LINE@の登録はコチラ

Pコート(キャメル)のメンズのコーデ!メンズに人気のキャメルのPコートを紹介!


上品で華やかさのあるキャメルのPコートは、コーデに馴染みやすく幅広いメンズのコーデで着回せます。

定番カラーのPコートと同様に万能な1着ですよ。

そんなキャメルのPコートで、秋冬のコーデを更におしゃれに楽しみませんか?

 

今回はキャメルのPコートのメンズコーデと、メンズに人気のキャメルのPコートを紹介します。

Sponsored Link

 

キャメルのPコートのメンズのコーデ10選

キャメルのPコートは、色々なメンズのコーデに着回せます。

カジュアルに着崩したこなれ感のあるコーデに、キレイめの上品なコーデと、印象を変えておしゃれを楽しんで頂けます。

実際どのようにお洒落に着こなしているのか見てみましょう!

それではキャメルのPコートのメンズコーデを紹介します。

 

黒のパーカー×ダークグレーのスウェットパンツ×黒のスニーカー

キャメルのPコート×黒のパーカー×ダークグレーのスエットパンツ×黒のスニーカー

参照元URL http://wear.jp

ダークな色合いでまとめたコーデにキャメルのPコートが主役となり、コーデに華やかさをプラスしてくれていますね。

パーカー、スウェットパンツ、スニーカーと、かなりカジュアル色の強いコーデですが、Pコートの効果が大きく、うまくキレイめな雰囲気がプラスされています。

 

 

グレーのタートルネック×白のインナーダウンベスト×ネイビーのパンツ×ベージュのブーツ

キャメルのPコート×グレーのタートルネックニット×白のインナーダウンベスト×ネイビーのパンツ×ベージュのブーツ

参照元URL http://wear.jp

キャメルのPコートはシングルボタンで、上品でキレイめなコーデに。

やりすぎない細身のシルエットが落ちついた印象で、大人なメンズの雰囲気が漂っています。

インナーダウンベストで防寒対策もしっかりとし、レイヤードスタイルでこなれ感のある着こなしになっていますね。

 

 

ボーダーニットセーター×黒スキニー×黒のスリッポン

キャメルのPコート×ボーダーニット×黒のパンツ×黒のスリッポン

参照元URL http://wear.jp

ボーダーニットで爽やかさを取り入れたキレイめカジュアルなコーデ。

手元のオレンジ色のクラッチウォレットがこなれた印象に仕上げてくれていますね。

重たくなりがちな秋冬コーデですが、アンクルパンツにスリッポンで軽快な印象に仕上がっています。

 

Sponsored Link

 

デニムシャツ×白のパンツ×黒のローファー

キャメルのPコート×デニムシャツ×白のパンツ×黒のローファー
参照元URL http://wear.jp

秋冬に白のパンツは上品で洗練された印象があり、おしゃれな着こなしに見えますね。

キャメルのPコートと白のパンツで爽やかなコーデに。

デニムシャツで着崩してカジュアルさを取り入れ、足元ではパンツをロールアップしスッキリとさせ、黒のローファーでかっちりとキレイめに仕上げています。

 

 

グレーのタートルネック×ネイビーのパンツ×黒のローファー

キャメルのPコート×グレーのタートルネックニット×ネイビーのパンツ×黒のローファー

参照元URL http://wear.jp

コートのインナーにタートルネックニットを合わせるのは好感度の高い定番人気のコーデ。

全体的に少しだけゆとりのを持たせたシルエットで、キマり過ぎずに落ち着いた大人の雰囲気に仕上がっていますね。

 

 

黒のタートルネック×デニムパンツ×グレーのスニーカー×ハンチング

キャメルのPコート×黒のタートルネックニット×デニム×グレーのスニーカー×迷彩柄クラッチバック

参照元URL http://wear.jp

黒のタートルネックニットとデニムパンツ」でシンプルにまとめ、キャメルのPコートがコーデに華やかさをプラス。

迷彩柄クラッチバッグやバックハンチングでアクセントを出して、コーデにこなれ感のあるおしゃれさを演出しています。

小物使いが周りと差をつけた着こなしになっていますね。

 

Sponsored Link

 

白のシャツ×グレーニット×デニムパンツ×黒のスリッポン

キャメルのPコート×白のシャツ×グレーニット×デニム×黒のスリッポン

参照元URL http://wear.jp

白シャツとグレーニットの重ね着にデニムパンツを合わせた秋冬の定番な大人コーデ。

アウターにキャメルのPコートを合わせて上品でスマートな着こなしに仕上げていますね。

キャメルのPコートは、コーデのアクセントにもなっていて華やかさがプラスされ、おしゃれな着こなしに仕上がります。

 

 

ネイビーロゴトレーナー×青シャツ×グレージョガーパンツ×赤のスニーカー×ニット帽

キャメルのPコート×ネイビーロゴトレーナー×グレースエットパンツ×赤のスニーカー

参照元URL http://wear.jp

ロゴトレーナーとジョガーパンツのカジュアルな着こなしに、キャメルのPコートやインナーにシャツを重ね着して大人のスタイルに。

アクセントカラーになるニット帽や赤のスニーカーでコーデに遊び心をプラスして、ハイセンスなおしゃれコーデに仕上げていますね。

 

 

デニムシャツ×カーキパンツ×キャメルのブーツ

キャメルのPコート×デニムシャツ×カーキパンツ×キャメルのブーツ

参照元URL http://wear.jp

キャメルのPコートは袖がレザー素材の切り替えになった珍しい一着。

主役になるキャメルのPコートは、カジュアルなデニムシャツとカーキパンツとのコーデにも相性よく、クールな印象でおしゃれなメンズコーデに仕上げています。

足元には同系色のキャメルのブーツでカラーリンクさせ、コーデ全体を明るく魅せたまとまりのある着こなしです。

 

 

黒のニット×迷彩柄のパンツ×黒のブーツ

キャメルのPコート×黒のニット×迷彩柄のパンツ×黒のブーツ

参照元URL http://wear.jp

メンズらしい迷彩柄のパンツに黒のニットとキャメルのPコートを合わせて、キレイめな雰囲気と男っぽさを感じるコーデ。

アウターもカジュアルなアイテムだと野暮ったくなってしまいそうですが、Pコートが大人の着こなしにしてくれていますね。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のキャメルのPコートを紹介!

Pコートの中でも上品なカラーのキャメルのPコートは、オンオフと色々なメンズのコーデに着回しが効くアイテムです。

ビジネスシーンやキレイめなコーデにも万能に着回せる優秀なキャメルのPコートは、おしゃれなコーデを楽しむには欠かせないアイテムですね。

ではお洒落なキャメルのPコートは、どんなアイテムがあるのでしょうか?

それではメンズに人気のキャメルのPコートを紹介します。

 

メルトンシングル

シングルボタンのデザインでスマートな着こなしができるPコート。

襟元が自然に立ち上がるショールカラーになっていて、男らしい格好良さも感じますね。

素材は純度の高い羊毛であるピュアウールを使用し、保温性の高さはもちろん、しなやかな手触りや高級感のある表情も魅力。

ビジネスシーンも含めて幅広くシーンで着回せる一着です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

細身シルエット

タイトな細身シルエットになっているので、スタイリッシュな着こなしを求めているメンズにぴったり。

着れば着るほどに馴染み、身体にフィットする1着で長く愛用できますよ。

襟元にはチンストラップが付いていて、寒い日には首元まで防寒力を高めながら違ったシルエットを楽しめるのも魅力です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

ロング丈

細身でシルエットがキレイなロング丈のPコート。

襟元がショールカラーになっていて、エレガントな雰囲気漂う一着です。

素材にはポリエステルをベースにウールを混紡した肉厚で高密度なメルトン生地を採用。

ロング丈のPコートは、大人っぽくスタイリッシュな着こなしができるアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Schott(ショット)

ニューヨークで創業したショットは、ライダースジャケットと、米軍に納品していたほどの品質の高いPコートが有名なブランドです。

大きめのダブルボタンが特徴的なブランドでも定番人気のPコート。

リサイクルウールをベースにした肉厚の生地は保温性が高く、さらに中綿入りのキルティングライナーで本格的な防寒性を備えています。

キレイめな雰囲気とミリタリーな男らしさも感じるアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

ショート丈

Pコートでは定番のショート丈

スマートでコンパクトな着こなしができますよ。

上質でしっかりとした生地に、スリムな美シルエットで作り上げられていますので、色々なメンズのコーデに着回しやすく、おしゃれにキマります。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

キャメルのPコートの魅力は伝わりましたか?

メンズのおしゃれなコーデには欠かせないキャメルのPコートは、色々なメンズのコーデに活躍してくれます。

キャメルのPコートを取り入れたコーデでおしゃれを楽しんでください。

今回はキャメルのPコートのメンズコーデと、メンズに人気のキャメルのPコートを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ