インナーダウンのメンズコーデのコツは?おすすめのインナーで使えるダウンを紹介!


これからの季節に必要な、防寒とおしゃれアイテムとして使えるのがインナーダウンです。

Sponsored Link

 

どんどん寒くなってくる季節ですが、ただ着込むだけではおしゃれメンズとは言えないですよね?

 

そこで今回は、インナーダウンのメンズコーデのコツや、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

 

 

contents

インナーダウンの種類を紹介!

インナーダウンは、ダウンのアイテムをアウターの中に合わせればいいという訳ではありません。

 

ただ着るだけだと、おしゃれどころかダサくなってしまいます。

 

そこでインナーダウンは、まずどんな種類があるのかを知る事が大事です。

 

それではインナーダウンの種類を紹介していきます。

 

 

インナーダウンの種類1(ベストタイプ)

インナーダウンの種類①ベストタイプ

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

インナーダウンの種類1つ目は、ベストタイプです。

 

こちらのインナーダウンは、ベストタイプになっているので、厚めのアウターの下にも着やすいですよ。

 

 

 

インナーダウンの種類2(ジレ型のダウンベストタイプ)

インナーダウンの種類②ジレ型のダウンベストタイプ

http://cdn.thumb.shop-list.com/

インナーダウンの種類2つ目は、ジレ型のダウンベストタイプです。

 

こちらのインナーダウンは、ダウンでは珍しい形ですが、フォーマルやスーツスタイルにも合わせやすいインナーダウンですよ。

 

 

 

インナーダウンの種類3(カーディガンタイプ・Vライン)

インナーダウンの種類③カーディガンタイプ(Vライン)

http://img5.zozo.jp/

インナーダウンの種類3つ目は、カーディガンタイプ(Vライン)です。

 

こちらのインナーダウンは、襟元がVラインになっているカーディガンタイプですよ。

 

襟元がVラインになっているので、コートの下に合わせた際、コーデのアクセントに活用できます。

 

 

 

インナーダウンの種類4(カーディガンタイプ・丸襟)

インナーダウンの種類④カーディガンタイプ(丸襟)

http://img5.zozo.jp/

インナーダウンの種類4つ目は、カーディガンタイプ(丸襟)です。

 

こちらのインナーダウンは、襟元が丸襟になっているカーディガンタイプですよ。

 

襟元が丸くなっているので、タートルネックなどとも合わせすいインナーダウンです。

 

 

 

インナーダウンの種類5(ショートスリーブタイプ)

インナーダウンの種類⑤ショートスリーブタイプ

http://image.rakuten.co.jp/

インナーダウンの種類5つ目は、ショートスリーブタイプです。

 

こちらのインナーダウンは、半袖になっているので袖の中でのゴワゴワ感もなくレイヤードとしても使う事ができます。

 

 

 

インナーダウンの種類6(パーカータイプ)

インナーダウンの種類⑥パーカタイプ

http://im5-a.mbokimg.dena.ne.jp/

インナーダウンの種類6つ目は、パーカータイプです。

 

こちらのインナーダウンは、パーカーがついているタイプですよ。

 

インナーダウンは、さりげなくアウターの中に合わせ、防寒性とおしゃれの両方が使えるアイテムですが、パーカータイプは、コーデの主役として使えるインナーダウンです。

 

Sponsored Link

 

インナーダウンのメンズコーデのコツを紹介!

インナーダウンとは、コートやジャケットのアウターの中に、ダウンジャケットやダウンベストを着るスタイルのことです。

 

以前までは、アウターとして使われていたダウンベストなどを、インナーに使う事が最近のトレンドになりつつあります。

 

では防寒もできおしゃれにコーデするにはどうしたらいいのか?

 

それではさっそく、インナーダウンのメンズコーデのコツを紹介していきます。

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ1(着る部分)

インナーダウンのメンズコーデのコツ①着る部分

http://img08.magaseek.com/

インナーダウンのメンズコーデのコツ1つ目は、着る部分です。

 

見出しでもご説明しましたが、インナーダウンはコートやジャケットの中に着ます。

 

ではそのインナーダウンは、どんなインナーの上に着るのか・・・?

 

シャツやタートルネックの上に着るのが望ましいです。

 

カットソーでも問題はないですが、少し首元が寂しくなったり、季節柄にしては薄着に見えてしまいますので、着る部分はとても大事です。

 

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ2(防寒対策に使う)

インナーダウンのメンズコーデのコツ②防寒対策に使う

http://media-cache-ec0.pinimg.com/

インナーダウンのメンズコーデのコツ2つ目は、防寒対策に使うことです。

 

真冬になれば少し防寒対策には厳しいチェスターコートやテーラージャケットですが、インナーダウンを着ることで防寒対策ができます。

 

着たいけど着れない好みのアイテムも、画像の様にインナーダウンを使う事で、真冬でもコーデの幅を増やす事ができます。

 

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ3(外しアイテムとして)

インナーダウンのメンズコーデのコツ③外しアイテムとして

https://i7.wimg.jp

インナーダウンのメンズコーデのコツ3つ目は、キレイめコーデを意識することです。

 

インナーダウンは、カジュアルなアイテムですね。

 

おしゃれメンズを目指すなら、「かっこいい=キレイめ」になりますので、キレイめなコーデに合わせることでインナーダウンが外しアイテムとなり、全体のバランスが取れます。

 

画像の様に、カジュアル色に見えるコーデも、インナーダウンを白色のシャツとレイヤードすることで、大人のスタイルに仕上げる事ができます。

 

Sponsored Link

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ4(襟の選択)

インナーダウンのメンズコーデのコツ④襟の選択

http://www.freaksstore.com/

インナーダウンのメンズコーデのコツ4つ目は、襟の選択です。

 

インナーダウンによっては、襟の有無や深さがあります。

 

コツ2つ目でもご説明しましたが、インナーダウンはカジュアル感が強いアイテム。

 

はっきりと襟が強調されるとよりカジュアルに見えてしまいますので、画像の様に襟がない物や控えめなものが、シャツやタートルネックなどのアイテムと合わせやすいです。

 

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ5(黒色を使う)

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑤黒色を使う

http://cdn.thumb.shop-list.com/

インナーダウンのメンズコーデのコツ5つ目は、黒色を使う事です。

 

ダウンの特性上、ナイロン素材だと表面が光って見え、ダウンの表面は凹凸があるシルエットになっているので、膨らんで見えてしまいます。

 

黒色のインナーダウンを使うことで、収縮色の特性で引き締まってみせることができます。

 

黒色はどんカラーとも合わせやすいとうのもあります。

 

あえて膨張色の白色を使う場合は、中のインナーを収縮色で抑えるという方法もあります。

 

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ6(同系色を使う)

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑥同系色を使う

http://i1.wp.com/

インナーダウンのメンズコーデのコツ6つ目は、同系色を使うことです。

 

防寒対策がメインの一つでもありますので、同系色を使うことでインナーダウンが控えめになり、全体に統一感が生まれます。

 

画像の様に、全体を黒色で合わせることで、シックな大人の表現に白色のタートルネックが全体の差し色となり、黒色と白色のバランスをうまく表現しています。

 

 

 

インナーダウンのメンズコーデのコツ7(柄物を活用)

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑦柄物を活用

http://i7.wimg.jp/

インナーダウンのメンズコーデのコツ7つ目は、柄物を活用することです。

 

画像の様に、カモフラ柄を使うことでそこまで主張せず、全体のバランスを崩す事無くコーデが出来ます。

 

Sponsored Link

 

メンズにおすすめのインナーで使えるダウンを紹介!

最後はおすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

軽量タイプのメンズにおすすめのインナーで使えるダウン

こちらのメンズにおすすめのインナーで使えるダウンは、軽量タイプのインナーダウンです。

 

ベストタイプになっているので袖のごわつきもなく、軽量になっているので快適にインナーとして使う事ができます。

 

また無地だけでなく柄物まで揃っているので、用途に合わせたコーデが楽しめますね。

 

また携帯用の収納ポーチもついているので、持ち運びも便利な、メンズにおすすめのインナーで使えるダウンです。

 

このインナーダウンをもっと詳しくみる

 

 

Vネックタイプのメンズにおすすめのインナーで使えるダウン

こちらのメンズにおすすめのインナーで使えるダウンは、Vネックタイプのインナーダウンです。

 

ベストタイプに襟元がVラインになっているので、シャツやタートルネックといった、首元を気にしないといけないアイテムとの相性も抜群ですよ。

 

スーツなどにも合わせて使う事ができる、メンズにおすすめのインナーで使えるダウンです。

 

このインナーダウンをもっと詳しくみる

 

 

高品質を求めたメンズにおすすめのインナーで使えるダウン

こちらのメンズにおすすめのインナーで使えるダウンは、高品質を求めたインナーダウンです。

 

「素材・機能・仕立て」に拘って生産されたおすすめインナーダウンですよ。

 

内側の2つのポケットや、袖口や裾には伸縮性があるので動きも快適です。

 

また撥水加工もあるので、雨が防げて蒸れにくいのも魅力ですね。

 

拘りが詰まりながらも、お手頃な値段が嬉しい、メンズにおすすめのインナーで使えるダウンです。

 

このインナーダウンをもっと詳しくみる

 

Sponsored Link

 

ダントンのメンズにおすすめのインナーで使えるダウン

こちらのメンズにおすすめのインナーで使えるダウンは、ダントンのインナーダウンです。

 

フランス老舗ブランドのインナーダウンですよ。

 

デザインとシルエットがとても綺麗ですね。

 

軽量でフィット感を出すウェストコードもついているので、機能性もしっかりとしている、メンズにおすすめのインナーで使えるダウンです。

 

このインナーダウンをもっと詳しくみる

 

 

保温性抜群のメンズにおすすめのインナーで使えるダウン

こちらのメンズにおすすめのインナーで使えるダウンは、保温性抜群のインナーダウンです。

 

保温性を図る数値が、一般は550フィルパワーの所、800フィルパワーのグースダウンを使用しています。

 

数値が高いほど少しの重量で高い保温性を生み出す事ができます。

 

軽量で保温力があるので、普段着だけでなくアウトドアでも使う事ができる、メンズにおすすめのインナーで使えるダウンです。

 

このインナーダウンをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

これからの季節は、インナーダウンで真冬では着れないアウターと合わせ、周りと差をつけたコーデをしてくださいね。

 

今回は、インナーダウンのメンズコーデのコツと、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ