LINE@の登録はコチラ

インナーダウンのメンズコーデのコツは?おすすめのインナーで使えるダウンを紹介!


これからの季節に必要な防寒性とおしゃれを兼ね備えたアイテムとして使えるのがインナーダウン

今まではアウターとしての使用が多かったですが、最近はインナーとして利用するおしゃれメンズが増えてきています。

あまり馴染みがない方もいるかと思いますが、どんなインナーダウンが人気なのかを知り、これからのコーデのバリエーションを増やしてみませんか?

今回はインナーダウンのメンズコーデのコツや、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

Sponsored Link

 

インナーダウンの種類を紹介!

インナーダウンは、何も考えずにアウターの中に合わせればいいという訳ではありません。

ただ着るだけだと、おしゃれどころかダサくなってしまう可能性があります。

まずはインナーダウンにはどんな種類があるのかを知ることが大事です。

それではインナーダウンの種類を紹介していきます。

 

①ベストタイプ

インナーダウンの種類①ベストタイプ

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

インナーダウンの種類1つ目はベストタイプ

ベストタイプは、厚めのアウターの下にも着やすいですよ。

 

 

②ジレ型のダウンベスト

インナーダウンの種類②ジレ型のダウンベストタイプ

http://cdn.thumb.shop-list.com/

インナーダウンの種類2つ目はジレ型のダウンベスト

ダウンでは珍しい形ですが、フォーマルやスーツスタイルにも合わせやすいインナーダウンですよ。

 

 

③カーディガンタイプ・Vライン

インナーダウンの種類③カーディガンタイプ(Vライン)

http://img5.zozo.jp/

インナーダウンの種類3つ目は、襟元がVラインになっているカーディガンタイプ

襟元がVラインになっているので、コートの下に合わせた際にコーデのアクセントとして活用できます。

 

 

④カーディガンタイプ・丸襟

インナーダウンの種類④カーディガンタイプ(丸襟)

http://img5.zozo.jp/

インナーダウンの種類4つ目は、襟元が丸襟になっているカーディガンタイプ

襟元が丸くなっているので、タートルネックなどとも合わせすいインナーダウンです。

 

 

⑤ショートスリーブタイプ

インナーダウンの種類⑤ショートスリーブタイプ

http://image.rakuten.co.jp/

インナーダウンの種類5つ目は、ショートスリーブタイプ

半袖になっているので、袖の中でのゴワゴワ感もなく、レイヤードとしても使うことができます。

 

 

⑥パーカータイプ

インナーダウンの種類⑥パーカタイプ

http://im5-a.mbokimg.dena.ne.jp/

インナーダウンの種類6つ目はフードがついているパーカータイプ

インナーダウンはさりげなくアウターの中に合わせ、防寒性とおしゃれの両方が使えるアイテムですが、パーカータイプはコーデの主役としても使えます。

 

Sponsored Link

 

インナーダウンのメンズコーデのコツを紹介!

インナーダウンとは、コートやジャケットなどのアウターの中にダウンジャケットやダウンベストを着るスタイルのことです。

以前までは、アウターとして使われていたダウンベストなどを、インナーに使うことが最近のトレンドになりつつあります。

防寒性が高いのはいいですが、おしゃれにコーデするにはどうしたらいいのか?

それではさっそくインナーダウンのメンズコーデのコツを紹介していきます。

 

①インナーダウンのインナー

インナーダウンのメンズコーデのコツ①着る部分

http://img08.magaseek.com/

見出しでも説明しましたが、インナーダウンはコートやジャケットの中に着ます。

ではそのインナーダウンは、どんなインナーの上に着るのか・・・?

シャツやタートルネックの上に着るのが望ましいです。

カットソーでも問題はないですが、少し首元が寂しくなったり、季節によっては薄着に見えてしまいますので、インナーダウンのインナーはとても大事です。

 

 

②防寒対策に使う

インナーダウンのメンズコーデのコツ②防寒対策に使う

http://media-cache-ec0.pinimg.com/

真冬になれば少し防寒性が足りないチェスターコートやテーラージャケットですが、インナーダウンを着ることで防寒性を高めることができます。

着たいけど寒い季節に着れない好みのアイテムも、画像の様にインナーダウンを使うことで真冬でもコーデの幅を増やせますよ。

 

 

③外しアイテムとして

インナーダウンのメンズコーデのコツ③外しアイテムとして

https://i7.wimg.jp

インナーダウンは、カジュアルなアイテムですね。

おしゃれメンズを目指すなら「かっこいい=キレイめ」の要素が必要になるので、キレイめなコーデに合わせることでインナーダウンが外しアイテムとなり、全体のバランスが取れます。

画像の様にカジュアルに見えるコーデも、インナーダウンを白のシャツとレイヤードすることで大人のスタイルに仕上げることができます。

 

Sponsored Link

 

④襟の選択

インナーダウンのメンズコーデのコツ④襟の選択

http://www.freaksstore.com/

インナーダウンによっては、襟の有無や深さがあります。

コツ③でも説明しましたが、インナーダウンはカジュアル感が強いアイテム。

はっきりと襟が強調されるとよりカジュアルに見えてしまいますので、画像の様に襟がない物や控えめなものが、シャツやタートルネックなどのアイテムと合わせやすいです。

 

 

⑤黒を使う

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑤黒色を使う

http://cdn.thumb.shop-list.com/

ダウンの特性上、ナイロン素材だと表面が光って見え、ダウンの表面は凹凸があるシルエットになっているので膨らんで見えてしまいます。

黒のインナーダウンを使えば、収縮色の特性で引き締まってみせることができます。

黒は他のどんなカラーでも合わせやすいというのも大きな魅力。

あえて膨張色の白を使う場合は、中のインナーを収縮色で抑えるという方法もあります。

 

 

⑥同系色を使う

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑥同系色を使う

http://i1.wp.com/

防寒対策がメインの一つでもありますので、同系色を使うことでインナーダウンの存在が控えめになり、全体に統一感が生まれます。

画像の様に全体を黒で合わせることで、シックな大人の表現に白のタートルネックが全体の差し色となり、黒と白のバランスをうまく表現しています。

 

 

⑦柄物を活用

インナーダウンのメンズコーデのコツ⑦柄物を活用

http://i7.wimg.jp/

シンプルなコーデが多いなら柄のインナーダウンをアクセントに使うのもおすすめ。

画像の様にカモフラ柄を使うことで、そこまで主張せず、全体のバランスを崩すこと無く魅力的なコーデに仕上がります。

総柄の多少派手のデザインでも、インナーダウンは見える面積が限られているので悪目立ちしませんよ。

 

Sponsored Link

 

メンズにおすすめのインナーで使えるダウン10選

最後はおすすめのインナーで使えるダウンを紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

高品質

「素材・機能・仕立て」にこだわり、高品質なインナーダウン。

内側の2つのポケットや、袖口や裾には伸縮性があるので動きも快適です。

また、撥水加工もあるので、雨が防げて蒸れにくいのも魅力ですね。

こだわりが詰まりながらも手頃な値段が嬉しい一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

DANTON(ダントン)

ダントンは、フランスの老舗ワークウェアブランドです。

デザインとシルエットがとてもキレイなインナーダウン。

薄手素材ながら保温性もあり、襟部分も他のアイテムの邪魔をしないスリムな形になっているので、着るだけでこなれ感を表現できますね。

軽量でフィット感を出すウェストコードもついており、高い機能性はさすがの仕上がりです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

カモフラ柄

無地とカモフラ柄のリバーシブル仕様のインナーダウン。

体にフィットするシルエットになっているので、インナーとして着るのに最適ですよ。

また、タイトなラインになっているので、クールな大人スタイルに仕上がりますね。

キレイめコーデにカモフラ柄のカジュアルなテイストが加わり、バランスが取れた洗練された大人のコーデができるアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

美シルエット

Tシャツよりも軽い重さで、着ている感覚を忘れてしまいそうな着心地が味わえるインナーダウン

ただ軽いだけでなく、アウトドアでも使えるほどの温かさを備えています。

サイドを切り替え生地にすることで前後の丈感に差をつけ、動きやすさはもちろん、スタイリッシュでキレイなシルエットに。

シンプルなカラーから、スーツのジャケットにもピッタリのアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

バッカブルタイプ

折りたたんで持ち運びができるのが便利で人気があるパッカブル仕様のインナーダウン。

薄くて軽く、シルエットはスリムなので、細身のコーデのインナーにも合わせることができますよ。

持ち運び用のポーチがセットになっているのも嬉しいポイントですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

スマートな着こなし

インナーダウンだからこそスリムでしなやかなシルエットを表現できるインナーダウン。

シンプルなデザインだからこそ、どんなアイテムとも合わせやすいですね。

また、北海道の寒さにも負けない温かさを持っています。

軽くて暖かく、シルエットもキレイなスマートなコーデにもおすすめ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

カーディガンタイプ

デザインがおしゃれで可愛らしさのあるカーディガンタイプのインナーダウン。

カーディガンタイプながら薄く仕上がっているので、インナーとして着膨れの心配なく使うことができます。

羽織りとしても使いやすく、1枚あると重宝するアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

リバーシブル

独特な光沢と高級感漂うリバーシブルタイプのインナーダウン。

着るだけで存在感を出せるので、インナーに使うだけでなく1枚着としても使えますよ。

ダウンのカジュアル感を出しながらクールでキレイめな表現もできる万能なアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

縦ダウンパック

縦に仕上げられたダウンパックが、ネクタイタイルなどのドレスコーデにも合わせやすいインナーダウン。

縦を意識することで全体をスリムに見せ、Vラインが大人の雰囲気を演出。

カジュアルだけでなく、パリッとキメたい時に引き締めたコーデもできますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ライトなカラー

5色のライトなカラーから選べるインナーダウンですが、おすすめはブルー。

秋冬らしくないデザインですが、春になれば爽やかな雰囲気になり長く使えますよ。

暗くなりがちな秋冬コーデですので、ブルーのインナーダウンで明るく仕上げてみませんか?

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

これからの季節は、真冬では着れなかったお気に入りのアウターとも合わせ、周りと差をつけたコーデを楽しんで下さいね。

今回はインナーダウンのメンズコーデのコツや、おすすめのインナーで使えるダウンを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ