デニムジャケットの人気ブランド!メンズにおすすめのブランドはこちら!


ロングシーズン活躍してくれるメンズのデニムジャケットですが、

インにしてもアウターとしても着こなすことができます。

 

ロングランに楽しむデニムジャケットだからこそ、

本格的で気に入った一枚を選びたいですよね!

 

そこで今回は、デニムジャケットの人気ブランドと、

メンズにおすすめのデニムジャケットのブランドを紹介します。

Sponsored Link

 

メンズのデニムジャケットで人気のブランドを紹介!

王道のブランドからメンズに人気のコアブランドまで、

幅広いデニムジャケットのブランドはたくさんあります。

 

それでは早速、

メンズのデニムジャケットで人気のブランドを紹介します。

 

 

リーバイスのデニムジャケット

アメリカ発祥の有名なジーンズの人気ブランドの1つと言えば、

リーバイスですよね!

 

カラーは個性豊かな4色を取り揃えて、

本格派なデニムジャケットがメンズに人気です。

 

ヴィンテージ加工も味のある風合いになっていますね!

 

リーバイスのジーンズとデニムオンデニムコーデにもおすすめです。

 

 

リーのデニムジャケット

リーバイスと並んで有名デニムブランドと名をあげるリーは、

メンズにとても人気なブランドです。

 

ナチュラルなインディゴブルーが清潔感ありますね。

 

チノパンやジーンズなど、

パンツを選ばない定番のデニムジャケットです。

 

ロングシーズン羽織りやすいシンプルなデザインが、

メンズからとても人気です。

 

 

ディッキーズのデニムジャケット

ディッキーズはアメリカのテキサスで誕生し、

USAワークブランドとしてメンズにとても人気です!

 

こちらの人気のデニムジャケットは、

シンプルなインディゴブルーカラーに、

ざっくりとしたオーバーサイズがラフに羽織れるようになっています。

 

機能性・耐久性もあり

ストリート系にも支持されるディッキーズのデニムジャケットです。

 

 

アフェイムのデニムジャケット

デニムで人気なブランドのアフェイムのデニムジャケットは、

ワイルド感あるオーバーサイズがとても格好良く人気です。

 

裏ボア仕様になっていることで暖かさをキープし、

春、秋、冬とお使い頂けるデニムジャケットです!

 

メンズに人気のインディゴカラーに、

ヴィンテージ加工を施しワイルド感がアップ

 

一枚羽織ることでメンズらしいシルエットが完成する、

デニムジャケットです。

 

 

ヌーディージーンズのデニムジャケット

ヌーディージーンズは、

スウェーデンにて設立された人気ブランドです。

 

ヌーディージーンズのメンズに人気のデニムジャケットは、

ワイルドと言うよりも品の良さを感じるデニムジャケットです。

 

濃いネイビーのパリっとした生デニムが特徴的

 

背中に独特の7本のオレンジステッチがきいた、

メンズに人気なデニムジャケットです。

 

 

バンズのデニムジャケット

バンズはストリート系やスケートボード業界の中でも、

コアなブランドとされる人気ブランド。

 

ざっくりと羽織れるオーバーサイズはメンズらしいシルエットを保ち、

襟元の配色を変えることでおしゃれ感もアップする、

人気なデザインのデニムジャケットです!

 

程よい厚手のデニム生地は存在感がありますね。

バンズらしいカジュアルなデニムジャケットです。

 

 

桃太郎ジーンズのデニムジャケット

桃太郎ジーンズは岡山発祥の、

世界中で愛着されている日本製の人気デニムブランドです。

 

特濃インティゴブルーは桃太郎ブランド独自のカラーで、

引き締め感がありスッキリと着こなすことができるデニムジャケットです。

 

左袖のペイントラインも個性的でおしゃれですね!

 

綿100%素材で一度着たら手放せなくなる、

メンズに人気なデニムジャケットです。

 

 

ジースターロウのデニムジャケット

オランダ発のデニムブランドとして人気の、

ジースターロウのデニムジャケット。

 

コットン100%のデニム素材に、

襟元はコーデュロイで優しいデザインに仕上がっていて、

ストレートで身幅を細めに設定することでスッキリと着こなせます

 

ブラックをベースとした深い色合いのロールカラーと、

胸ポケットの大きなパッチが付いている、

メンズに人気なデニムジャケットです。

 

 

ロカウェアのデニムジャケット

デニムで人気なブランドのロカウェアのデニムジャケットは、

ワイルド感がとてもカッコイイ、メンズにピッタリなデニムジャケットです。

 

ヴィンテージ加工を施し、

USプリントがデザインされた個性的なデニムジャケット。

 

ラフに重ね着できる大きめサイズが、

メンズに人気

 

柔らかなコットン素材で着心地も抜群ですよ。

 

 

シーエルエイチのデニムジャケット

他にないレトロ感あるデザインが特徴的なデニムジャケットを出している、

人気ブランドのシーエルエイチ

 

自分らしい個性が主張できるクラシカルなデザインで、

フロントのダブルボタンは存在感がありますね!

 

ボタンを全部閉めてもカッコイイですよ。

 

薄手素材のデニムジャケットは、

パーカーと重ね着してもおしゃれです。

 

Sponsored Link

 

メンズのデニムジャケットでおすすめのブランドを紹介!

個性豊かなデザインのおすすめブランドのデニムジャケットですが、

一枚羽織るだけで存在感がとても出てきます。

 

人気ブランドの他にも、

まだまだおすすめのデニムジャケットはたくさんありますので、

続いては、メンズのデニムジャケットでおすすめのブランドを紹介します。

 

 

アメリカンイーグルのデニムジャケット

カジュアルブランドとして有名な、

アメリカンイーグルは若いメンズにおすすめしたいブランドです。

 

ミディアムウォッシュデニムジャケットに、

クシュッとしたシルエットが着なれた感がありおしゃれです。

 

サイズは程よく細身シルエットで、

着膨れ感なくカッコ良く着こなすことができますよ。

 

メンズにおすすめなブランドのデニムジャケットです。

 

 

ラングラーのデニムジャケット

カウボーイやロデオライダー向けのジーンズで有名な、

アメリカ3代ブランドのヒトツ、ラングラーです。

 

ダークストーンウォッシュ加工が施されたデニムに、

インディゴカラーがナチュラルなデニムジャケットですね。

 

着心地と美シルエットを両立させ、

着回しの効くベーシックなデザインです。

 

幅広い年代にマッチする、メンズにおすすめなデニムジャケットです。

 

 

バンソンのデニムジャケット

最高品質のレザーウェアを追求し続ける、

数多くのライダーから信頼されるライダースジャケットのトップブランドとして有名なバンソン

 

こちらのメンズにおすすめなデニムジャケットは、

一枚羽織るだけで存在感あるデニムジャケットです。

 

カラーは白黒ボーダーとブラックの2色を展開

 

バンソンのロゴが背中と袖に刺繍されて目を惹くデザインで、

ワイルドなデニムジャケットがメンズらしさを感じさせてくれます。

 

 

リップサービスのデニムジャケット

ハッとするような他にない個性とトレンドを追究したデザインの、

リップサービスのデニムジャケット。

 

太めストライププリントは存在感がとても抜群です。

 

細身シルエットはトレンド感があり、

ブラックデニムに白のストライププリントが、

インナーをブラックTシャツと相性良くマッチしてくれ、

とてもおすすめなデニムジャケットです。

 

 

シェーファーランチウェアのデニムジャケット

シェーファーランチウェアはアメリカ発のブランドで、

ウエスタンファッションまで展開するおすすめのデニムブランドです。

 

スマイルポケットが特徴的なヴィンテージデニムジャケットで、

肌触りが良い、コットン100%素材でおすすめのアイテムです。

 

程よくストレッチを効かせることでストレスない着心地を体感でき、

襟元はコーデュロイ素材で優しい雰囲気に仕上げてくれそうです。

 

(関連記事)

デニムジャケット・Gジャンの冬のメンズの着こなし方を画像で紹介!

デニムジャケット・Gジャンのメンズの着こなし方!おすすめのデニムジャケットを紹介

デニムジャケット・Gジャンの春のメンズの着こなし方を画像で紹介!

デニムジャケット・Gジャンとパーカーのメンズの着こなし方!重ね着のコツは?

デニムジャケットでメンズに人気は?おすすめのおしゃれなデニムジャケットも紹介!

 

いかがでしたか?

お気に入りの人気ブランドのデニムジャケットは見つかりましたか?

 

メンズにとってデニムジャケットはヘビロテできるアウターですよね!

 

シンプルでベーシックなデニムジャケットが多いですが、

人気ブランドなら、個性が主張できる一枚を探せるかもしれません。

 

是非、カッコ良いデニムジャケットを見つけてくださいね!

 

今回はデニムジャケットの人気ブランドと、

メンズにおすすめのブランドを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ