レザージャケット長い期間をかけることで、自分だけの風合いを楽しめますよね。

しっかりと手入れをして、一生モノのレザージャケットを育てたいと思っている方も多いはず!

独特な風合いを出す為にも、日頃のお手入れや保管方法には、どんな所に注意をすればいいのか?

そこで今回はレザージャケットの手入れの方法と、ブラシなどの手入れセットや保管方法を紹介します。

Sponsored Link

レザージャケットの手入れ方法の手順

レザージャケットの手入れ方法は、基本的に“予防”処置です。

水濡れや汚れやカビ、破れが起こらないようにしっかり手入れしましょう!

それではレザージャケットの手入れ方法の手順を紹介します。

購入してすぐのお手入れ

買ったばかりのレザージャケットのお手入れ

参照元URL https://www.imn.jp/

ポイントは「防水保護」!レザー専用の防水スプレーで保護しましょう。

突然の雨や汚れ、食べこぼしなどから守ってくれます。

  1. 乾いた布やブラシで、レザージャケットの汚れを軽くふき取ります。
  2. レザージャケットに、ムラ無く防水スプレーを吹き付けます。
  3. 乾燥したら、乾いた布で乾拭きします。

 

▼おすすめの防水スプレー▼

普段のお手入れ

普段のレザージャケットのお手入れ

参照元URL https://otoko-fuku.com/

一週間に一回程度、柔らかい馬毛ブラシや布で乾拭きしましょう。

ポイントは、なでるように優しく拭く事が大切です。

レザージャケットは乾拭きすることにより、革の油分が染みだしてくるので光沢が出てきます。

着用期間中は、体温に反応して油分が出てくるので、オイルの補給も基本的には必要ありません。

汚れてしまったら

レザージャケットが汚れてしまったら

参照元URL https://jamtrading.jp/

レザージャケットの泥汚れなどは、固く絞った濡れタオルで拭取ります。

その後、乾いた布で乾拭きして完了です!

油性の汚れはオイルで落としましょう。

柔らかい布で乾拭きして、保革油を指でとって汚れ部分に馴染ませます。

その後、乾いた布で拭取ります。

Sponsored Link

雨に濡れてしまったら

レザージャケットが雨に濡れてしまったら

参照元URL https://jamtrading.jp/

レザージャケットが雨に濡れた場合、乾いた布で水分をよく拭取ります。

ポイントは、ごしごし擦らずにポンポンと軽く叩くように拭きましょう。

その後は陰干しでゆっくり乾かします。

乾き切る前にオイルで、油分を補給するのがおすすめですよ。

乾き切ったら余分なオイルを拭取ります。

レザージャケットの油分の補給

▼おすすめの保革材▼

油分の補給は年に1~2回が目安です。

シーズンが終わったら油分を補給しましょう。

油分が不足すると、レザージャケットの繊維が固くなり、破れやすくなってしまいます。

動画を参考に実践してみてください!

準備するもの
  • 馬毛ブラシ
  • 乾いた雑巾
  • 仕上げ用の布
  • クリーナー
  • クリーム

 

参照元URL https://youtu.be/gWR1QhXlB90

  1. 馬毛ブラシでレザージャケットの表面をキレイにする
  2. 汚れはクリーナーで取り除く。その後、乾いた雑巾で水分を拭取る
  3. クリームを塗る。ごく少量のクリームを取り、両手のひらを使って塗っていく
  4. 手のひらでレザージャケットの表面に薄く塗り広げる。手のひらのクリームがなくなったら、再度補給してくださいね。
  5. 細かい部分にもオイルを塗っていきましょう。オイルが多すぎるとカビの原因になるので、薄塗りを心掛けること
  6. 塗り終わったら、ハンガーにかけて少し時間を置く
  7. 馬毛ブラシでブラッシングし、キレイな布で拭いて仕上げてください。

しっかりお手入れすることで、ワンシーズンだけでなく長く愛用できるので、ぜひ実践してくださいね。

Sponsored Link

レザージャケットの保管方法

シーズン中の保管方法

レザージャケット用の太めのハンガー

参照元URL http://freewheelers.co.jp/

普段のレザージャケットの保管には、太めのハンガーを使用します。

細いワイヤーハンガーの場合は、タオルを巻きつけておくと、ハンガーの跡がレザージャケットにつきにくくなります。

直射日光を避けて、風通しのいい場所に保管しましょう。

シーズンオフの保管方法

シーズンオフのレザージャケットの保管方法

参照元URL https://ameblo.jp/

レザージャケットは太めのハンガーにかけ、不織布カバーをかけて保管しましょう。

畳んで保管するのはNGですよ!

直射日光を避け、風通しのいい場所で保管してくださいね。

保管スペースがない場合はクローゼットでもOKですが、1~2か月ごとにクローゼットから出して、新鮮な空気に触れさせてください。

レザージャケットはシミやカビなどのトラブルが発生しやすいアイテムです。

シーズンオフでも気に掛けてあげてくださいね。

Sponsored Link

レザージャケットの手入れセットの紹介!5選

味のあるレザージャケットを育てるためにも、手入れ用品にはこだわりたいですよね。

それではレザージャケットの手入れセットを紹介します。

初めてのお手入れセット

レザージャケットのお手入れセット
こちらは買ったばかりのレザージャケットに最適なお手入れセット。

レザージャケットのお手入れレシピや、防水スプレー・レザーローション・グローブクロスが入っています。

中でも防水スプレーは必須アイテム!

水や汚れは日常生活を送る上では避けられません。

初めて腕を通す前に、ぜひスプレーしておきたいですね。

ヴィンテージのレザージャケットのお手入れセット

ヴィンテージのレザージャケットのお手入れセット
すでに着用しているレザージャケットに最適のアイテムがこちら!

レザージャケットのお手入れレシピ、シュプリームプロテクトスプレー・レザーソープ・グローブクロス・消臭スプレーのセットになっています。

中でもおすすめなのがシュプリームプロテクトスプレー

栄養補給をしながら防水してくれる万能スプレーになっています。

Sponsored Link

ラナパー革のお手入れセット

初めてラナパーを使う方に最適なのがこちらのセット。

内容は、ラナパーレザークリーナー・トリートメント・マイクロファイバー・スポンジ(大・小)が入っています。

ラナパーは塗るだけで、保革・艶出し・撥水・防カビ・補色・汚れ落としの6つの効果が得られます。

多くのレザージャケットユーザーに支持されているレザーケア商品ですよ。

ラナパーの使い勝手のよさを味わってほしいですね!

レザーハウスのメンテナンスセット

レザーハウスのメンテナンスキットは、レザークリーン&ミンクオイルスプレー・2WAYガムクリーナー・ラブラブクリーナー・馬毛ブラシがセットになっています。

ムースタイプのレザークリーンで汚れを落とし艶を出し、ミンクオイルスプレーは動物性脂肪を主成分とした革に馴染みやすい保革油なんですよ。

2WAYガムクリーナーは、表革・裏革と使い分けて、ホコリなどの汚れを取り除く事ができます。

ラブラブクリーナーは粘着性のある汚れに適していて、米粒からボンドなどの汚れも楽々お手入れする事ができるんですよ。

ホワイトハウスコックスのメンテナンスセット

レザーバーム・レザーフード・馬毛ブラシが入った、ホワイトハウスコックスの3点セット。

レザーに栄養分を補給するレザーフードと艶を出すレザーバームは、レザーを強く美しく保ってくれます。

上質な馬毛ブラシがセットになっているのも嬉しいですね!

おしゃれな袋にセットされているので、プレゼントにもおすすめですよ。

レザージャケットに関連する記事

まとめ

おしゃれは手間暇かけて作り上げるもの!

面倒と言わず、しっかりお手入れする事で、自分だけの味わい深い風合いのあるレザージャケットに仕上がりますよ。

今回はレザージャケットの手入れの方法と、ブラシなどの手入れセットや保管方法を紹介しました。

Sponsored Link