靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法!おすすめのフットカバーも紹介!


アンクル丈のパンツなどを履く時に、

靴から靴下が見えないように、

浅履きタイプの靴下やフットカバーを履くと、

いつの間にか靴の中で脱げてしまってることありますよね。

 

靴の中で丸まって気持ち悪く、

イライラすることもあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法と、

おすすめのフットカバーもご紹介します。

Sponsored Link

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法!

ローファーやデッキシューズ、スニーカーなど、

甲の浅いタイプの靴も多くなってきましたね。

 

その時に活用される、

浅履きタイプの靴下やフットカバーは、

見た目は素足のようにコーデの邪魔をしないのがメリットですが、

靴の中でよく脱げてしまうのが残念なポイントですよね。

 

そこで、靴下やフットカバーが脱げない方法をいくつか集めましたので、

参考にしていただけたらと思います。

 

では早速、靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法をご紹介します。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法1 (サイズのあった靴下を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法1 (サイズのあった靴下を履く)

参照元URL http://blog.goo.ne.jp

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の1つ目は、

サイズのあった靴下を履くことです。

 

ほとんどの靴下が、

◯◯cm〜◯◯cm、M〜Lなど幅のあるサイズ感なので、

自分にぴったりのサイズの靴下はなかなかないことが多いです。

 

また、靴と違って、

大体のサイズで靴下を選んでる方がほとんどです。

 

かかとやつま先が余ってしまう程の大きなサイズの靴下を履いていると、

足にフィットしていないので、どうしても靴の中で靴下が動き、

かかとがずれ、気がつけばつま先だけ引っかかってる状態になってしまうのです。

 

できるだけ、自分の足のサイズに近いサイズの靴下を履くようにしましょう。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法2 (ゴムが緩んでいない靴下を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法2 (ゴムが緩んでいない靴下を履く)

参照元URL http://ameblo.jp

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の2つ目は、

ゴムが緩んでいない靴下を履くことです。

 

靴下は穴が開くまで履こう!なんて思っていると、

穴が開く前に、

履き口のゴムがゆるゆるになっていることありませんか?

 

普通の履き方をしていれが、

穴が開く前にゴムが伸びてしまう方が先ことが多いですよね。

 

固定する力がなければ、

ただの筒状の布切れです。

 

歩けば歩くほど、

どんどん靴下がずれ落ちて、

靴の中で丸まってくしゃくしゃになってしまいます。

 

洗濯物を畳むときなど、

定期的に靴下やフットカバーのゴムが緩んでないか確認しましょう。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法3 (裏がツルツルになっていない靴下を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法3 (裏がツルツルになっていない靴下を履く)

参照元URL http://chizuru48.blog.fc2.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の3つ目は、

裏がツルツルになっていない靴下を履くことです。

 

新しい靴下は厚みも十分あり、

そこまで滑るということもありませんが、

長く履いていると生地はどんどん薄れて、

ツルツル・テカテカになってしまいます。

 

生地がツルツルだと、中敷や足との摩擦がなくなりやすく、

ホールド力が低下するので、靴の中で滑ってしまい、

結果、靴下が脱げてしまっている状態になってしまいます。

 

破れてなくても、靴下の裏がツルツルになっていたら、

新しいものに交換しましょう。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法4 (滑り止め付きの靴下を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法4 (滑り止め付きの靴下を履く)

参照元URL http://item.rakuten.co.jp

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の4つ目は、

滑り止め付きの靴下を履くことです。

 

浅いタイプの靴下やフットカバーは特に、

脱げやすいですよね。

 

生地と足の接地面が少ないので、

どうしても脱げやすくなります。

 

ローファーやスリッポンなど、

甲の浅いデザインの靴を履くときに、

靴下が見えてしまうのはキレイではないですよね。

 

脱げないようにする為に、

滑り止めが付いているタイプの靴下やフットカバー

滑り止め付きの立体縫製の5本指の靴下もおすすめですよ!

 

また、お手持ちの靴下やフットカバーに滑り止めが付いていない場合は、

100円ショップなどで購入できる、

滑り止めマットを絆創膏サイズにカットして、

内側のかかと部分に接着すれば、

お手軽・簡単に滑り止め付きの靴下やフットカバーが作れますよ。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法5 (かかと側から靴下を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法5 (かかと側から靴下を履く)

参照元URL http://mulpix.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の5つ目は、

かかと側から靴下を履くことです。

 

靴下やフットカバーを履くとき、

ほとんどの方がつま先から履くと思います。

 

つま先から履くと、

伸ばしながら履くことになってしまいます。

 

そこで、なるべく伸ばさず履く方法が、

かかとから履く履き方です。

 

まず、かかとを密着させて、

できるだけ靴下を伸ばさないように、

親指をグッと曲げて履いてみてください。

つま先から履くよりも、かかとがフィットしますよ。

 

Sponsored Link

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法6 (サイズの合った靴を履く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法6 (サイズの合った靴を履く)

参照元URL http://magforlia.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の6つ目は、

サイズの合った靴を履くことです。

 

当たり前のことですが、

大事なことです。

 

自分の足のサイズにあった靴でなければ当然、

窮屈すぎたりブカブカだったりしますよね。

 

足と靴の空間に隙間ができれば自然と靴下が動き、

脱げてしまいます。

 

履き心地のいい、

自分の足のサイズのあった靴を履くようにしましょう。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法7 (正しい姿勢・歩き方で歩く)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法7(正しい姿勢・歩き方で歩く)

参照元URL http://男の着こなし.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の7つ目は、

正しい姿勢・歩き方で歩くことです。

 

ずり足や、

片足だけに重心が乗ったりしていませんか?

 

しっかりと足を上げて、重心を均等にして歩くだけで、

余分な足の動きがないので、

靴下やフットカバーが脱げる心配が軽減されますよ!

 

意識的に難しい方は、

5本指の靴下の活用もおすすめです。

 

5本指の靴下は、5本の指にバランスよく力が加わるので、

重心が均等になりますね。

 

また、背筋をピンと張って歩くことで、

健康的に若々しく見えるので一石二鳥ですね。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法8 (足の保湿をする)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法8 (足の保湿をする)

参照元URL http://club59mas.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の8つ目は、

足の保湿をすることです。


怠りがちな足裏のケア。

冬場は特に、かかとがサボテンのように、

ガチガチ・ガサガサになりますよね。

 

乾燥して水分がない状態だと滑りやすく、

靴の中の靴下やフットカバーが動き、

脱げてしまいます。

 

保湿クリームなどでケアをして、

日頃から乾燥するのを防ぎましょう。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法9 (接着する)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法9 (接着する)

参照元URL http://matome.naver.jp

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の9つ目は、

接着することです。

 

確実に脱げないようにするには、

思い切って接着しましょう。

 

学生の時に流行した、

ソックタッチがおすすめです。

両面テープで接着することも可能ですが、

肌の弱い方は荒れてしまうので注意してくださいね。

 

 

 

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法10 (紐やバンドで固定する)

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法10 (紐やバンドで固定する)

参照元URL http://sofustudio.com

靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法の10こ目は、

紐やバンドで固定することです。

 

こちらの方法は、

長いボトムス着用の際の限定にはなりますが、

足首で固定するので脱げにくくなりますね。

 

100円ショップなどで購入できる紐や、

マルチバンドを靴下やフットカバーに付け、

足首で固定するだけです。

 

足首が見えてしまうファッションの時は不向きですが、

ちょっとした工夫と、リメイクを加えるだけで、

靴下が脱げないようにできます。

 

Sponsored Link

 

メンズにおすすめのフットカバーを紹介!

靴下やフットカバーを脱げないようにする方法もたくさんありますが、

まずは脱げにくい靴下・フットカバーを見つけることが第一優先ですね!

 

続いては、メンズにおすすめのフットカバーをご紹介します。

 

 

脱げない!見えない!スタイリッシュなメンズにおすすめのフットカバー

こちらのメンズにおすすめのフットカバーは、

脱げない!見えない!スタイリッシュなフットカバーです。

 

某ラジオ局でも取り上げられたほど、

大人気のフットカバーで、

かかと裏にはしっかりと滑り止めも付いています。

 

スッキリと清潔感のある、

スタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションが嬉しい、

メンズにおすすめのフットカバーです。

 

 

 

5本指デザインで浅履きのメンズにおすすめのフットカバー

こちらのメンズにおすすめのフットカバーは、

5本指デザインで浅履きのフットカバーです。

 

浅履きのデザインですが、

かかと部分に滑り止めが付いているので脱げる心配はないですね。

 

蒸れやすい指の間を清潔な状態に維持してくれ、

機能性も抜群な、メンズにおすすめのフットカバーです。

 

 

 

滑り止め付きで浅履きのメンズにおすすめのフットカバー

こちらのメンズにおすすめのフットカバーは、

滑り止め付きで浅履きのフットカバーです。

 

靴下が見えてしまう心配のない、

浅履きのフットカバーですね。

 

脱げにくい滑り止め付きで、

まとめて買えば買うほどお得になる、

メンズにおすすめのフットカバーです。

 

 

 

抗菌防臭パイル付きのメンズにおすすめのフットカバー

こちらのメンズにおすすめのフットカバーは、

抗菌防臭パイル付きのフットカバーです。

 

抗菌防臭パイルが付いているので、

脱いだ時の臭いの心配がいりませんね。

 

また、ブリッジテープが付いているので、

かかとにぴったりフィットします。

 

どんな靴にもマッチする、

メンズにおすすめのフットカバーです。

 

 

 

オープンソール設計のメンズにおすすめのフットカバー

こちらのメンズにおすすめのフットカバーは、

オープンソール設計のフットカバーです。

 

足底部分に大きな穴を開けることによって、

かかと、つま先が引っ張られる力が分散させられ、

靴の中の巻き込み、脱げるのを防ぐことができますね。

 

足底と滑り止めの2つの効果で、より脱げにくくなる、

メンズにおすすめのフットカバーです。

 

 

いかがでしたか?

 

靴下はほぼ毎日履くアイテムなので、

できる限りストレスなく履きたいですよね。

 

少し気をつけるだけで、脱げにくくなるので、

是非試してみてくださいね。

 

今回は、靴の中の靴下やフットカバーが脱げない方法と、

おすすめのフットカバーも紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ