スーツの着こなし方!おしゃれに正しく着こなす方法は?


ビジネスマンの基本アイテムのスーツ。

正しく着ていますか?

 

スーツの着こなしは最低限のマナーです。

間違った着こなしをしていると仕事上の信用まで問われてしまいます。

 

また、コツを掴むだけで、

よりオシャレに着こなすことができるアイテムでもあります。

 

ビジネスマンは毎日着るアイテムですので、

マンネリ防止のためにも工夫してみましょう。

 

今回はスーツの着こなし方で、

おしゃれに正しく着こなす方法をご紹介します。

Sponsored Link

 

スーツの着こなしで正しくおしゃれな着こなし方を紹介!

正しいスーツの着こなし方、ご存知ですか?

 

いつも何となく着ているため、

気にしていないメンズも多いのでは。

 

正しく着こなしてデキるメンズを演出しましょう!

それでは、スーツの着こなしで正しくおしゃれな着こなし方をご紹介します。

 

 

スーツの正しい着こなし方1(袖口のバランス)

スーツの袖口のバランス

参照元URL http://www.united-arrows.co.jp/

ジャケットの袖からシャツの袖が、

1~2cm覗くようにサイズを選んでください。

 

スーツの正しい着こなしとして、シャツが出ていない状態は、

もたついた野暮ったい印象を与えてしまいます。

 

シャツはカフスの先端が親指の付け根に、

ジャケットの袖はそこから1~2cm短くなるように設定しましょう。

 

 

スーツの正しい着こなし方2(ジャケットのサイズ)

 

肩幅

スーツの肩幅のバランス

参照元URL http://blog-imgs-58.fc2.com/

スーツの正しい着こなし方として、

スーツは肩で着るといっても過言ではありません。

 

ジャケットの肩山と

自分の肩のトップが合っているかチェックしましょう。

 

目安は1cmつまめる程度です。

 

 

 

胴回り

スーツの胴回りのサイズ

参照元URL http://imgcp.allabout.co.jp/

最近のトレンドはやや細身のシルエット。

ジャケットは手のひらが滑り込む程度の余裕があればオッケーです。

 

こちらもスーツの着こなし方としては大事なポイントですので、

意識していきましょう!

 

 

 

着丈

スーツの着丈

参照元URL http://www.dresscodelifeis.com/

スーツの後ろの着丈は、

ギリギリお尻が隠れるくらいがベストです。

 

これよりも短いとモードな印象になってしまい、

ビジネスには不向きです。

 

後ろからも綺麗に見えるように、

正しくスーツを着こなしてみましょう。

 

 

スーツの正しい着こなし方3(パンツのサイズ)

 

ウエストの位置

スーツのパンツのサイズ

参照元URL http://www.ny-onlinestore.com/

スーツのパンツの正しい着こなし方で大事なのが、

へそ下にパンツのウエストがあたる位置を目安に履くことです。

腰骨で履きましょう。

 

パンツをはいた状態でポケットに指を入れ、

軽く下に下げて落ち着く位置が正解です!

 

 

 

ウエストサイズ

スーツのパンツのウエストのサイズ

参照元URL http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/

きつすぎても緩すぎてもいけません。

 

ポケットが開かず、

ベルトを締めても無駄なシワができないサイズを選びましょう。

 

 

 

パンツの丈

スーツのパンツの丈

参照元URL http://www.asahi.com/

スーツのパンツの正しい着こなし方で、

パンツの丈は重要な部分です。

 

靴の甲パンツの裾が当たるくらいの丈に合わせましょう。

長すぎるとだらしない印象が漂ってしまいます。

 

 

スーツの正しい着こなし方4(靴下)

 

靴下の色

スーツを着る時の靴下の色

参照元URL http://www.asahi.com/

スーツの正しい着こなし方で、こちらも重要です。

 

スーツまたはシューズの色に合わせます。

 

黒のスーツに黒のシューズの場合、

靴下はを合わせましょう。

 

グレーのスーツに茶色のシューズの場合は、

靴下はグレー茶色を選びます。

 

 

 

靴下の長さ

スーを着る時の靴下の長さ

参照元URL https://hih67k1jnwfciz.cdn.jp.idcfcloud.com/

椅子に座ってもスネが見えない長さを選びましょう。

 

 

スーツの正しい着こなし方5(ネクタイ)

 
ネクタイの結び目

KC280001

参照元URL http://blogs.c.yimg.jp/

ディンプルを作りましょう。

ディンプルとはネクタイの結び目の下のくぼみのことです。

 

ネクタイをギュッときつく締め上げることで

キレイにくぼみができます。

 

スーツを正しくおしゃれに着こなす時に、

こちらのディンプルをつくっておけば、

立体感が出て垢抜けた印象になります。

 

 

 

ネクタイの長さ

ネクタイの長さ

参照元URL http://goethe.nikkei.co.jp/

ネクタイの剣先がベルトのバックルに、

かかるくらいの長さが最も美しく見える長さです。

 

これより短いと間の抜けた印象に、

長いとだらしない印象になってしまいます。

 

スーツを正しくおしゃれに着こなす時は、

ネクタイの長さにも気をつけましょう。

 

 

 

ネクタイの太さ

ネクタイの太さ

参照元URL http://img.allabout.co.jp/

意外と知られていないラペルネクタイ幅の関係。

ラペルの幅と同じ幅のネクタイを選ぶとバランスが整い好印象です。

 

近頃はラペル幅が細いスーツがトレンドです。

ネクタイを合わせる時は注意してみてくださいね。

 

 

スーツの正しい着こなし方6(靴の種類)

スーツの靴

参照元URL http://dime.jp/

はスーツを正しくおしゃれに着こなすにおいて、

もっとも重要なポイントです。

 

きちんと磨いてあるか、

かかとは擦り減っていないか常にチェックしましょう。

 

何足かを履きまわす事をおすすめします。

なお、スーツには革の紐靴を選んでくださいね。

 

Sponsored Link

 

スーツの着こなしでNGな着こなし方を紹介!

知らず知らずのうちに意外とやってる、

スーツのNGな着こなし方

 

NGポイントもしっかり押さえて、

スマートなビジネスライフを楽しんでくださいね。

 

 

NGなスーツの着こなし方1(ジャケットのポケットにモノを入れる)

ジャケットのポケットに入れるのはダメ

参照元URL http://imgcp.allabout.co.jp/

NGなスーツの着こなし方として、

やりがちな間違いは、ポケットにモノを入れることです。

 

スーツのジャケットのポケットは、

モノを入れるために作られたものではありません。

 

薄手のハンカチ程度なら問題ありません。

しかし財布やスマホなどを入れるのは避けましょう。

 

スッキリとしたスーツ本来のシルエットを楽しんでくださいね。

 

 

NGなスーツの着こなし方2(ジャケットのボタンを全部留める)

ジャケットのボタンをとめない

参照元URL http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

ジャケットのボタンは全部留めた方が

真面目な印象を与えられると思っていませんか?

 

それは間違いです!

基本的に一番下のボタンは留めない、と覚えておきましょう。

 

2つボタンのスーツは一番上のボタンだけ、

3つボタンのスーツは真ん中のボタンだけ留めます。

 

 

NGなスーツの着こなし方3(ベルトをきつく締める)

ベルトを強く締める

参照元URL http://image.space.rakuten.co.jp/

本来パンツはベルトで固定するものではありません。

ベルトなしでも腰にフィットするサイズを選びましょう。

 

ベルトで締めてしまうと、

無駄なシワができてしまい残念な印象に。

 

写真のようにスッキリとした着こなしを参考にしてください。

 

(関連記事)

スーツとネクタイとシャツの色や柄の組み合わせ方!

スーツのブランドで人気は?メンズにおすすめのスーツはこちら!

スーツ(黒)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネスのスーツを紹介!

スーツ(ネイビー)のメンズの着こなし方!ビジネスでおすすめのネイビースーツを紹介!

スーツ(グレー)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネススーツを紹介!

スーツ(茶色)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネススーツを紹介!

スーツ(ベージュ)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネススーツを紹介!

スーツ(チェック)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネススーツを紹介!

スーツ(ストライプ)のメンズの着こなし方!おすすめのビジネススーツを紹介!

 

いかがでしたか?

 

スーツの世界は奥深いですね。

 

新しい着こなしを模索する前に、

一度基本に返ってみてください。

 

今回はスーツの着こなし方で、

おしゃれに正しく着こなす方法をご紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ