LINE@の登録はコチラ

キーリングの人気ブランド!メンズにおすすめのブランドも紹介!


メンズのキーリングは、さりげないおしゃれを表現できるアイテムです。

Sponsored Link

 

上品な大人の演出をするには、ブランドのキーリングが必要ですよね。

 

そこで今回は、キーリングの人気ブランドとメンズにおすすめのブランドもご紹介します。

 

 

キーリングでメンズに人気のブランドを紹介!

キーリングのブランドは、上品なブランドからカジュアルなブランドまで様々あります。

 

ではどんなブランドのキーリングが人気なのでしょうか?

 

それではさっそく、キーリングでメンズに人気のブランドをご紹介します。

 

 

PORTER(ポーター)

ポーターはビジネス商品を多く展開している人気のブランドです。

 

こちらのキーリングは、レザーで仕上げられ人気です。

 

シンプルなシルエットで仕上がっているので、上品な大人の雰囲気がありますね。

 

レザー部分が折り返しができる様になっているので、カバンなどにつけてこなれ感も表現できるメンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

IL BISONTE(イルビゾンテ)

イルビゾンテは1970年創業以来、イタリア発のシンプルなデザインをベースに、使えば使う程に味が出てくる革製品を展開している人気のブランドです。

 

こちらは、ティアドロップ型のレザーにゴールドプレートが装飾された上品な雰囲気のある人気のキーリングです。

 

レザーの落ち着いた光沢が、優しい大人の雰囲気を表現していますね。

 

キレイめやカジュアルなコーデ問わず使える、メンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Paul smith(ポールスミス)

ポールスミスはイギリスを代表する人気のブランドで、国内でも人気の高い上品な雰囲気があるブランドです。

 

上品な光沢を放ったマルチストライプカラーが優しい大人の雰囲気を醸し出している人気のキーリングですよ。

 

シンプルなデザインで仕上がっており、明るくてポップな優しいカラーデザインが年代問わず使う事が出来る、メンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る
 

Sponsored Link

 

Alexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)

アレキサンダーマックイーンは、型にはまらないデザイン展開で世界中のセレブから支持を受けている人気のブランドです。

 

こちらは、細部まで実に忠実に再現されているスカルデザインで仕上がった人気のキーリングです。

 

スカルデザインながら上品なゴールドカラーで高級感が漂っていますね。

 

シンプルでやり過ぎない仕上がりになった、大人感の高いメンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)

ヴィヴィアン・ウエストウッドは国内だけでなく、世界中にファンを持っているイギリス発の人気のブランドです。

 

国内では若い世代に絶大の指示があるブランドでもありますね。

 

こちらは、ブランドの代表的デザインでもあるオーブが装飾された人気のキーリングです。

 

大きなオーブが特徴で、ヴィヴィアン・ウエストウッドらしい絶対的なデザイン主張で、周囲をひきつける事ができるメンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

DIESEL(ディーゼル)

ジーンズのイメージが強いディーゼルは日本だけでなく世界中で愛されている、イタリア発の人気のプレミアムカジュアルブランドです。

 

こちらは、可愛いロボットモチーフのデザインが特徴のキーリングです。

 

外しのアイテムとして人気が有り、リーズナブルな点も嬉しいおすすめのアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る
 

Sponsored Link

 

Butler Verner Sails(バトラーヴァーナーセイルズ)

バトラーヴァーナーセイルズは近年注目度が上がってきている、国内発の人気のバッグブランドです。

 

国内生産で仕上げており、細部まで拘りの詰まったデザインが多くのおしゃれメンズから注目を集めていますね。

 

こちらは、ヌメ革を使用し、金具はマガタマ型で使いやすい人気のキーリングです。

 

カジュアルなデザインながら、アンティーク感のある真鍮素材が深みのある大人感を演出した、メンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

JAM HOME MADE(ジャムホームメイド)

ジャムホームメイドは1998年創業で国内発の人気のユニセックスアクセサリーブランドです。

 

低価格ながらデザイン性が高く、幅広い世代に人気ですね。

 

こちらは、ディズニーとコラボして仕上がった人気のキーリングです。

 

ブラックカラーでシックに上品な雰囲気ながら、ミッキーデザインがポップで優しい雰囲気を醸し出しているメンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Loewe(ロエベ)

ロエベは王室でも使われている革製品が人気のある、スペインの高級ファッションブランドです。

 

パンダがモチーフになった遊び心あるキーリングですね!

 

パッと見は可愛さに目がいきますが、よく見ると細部まで革で仕上げられており、高級感もしっかり感じられるアイテムですよ。

 

小物にまでこだわる、メンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Balenciaga(バレンシアガ)

バレンシアガはモード感の漂うメンズ服で人気のブランドです。

 

こちらは、円形のレザーにロゴデザインで仕上げられた人気のキーリングです。

 

ブラックレザーで仕上がっているので、上品な雰囲気がありますね。

 

レザーバックに取り付けてバックのアクセントにも使える、メンズに人気のブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る
 

Sponsored Link

 

キーリングでメンズにおすすめのブランドを紹介!

人気のブランドのキーリングの中で、お気に入りのブランドは見つかりましたか?

 

ハイブランドのキーリングを集めてみましたので参考にしてみて下さい。

 

最後はキーリングでメンズにおすすめのブランドをご紹介します。

 

 

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトンはおしゃれメンズなら誰もが知っている、世界で初めて旅行カバンを販売したおすすめのブランドです。

 

ヴィトンらしいシックで上品な雰囲気があるダミエのキーリングです。

 

定番中の定番ブランドですが、幅広い世代で使えるキーリングなので、一度は使って頂きたいメンズにおすすめのブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

GUCCI(グッチ)

グッチもまた世界中にファンを持つ、イタリアを代表するおすすめの高級ブランドです。

 

おすすめはアンティークシルバーのカラーで仕上がったシンプルなキーリングです。

 

洗練されたシンプルでおしゃれなデザインが、存在感を放っていますね。

 

シンプルで高級感の漂うキーリングを探しているメンズにおすすめのブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る
 

Sponsored Link

 

PRADA(プラダ)

プラダもまたグッチ同様にイタリアを代表する、世界でも認知度が高いおすすめの高級ブランドです。

 

こちらは、トライアングルロゴプレートで仕上がったコンパクトなキーリングです。

 

レザー素材にメタルパーツを合わせたデザインがスタイリッシュで、大人の余裕を感じさせる雰囲気を醸し出した、メンズにおすすめのブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

ボッテガヴェネタは編み込みレザーのデザインで有名なイタリア発のおすすめの高級ブランドです。

 

こちらのおすすめは、やはりブランドの特徴を前面に出した編み込レザーで仕上げたキーリングです。

 

コンパクトなサイズ感と上質なレザーの質感が合わさり、渋い大人の雰囲気を醸し出したメンズにおすすめのブランドのキーリングです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

GIVENCHY(ジバンシー)

ジバンシーはメンズ・レディース共に一度は持ってみたいと思わせる、誰もが憧れるおすすめのブランドですね。

 

こちらのおすすめのキーリングは、リストストラップタイプに仕上がったキーリングです。

 

デザインはシンプルなので、幅広い年代・コーデで活躍してくれる人気のアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

キーリングは、ハイブランドでも手が出しやすいアイテムが沢山あります。

 

小さなアイテムですが、細かい所まで拘りを持っておしゃれを楽しんで下さいね。

 

今回はキーリングの人気ブランドとメンズにおすすめのブランドもご紹介します。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ