LINE@の登録はコチラ

リュックのメンズの夏コーデ!人気のリュックを紹介!


ものがたっぷり入って両手がふさがらないから、デイリーユーズやちょっとした旅行にも大活躍のリュック

Sponsored Link

 

今回はリュックとマッチするメンズの夏コーデと、おしゃれでメンズに人気なリュックを紹介します。

 

リュックのメンズの夏コーデ

夏コーデとリュックの相性は、意外といいのはご存じでしたか?

アクティブに動きたい夏は、リュックにさっと放り込んで颯爽と出かけたいものですね!

元々は猟師や兵士のために考案されたこともあり、「リュック」というとアウトドアやカジュアルなイメージがありますが、今は仕事にも使えるスタイリッシュなリュックもあります。

 

これからリュックのメンズの夏コーデを紹介しますので、使えそうな夏コーデをチェックしてみてくださいね。

 

 

黒いリュック×ボーダーTシャツ×黒いショートパンツ

黒いリュック×ボーダーTシャツ×黒いショートパンツ

参照元URL http://wear.jp

このメンズのように、リュック、帽子、シューズなどを同系色でまとめると、スッキリとした印象の夏のリュックコーデになります。

足元は素足にスニーカーで抜け感をだして、ボーダーTとショートパンツが今年らしい上質なマリンルックに仕上げています。

 

 

黒いリュック×黒いベスト×白いスニーカー

黒いリュック×黒いベスト×白いスニーカー

参照元URL http://wear.jp

モノトーンコーデにグレーのショートパンツで上品さを、白のスニーカーで清潔感と夏らしい爽やかなコーデを演出します。

リュックはトレンドっぽくショルダーストラップを長めに背負うと、簡単におしゃれで今風の夏のリュックコーデになりますよ!

 

 

黒いリュック×白いワイシャツ×赤のショートパンツ

黒いリュック×白いワイシャツ×赤のショートパンツ

参照元URL http://wear.jp

パリッとしたコットンシャツの袖は、ロールアップしてブルーの裏地のチラ見せ、リュックは革素材のコンパクトなフォルムの物をセレクトし、モード感をだしています。

ショートパンツは赤を使い、すくない面積だからインパクトがありすぎない、丁度いいよさに仕上がっています。

それぞれのバランスが絶妙にとれた、上級者メンズの夏リュックコーデですね。

 

Sponsored Link

 

黒いリュック×ブルーのハット×白いサンダル

黒いリュック×ブルーのハット×白いサンダル

参照元URL http://wear.jp

ブルーと白で全体的に爽やかな印象の夏コーデを、シンプルなスクエア型の黒リュックが引き締めています。

夏らしい清涼感あふれるメンズのリュックコーデです。

 

 

黒いリュック×青いニット帽×黒いビーチサンダル

黒いリュック×青いニット帽×黒いビーチサンダル

参照元URL http://wear.jp

黒や濃い色のリュックは、ショルダーストラップだけでもコーデのアクセントになってくれているのがおわかりでしょうか。

カジュアルルーズな着こなしを引き締めています。

頭の鮮やかなブルーもポイントで、上に視線がいくのでスタイルがよく見えますよ。

 

 

白いリュック×ネイビーのバケットハット×白いスニーカー

白いリュック×ネイビーのバケットハット×白いスニーカー

参照元URL http://wear.jp

バケットハットとジーンズのネイビー、白いリュックとスニーカーがうまく響き合っていて、バランスのよい夏コーデに仕上がっています。

ジャージでも白いデザイン性の高いリュックやスニーカーと合わせると、スマートな印象になりますね。

 

Sponsored Link

 

黒とグレーのカモフラ柄のリュック×白のTシャツ×グレーのパンツ

黒とグレーのカモフラ柄のリュック×白のTシャツ×グレーのパンツ

参照元URL http://wear.jp

ストリート風のカジュアルファッションに、ばっちりカモフラ柄がきいていますね。

ここでもグレーのカラーリングのバランスが抜群で、カジュアルダウンしすぎない大人のメンズのストリート系夏コーデが完成しています。

 

 

ネイビーのリュック×デニムジーンズ×茶色のサンダル

ネイビーのリュック×デニムジーンズ×茶色のサンダル

参照元URL http://wear.jp

近年話題になった、アズーロ・エ・マローネの法則が効いて、イタリアン・ファッショナブルな、メンズの夏コーデになっていますね!

リュックのネイビーもキレイな差し色になって、淡いブルーでぼやけがちなコーデのアクセントになっています。

 

 

黒いリュック×レッドレターの黒Tシャツ×黒いパンツ

黒いリュック×レッドレターの黒Tシャツ×黒いパンツ

参照元URL http://wear.jp

ロックテイストのファッションに、少しごつめのリュックがカジュアル感をプラスして、ハードになりすぎないようにしています。

レッドレターが黒を基調としたコーデに、格好いい差し色になっていますね。

クールな印象のメンズの夏コーデはいかがですか?

 

 

黒いリュック×ボーダーのTシャツ×ツートンのサンダル

黒いリュック×ボーダーのTシャツ×ツートンのサンダル

参照元URL http://wear.jp

体にフィットした小さめTで、ルーズになりすぎないようにバランスを調整し、小物にはボーダーに入っている黒を効かせてトータル感をだした、真似しやすい夏コーデです。

グレーやカーキは、初心者にもモノトーンコーデに合わせやすいカラーなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

メンズに人気のリュックを紹介!

続いてはメンズに人気のリュックを紹介します。

 

カジュアルなリュックから、カッチリしたフォルムのスタイリッシュなデザインまで、いろいろなタイプがあります。

機能性もデザイン性も素敵なリュックがたくさんありますから、きっとお気に入りが見つかりますよ。

 

 

カラフルなアウトドアのリュック

こちらはメンズ・レディースともに大人気のカジュアルリュックの代名詞ともいえるブランド、アウトドアの大人っぽいデザインのリュックです。

 

シンプルなデザインと、ポップなカラー展開が有名なブランドですが、一番スタンダードなタイプよりも、少し面長でボトムがスウェード仕様の4052EXPTは、リーズナブルなのに、スポーティエレガンスな印象を、あなたのコーデにプラスしてくれます。

お手頃な値段も魅力的で、何色もそろえたくなっちゃいますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しくみる

 

 

フレドリックパッカーズのリュック

こちらのメンズに人気のリュックは、自転車バッグの専門店、フレドリックパッカーズのリュックです。

 

テフロン加工が施されたコーデュラナイロンを使用した本格派リュックは、耐久性に優れていながら、軽やかなデザインとカラーリングのおかげで、とても上品に仕上がっています。

大人のカジュアルコーデに合わせたい、シンプルながら上質なリュックを、これからの季節持って出かけてみませんか?

 

こちらの商品をもっと詳しくみる

 

Sponsored Link

 

ニクソンのリュック

こちらのメンズに人気のリュックは、ストリートテイストをクラシックカジュアルに落とし込んだファッションが有名な、ニクソンのリュックです。

 

大容量のメインコンパートメント以外にも、2つのメッシュポケット、トップのポケットなどがついて収納性に優れ、フロントのスケートストラップがアクセントになっていておしゃれ。

スタイリッシュなシルエットのリュックは、通勤使いとしても人気がありますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しくみる

 

 

グラビスのリュック

こちらのメンズに人気のリュックは、確かな技術に裏つけられた、斬新なデザインがクールな、メンズに人気のグラビスのリュックです。

 

とってもシンプルなデザインですが、大胆な切替えデザインがおしゃれですね。

オーガナイザー付きメインコンパートメントに多いなフロントポケットと、ファッションの一部に使うにはぴったり!

デイリーユースに持って行きたい、メンズに人気のリュックです。

 

こちらの商品をもっと詳しくみる

 

 

マキャべリックのリュック

こちらのメンズに人気のリュックは、マキャべリックのリュックです。

 

デザインとクオリティにこだわったブランドで、ストリートからスポーティなコーデまで、幅広く合わせることができる、とても人気の高いブランドですね。

見た目からもわかるスタイリッシュなデザインで、普段使いからアクティブまで使えますよ。

内側にはPC収納可能なポケットがあるなど、タウンユースに人気の高いのがよくわかるリュックです。

 

こちらの商品をもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

夏のメンズのカジュアルコーデのマストアイテムであるリュックは、色や素材によって、本当に印象が変わりますよね。

おしゃれなだけじゃなく、大容量でものがたくさん持ち歩けて、機能的なところも人気の秘密です。

この夏ぜひ、夏コーデに合うお気に入りのリュックを探してみてくださいね。

きっと大活躍間違いなしです!

 

今回はリュックとマッチするメンズの夏コーデと、おしゃれでメンズに人気なリュックを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ