LINE@の登録はコチラ

ベルトの人気ブランド!メンズにおすすめのブランドも紹介!


おしゃれなメンズは、チラッと見える小物までしっかり気を使っていてキマってますよね。

上品でおしゃれなブランドベルトを、毎日のコーデにプラスするだけで、気分もメンズ力も上がりますよ。

そこで今回はベルトの人気ブランドと、メンズにおすすめのブランドを紹介します。

Sponsored Link

 

メンズのベルトで人気のブランド10選

色々なブランドから販売されているベルトは、数が多くて迷ってしまいますよね。

人気ブランドのベルトを集めましたので、ぜひお気に入りのベルトを見つけて、大人のおしゃれを楽しんでみませんか?

それではさっそくメンズのベルトで人気のブランドを紹介します!

 

EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)

エンポリオアルマーニはジョルジオアルマーニのセカンドラインで、20〜30代を中心とした若い世代に向けにアイテム展開をしています。

シンプルで使いやすいリバーシブルのベルト。

バックルのカラーはガンメタルでシックに抑えており、控えめに配されたブランドロゴがさりげないおしゃれをアピールしてくれます。

リバーシブルの切り替えは回転式バックルで簡単にでき、どちらも牛革の上品な光沢が高級感を演出します。

大人の余裕を感じさせる落ち着いたデザインで、プレゼントにも人気のアイテムです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

dunhill(ダンヒル)

イギリスの老舗高級ファッションブランドのダンヒルは、世界中の紳士から支持が高く、スーツ・時計・バッグ・財布など幅広く展開しています。

シンプルなデザインで上品に仕上がった大人のベルト。

バックルには控えめにブランド名が刻まれていて、落ち着いた大人の雰囲気を漂わせています。

また、その日の気分やコーデに合わせてブラックとブラウンを簡単に切り替えて使えるのも便利ですね。

普段使いから大事なシーンにも万能なベルトです。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフローレン)

1968年から始まったラルフローレンは、ポニーのロゴが有名で、アメリカントラディショナルスタイルが全世界で人気のブランドです。

バックルにおなじみのポニーが刻まれたベルト。

厚みのあるレザーのベルトで、高級感のある仕上がりです。

スーツやカジュアルスタイルにも合う優秀なアイテムで長く愛用できますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

Cartier(カルティエ)

カルティエはフランスで設立された、高級感時計や宝石を販売している人気ブランドです。

ゴールドのバックルが目を引く存在感のあるベルト。

バックルには小さくカルティエの刻印が施されていて、さりげなくブランドアピールができます。

使いやすいブラックとダークブラウンのリバーシブルのベルトで、優秀なビジネスマンはベルトにもこだわります。

革靴のカラーに合わせてベルトのカラーを合わせると、バランスのいいコーデに仕上がりますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

VERSACE(ヴェルサーチ)

イタリアのファッションブランドのヴェルサーチは、セレブや有名人が多く愛用している人気ブランドです。

ブランドのモチーフであるメデューサをはじめ、シンプルなものまで9種類のバックルからベルト。

レザーの上品な光沢のブラックが、落ち着いた高級感のある大人のメンズに仕上げてくれます。

チラッと見えた時に抜群の存在感を発揮してくれますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

GUCCI(グッチ)

イタリアを代表する高級ブランドのグッチは、デザイナーの名前を品質保証のために世界で初めて商品に入れたことでも有名です。

マイクロGG柄の型押しがベルト部分に施され、シックなブラックながらブランドのアピールもしっかりできる仕上がりです。

すっきりと洗練されたデザインが、エレガントでスマートな大人メンズを演出してくれますよ。

汚れや傷がつきにくく、目立ちにくい素材が使用されているのも嬉しいポイントですね!

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

HERMES(エルメス)

フランスの人気ファッションブランドのエルメスは、多くのセレブや芸能人が愛用しています。

バックルにエルメスの頭文字である「H」がおしゃれに施されたベルト。

素材には雄仔牛のレザーが使用されており、程よい柔らかさと傷が目立ちにくいのが特徴です。

リバーシブル仕様なので、スーツはもちろんいつものファッションにプラスして、大人の魅力を漂わせたワンランク上のおしゃれが楽しめる一本です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

イタリアで設立されたボッテガヴェネタは、皮革製品を扱っている人気ブランドです。

ブランドの象徴でもある編み込みデザインのイントレチャートが特徴のベルト。

カジュアルだけど高級感のある雰囲気はさすがの一言です!

フォーマルはシーンでは少し合わせにくいですが、スーツでもカジュアルなシーンで抜群の存在感を演出できる一本です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

MCM(エムシーエム)

ドイツで創業したラグジュアリーブランドのエムシーエムは、旅行者に向けて販売したレザーアイテムが人気の始まりで、今では韓国に拠点を置いている人気ブランドです。

バックルがブランドのMマークでかっこよくきまり、リバーシブルで使えるベルトですよ。

リバーシブルで使える為、毎日使えて、その日のファッションで上品にもカジュアルにも変化を加えてくれます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

BURBERRY(バーバリー)

イギリスで設立されたバーバリーは、トレンチコート以外にも数多くのアイテムを販売しており、セレブたちから長年愛用されている人気ブランドです。

ブラックの斜めストライプデザインで仕上げられたおしゃれなベルト。

上品な雰囲気はさすがバーバリー!

オンオフ問わずコーデを格上げしてくれる使いやすいアイテムですよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

メンズのベルトでおすすめのブランド5選

続いてはメンズのベルトでおすすめのブランドを紹介します。

普段使いからビジネスなど、色々なシーンで活躍するオススメのベルトを揃えましたので、ぜひ参考にしてお気に入りのベルトを見つけてください。

 

BALMAIN(バルマン)

フランスで設立されたバルマンは、「バレンシアガ」・「ディオール」と並ぶ3大デザイナーとして有名で、ラグジュアリーロックスタイルが魅力のブランドです。

ブランドの「B」モチーフのバックルが存在感抜群のベルト。

ギラギラした嫌味がないデザインで、日常でカジュアルに使いたくなる一本です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)

イギリス産の靴ではかかせない存在のクロケット&ジョーンズは、手作業にこだわるブランドです。

上品さが溢れる茶系のスウェードがおしゃれなベルト。

幅広いコーデに活躍し、メンズ力を上げてくれます。

気合を入れたい日や、毎日のスタイルのアクセントになるベルトで、メンズらしさを演出できますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

Sponsored Link

 

BVLGARI(ブルガリ)

宝飾品ブランドとして設立されたブルガリは、現在では腕時計や香水、ホテル・レストランなど、幅広く活躍しているブランドです。

シンプルなデザインに、ブルガリリングがバックルになったベルト。

バックル部分にはブランド名もしっかり刻印されており、とても上品に仕上がっています。

スーツやいつものコーデにプラスすることで、ワンランク上のおしゃれが楽しめる一本ですね。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

HUGOBOSS(ヒューゴボス)

紳士服の高級ブランドであるヒューゴボスは、幅広いファッションアイテムを展開していて、世界100か国以上に進出しているブランドです。

ブラックのベルトにバックルもガンメタリックで、クールな大人の魅力を漂わせてくれるベルト。

おしゃれメンズは見えない部分にもこだわり、チラッと見えた時の高級感が周りと差がつくポイント。

シボ感のある牛革が少しカジュアルな雰囲気も感じさせます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

Pherrow’s(フェローズ)

日本で設立されたフェローズは、アメカジファッションが特徴で、流行に左右されないモノ作りをコンセプトに展開しています。

アメカジスタイルのために作られたベルトで、デニムとの相性が抜群です。

5年・10年と長く使える分厚いレザーのベルトがコーデに変化を加えてくれるので、おしゃれ度がアップしますよ。

また、無骨な鋳造製(ちゅうぞうせい)のバックルが男らしいワイルドな雰囲気を演出してくれます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

ブランドのこだわりが詰まったベルトで、毎日のおしゃれが楽しくなりそうですね。

ぜひ好みのベルトを使って、コーデを楽しんでください。

今回はベルトの人気ブランドと、メンズにおすすめのブランドを紹介しました。

Sponsored Link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ