、コーデの一つに加えてみてくださいね。

 

今回は、ロングMA1のメンズの着こなしのコツや、

人気のロングMA1をご紹介しました。

Sponsored Link

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ