ボディーミストといえば、今ではメンズにも人気のアイテム。

「香水は少し香りがキツイから苦手…」というメンズに人気が急上昇中です。

最低限のエチケットとして使用する方も増えていますね。

しかし、たくさんのメーカーから豊富な香りのボディーミストが展開されているので、選ぶのに迷ってしまいますよね。

そこで今回はメンズに人気でおすすめのボディーミストを紹介します。

Sponsored Link

ボディミストと香水の違いは?

「香水が苦手ならボディミストがいいよ!」とは聞くけど、実際に香水とは何が違うのか知っていますか?

  • ボディミスト :香り+保湿効果
  • 香水:香り

がベースになります。

つまり、香水は香りを楽しむために作られていますが、ボディミストは香りと保湿ケアを同時に得ることができる優れもの。

ここをベースにしながら、細かい違いをみていきましょう!

ボディミストと香水の成分の違いは?

ボディミストと香水の成分の違いは?

参考元:https://memoco.jp/

香水は香りがメインのアイテムであるため、原材料は香料とアルコールが主成分になっています。

肌の弱い人が、「香水をつけるとかぶれてしまった!」となるのはこのためですね。

一方でボディミストにも同じくアルコール成分は使われていますが、香水に比べて少量になっているため、肌が弱い方でも使えるのが大きな違いです。

ボディミストと香水の香りの持続時間の違いは?

ボディミストと香水の香りの持続時間の違いは?

参考元:https://www.jgs-media.com/

  • ボディミスト:1時間前後
  • 香水:1時間から12時間(種類によって変わる)

ボディミストの香りの持続時間が短いということは、香水よりも香りが軽いということ。

ボディミストは香りが軽い分、気になる度に頻繁に吹きかけないといけないデメリットはありますが、接客業や香水がNGな仕事柄の人、スポーツ後などの汗や臭いが気になる方におすすめ。

「香水が苦手ならボディミストがいいよ!」と進められるのは、こういった理由もあるからですね。

Sponsored Link

ボディミストの選び方

ボディミスは複数持ちがおすすめ

ボディミスは複数持ちがおすすめ

参考URL:https://otokomaeken.com/

ボディミストを選ぶ際に香りをチェックされると思いますが、多くの方は複数のボディミストの中からなんとか1つに絞って選んでいると思います。

持続時間が短いことをメリットとしてとらえ、複数持つことで1日の中で気分を変えられるのも大きな魅力。

香水に比べるてお値段も低価格になっていますので、1つに絞るのではなく複数の香りをチェックし、自分がリラックスできる香りやメリハリを付けたい香りなどに分けて選んでみてください。

成分をチェック!

成分をチェック!

参考元:https://ameblo.jp/

ボディミストは、香り+保湿と伝えしましたので、当然、美容成分もチェックしたい所。

  • 保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン
  • UVカット成分
  • ニキビケア成分

など、色々な美容成分がありますので、香りと美容成分の両方をぜひチェックしてくださいね。

ボトルの大きさもチェック!

ボトルの大きさもチェック!

参考元:https://item.fril.jp/

香りの持続時間の短いボディミストは頻繁につけ直すことが予想されますので、カバンに入る大きさのボトルを選ぶこともポイント。

目安としては、100ml以下だとカバンに収納しやすいですよ。

大きいサイズや容器がビンの場合は、アトマイザーに移し変えて使用すると便利です。

Sponsored Link

ボディーミストでメンズに人気でおすすめは?

メンズに人気のボディーミストは、どのようなボディーミストでしょうか?

香りもさまざまで、好みもたくさんあるかと思います。

それではメンズに人気でおすすめのボディーミスト13選を紹介していきます。

FERNANDA(フェルナンダ)

レディースにも人気のフェルナンダのボディーミストから、メンズ用ボディーミストが登場しました!

香水よりもほんのり香るフェルナンダのボディーミストは、通勤にも使いやすくて人気ですよ。

ボディーミストの中でも香りの持ちもよく、多くのファンに支持されています。

AQUA SAVON(アクアシャボン)

シャボンの香りでリラックス効果もあり、汗やたばこのニオイ対策にもってこいのボディーミスト。

メンズにも気軽に使えるデザインで、スッキリと鞄に収まるサイズは持ち運びにもとても便利です。

BOTOCOLLAX(ボトコラックスブラック)

エイジングケアブランドから誕生した、全身用に使えるボディーミストになっています。

顔にも使えるので、シャワー後などのスッキリしたい時におすすめですね。

セクシーな香りも魅力的ですよ。

POLA(ポーラ)

薬用デオドラントのボディーミスト。

メンズのニオイの変化に徹底アプローチし、ニオイをブロックする効果があります。

保湿成分も配合され乾燥にも効果的ですよ。

Sponsored Link

AXE(アックス)

アックスは、メンズコスメで人気のブランドですので、ご存知の方も多いと思います。

爽やかな香りは上半身にスプレーするだけで、全身からほのかな香りを漂わせることができます。

好感のもてる香りで、女性からの支持もありますよ。

ALAIN DELON(アランドロン)

「サムライ」という香水はご存知でしょうか?

そのサムライライトの香水と同じ香りのボディーミストが登場しました。

強い香りが苦手な方でも、ボディーミストを使えば職場や学校でも使えます。

爽やかな香りでルームフレグランスとしても使える、メンズに人気のボディーミストですね。

BODY FANTASIES(ボディーファンタジー)

アメリカ発の大人気ブランドのボディーファンタジーから、ユニセックスで使える日本限定ラインのボディーミストが誕生しました!

4種類の香りから選べます。

価格も値頃感たっぷりで、その日の気分で香りを変えたり、何種類かを買われる方も多くなってきてますよ。

COLOR/z(カラーズ)

香りは5種類で、スタイリッシュなデザインも魅力なボディーミスト。

違う香りの重ねつけもできる、珍しい斬新な使い方もできます。

オリジナルのお洒落が楽しめるので、自分流の香りを作ってみてください。

Sponsored Link

hype(ハイプ)

ワクワクする香りに加え、保湿成分のミストでリフレッシュな気分を味わえるハイプのボディーミスト。

7種類の香りから選べ、ひと吹きするだけでリフレッシュできますよ。

清涼感のあるアクセントを効かせたフレッシュな香りです。

LEBEL(ルベル)

水分量が少ないメンズの肌に合わせて開発されたルベルのボディーミスト。

過剰な皮脂をコントロールし、汗によるテカりやベタつきなどのニオイにアプローチしてくれます。

爽やかな香りでリラックスすることができますよ。

WELEDE(ヴェレダ)

オーガニック素材で作られたボディーミスト。

天然ハーブが使われているので、甘すぎない香りがメンズに人気ですね。

気分を変えたい時やお出掛け時に使ったり、バスタイムで使うメンズも多いですよ。

BODYCOLOGY(ボディコロジー)

2005年にアメリカで誕生したフレグランスボディケアブランドのボディコロジー

やわらかく清潔感が漂う香りが魅力的で、華やかなホワイトムスクの香りでおすすめです。

THE BODY SHOP(ボディショップ)

軽やかに香るボディーミストは、ほのかな香りでリフレッシュしたい時におすすめ。

シンプルな軽やかな香りが自慢ですね。

モリンガの香りで、メンズ・レディースともにおすすめできるボディーミストです。

Sponsored Link

ボディミストの使い方を紹介

付け方は?

付け方は?

参考元:https://kirari-media.net/

ボディミストの正しい付け方は、清潔な素肌に直接かけること。

つまり外出先で使う場合は、必ず汗をしっかり拭き取ってから付けてください。

汗と混ざってしまうと、いい香りを出すはずが不快な臭いを出してしまう場合もあります。

また、お風呂後に使う場合は、ボディクリームやワセリンを全身に塗った後につければ、香り成分がボディクリームなどに浸透して長持ちしますよ。

この時のポイントは、ボディクリームなどは無香料を使うと、ボディミストの香りがよく引き立ちます。

付ける場所は?

付ける場所は?

参考元:https://sanroku-go.com/

香水ではよく手首につけるシーンをよく見かけますが、ボディミストの場合は手首は控えてください。

手首は水に触れる機会も多く、発熱しやすい部位でもあるので、直ぐに香りが飛んでしまいます。

香りは「下から上に」が基本となっていますので、

  • 足首
  • ひざ裏
  • 太ももの内側
  • ウエスト

などにつけるのがおすすめですよ。

これはボディミストだけでなく香水でも言えることなので、下からゆっくり上がってくるほのかな香りを楽しんでください。

ボディミストに関するおすすめの記事

(関連記事)

まとめ

気になるボディーミストは見つかりましたか?

ほのかな香りで心も体もリフレッシュしましょう!!

良い香りでモテ度もアップすること間違いなしですね。

今回はメンズに人気でおすすめのボディーミストを紹介しました。

Sponsored Link